母の日の言葉を英語で説明(ホストマザーへのメッセージ)!

今ではすっかり定着している「母の日」。


祝日のように日にちは決められていないけれど5月の第2日曜と認識は広い。


この母の日、アメリカのある女の子が尊敬する母親を白いカーネーションで追悼したことが由来なのは有名な話。

*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

1915年にアメリカで5月の第2日曜を「母の記念日」と制定。
それ以来世界各国で広まっていくことに。
日本で広く定着したのは戦後のこと。


でもアメリカや日本のように第2日曜と決まっていない国や贈る花など意外に違いは多い。
とは言え、お母さんを敬う気持ちは万国共通。


日本では日本人なりの母の日。
日本の母の日はどのように過ごすのか。
日本人は母の日にどんな言葉を贈るのか。
英語で外国の方に説明できたらいいですね。


これだけたくさんの国がある地球。
その中でお母さんのための日という共通のイベントがある。


*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

それだけで私は興味がわきます。きっと外国の方もそうなのでは。


留学中でホストマザーに「母の日」の感謝のメッセージを伝えたいなんて事もあるかも。
日本の母の日というものを英語で言えたならもっと日本の良さを知ってもらえるはず。


難しい言葉を使わなくても英語は伝わるもの。
むしろ難しい言葉を使ってはいけないくらいなのです。




日本以外の国での母の日ってどんな感じ?

まず海外ではどんな母の日を迎えているのでしょうか。


ハンガリーやルーマニアでは「女性の日」と制定。
お母さんに限らず小さな女の子からおばあちゃんまでお花や贈り物をもらえる日なのだとか。


オーストラリア、イタリア、トルコでも日本と同じ5月の第2日曜が母の日。


でもトルコでの母の日は「母の日おめでとう」と祝う意味合いが深い。
アルゼンチンは10月が母の日だけれどトルコと同じく母の日は祝日ムード。
「おめでとう」と家族だけでなく知人などとも祝いあう慣習。


日本のように「お母さんありがとう」と感謝をする日とは少し違うようです。


日本で母の日の花といえばまずカーネーション。
今でこそ花束もバリエーションも豊かに。
でもやはり母の日=カーネーションは日本では根強い。


*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。


でもオーストラリアではなんと菊の花を贈るのだそう。
イタリアでも日本ほどカーネーションは定着していないとのこと。
他の国でもカーネーションにこだわらず季節の花をプレゼントすることが多いのだとか。


日本では母の日にはやっぱりカーネーション。
こだわりが日本人らしいなと思うのは私だけではないはず。






ホストマザーに、日本の母の日英語でなんて説明する?



*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

まず母の日がどんなものかを簡単な英語で説明してみましょう

日本では母の日は5月の第2日曜日です
Mother’s Day is the second Sunday in Japan.


この日は母へ日頃の感謝を表す日です
On this day, I give thanks to my mother everyday.


母の日と言えば日本では赤いカーネーションが定番
しかし最近ではピンクや紫のカーネーションも人気です

Mother’s Day is a staple of red carnation in Japan.
But these days pink and purple carnations are also popular.


花束と一緒にプレゼントを贈ることがほとんどです
I often give gifts with flowers.


私が子供の頃は母へエプロンやハンカチなど母が使えるものを贈りました
When I was a child, my mother gave me an apron and handkerchief.


年々派手な行事になっていてお金をかける人が多くなりました
It is a flashy event every year. Many people spend money.


現代は美味しい食事やお菓子、美容でお母さんを癒したい傾向にあります
母の日に家のリフォームや家の掃除をギフトにする人もいます
Nowadays I tend to want to heal my mom with delicious food, sweets and beauty.
Sometimes it’s a gift to renovate the house and clean the house on Mother’s Day.


日本では母の日には「おめでとう」でなく「ありがとう」の言葉を贈ります
In Japan I will tell you the words of thank you not congratulations on Mother’s Day.





日本でよく使われるメッセージを英語に代えてみたら…

では具体的なメッセージの言葉を英語に代えてみましょう。


お母さんいつもありがとう、いつまでも元気でいてね
Thank you, Mom. Always stay healthy.


いつも家事を頑張ってくれてありがとう
Thank you for always trying to do the housework.


私を生んでくれてありがとう、今とても幸せです。
Thank you for giving birth to me, and I am happy thanks to you.


いつもはなかなか言えないけれど、感謝の気持ちを込めて花束を贈ります
I can’t always say it, but I will give you flowers with gratitude.


笑顔が素敵な大好きなお母さん、いつまで長生きしてね
My favorite mother with a nice smile, long live forever.


母なってお母さんの大変さを知りました 私を育ててくれてありがとう
I became a mother and knew the hard work of mother.
Thank you for bringing me up.


日本での母の日に贈る言葉のポイントはありがとう「Thank you」と感謝「gratitude」。


母の日は祝日ではなくあくまでも感謝の気持ちを贈る日。


おめでとうは祝い事や慶事などに使う言葉。
母の日であることを祝うわけではなくお母さんに謝意を表す日。



なので、私は母の日おめでとうではなくお母さんありがとうの言葉にこだわりたい。

まとめ 母の日の言葉を英語で説明(ホストマザーへのメッセージ)!

世界各国に浸透している母の日。
どの国でもお母さんって特別な存在なんだとつくづく…。


感謝を表すのも祝うのも国それぞれ。
どちらにしてもお母さんのための日であることは間違いない。


英語と日本語ではニュアンスが違ったり微妙な言い違いもあるかもしれません。


日本語ってとても奥が深い。
そのまま英語にしようとしても難しいことはよくあります。


でも簡単な単語と言い回しを使う中学英語で十分伝わるもの。
外国の方と母の日について話す機会がある時参考にしていただけたら嬉しいです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください