発達障害の夏休みの過ごし方は?厳選5つ

夏休みというとたくさんの自由な時間や様々なイベントが楽しみなシーズンです。

しかし、発達障害のお子さんがいて、夏休みをどう過ごせばいいのか不安を抱えている親御さんもいらっしゃるでしょう。

そこで、この記事では発達障害のお子さんにオススメできる夏休みの過ごし方を5つ紹介しています。

参考になれば嬉しく思います!

スポンサードリンク

発達障害の家族がよく挙げられるお悩み

発達障害のお子さんは環境の変化が苦手です。
夏休みになると、学校中心の生活が家庭中心となるため、以下のような悩みがよく挙げられます。

  1. 夏休みになると行き場を失ってひきこもりがちになってしまう。
  2. 障害の度合いによっては、宿題が出なくてやる事がなくなってしまう。
  3. 一日中家にいると、生活にメリハリがなくなってしまう。

夏休みの始まりと終わりは特にストレスがかかるため、苦労する親御さんも多いようです。また、1学期にできていたことを、夏休み中に忘れてしまい勝ちです。

このため、適度に刺激となるアクティビティを体験させてあげたほうが良いです。

発達障害の夏休みにおすすめの過ごし方!

1:家族旅行

旅行先は近場で

遠くの有名観光スポットよりも、近くのマイナーな場所のほうを選びましょう。
準備が簡単に済みますし、何かトラブルがあった時にも対処が楽です。
あまり有名じゃなくても、行ってみたら予想よりも良かったという場所が見つかるかもしれません。

余裕を持った日程

大人にとっては多少我慢すればなんとかなる強行軍でも、お子さんにしたら過度なストレスになるかもしれません。
日程を組む時には、お子さんのよろこびそうなポイントを押さえたコンパクトなプランを立てることをおすすめします。

旅行の予定を可視化する

修学旅行に付き物だった旅のしおり。大人になってからはほとんど目にする機会はありませんが、旅行に慣れていないお子さんの不安を取り除くアイテムになるかもしれません。

スマホやタブレットが普及した現代であれば、行く先の写真・自宅から旅行先までの地図・到着予定時刻などをまとめて見られるようにしておくと良いでしょう。

2:おじいちゃん・おばあちゃんの家にお泊り

おじいちゃん・おばあちゃんと一緒に過ごすのも良い経験になります。
もちろんお子さんの希望がある場合に限りますが。

お子さんが楽しんで過ごすことができれば何よりですし、実際に寝食を共にすることで、おじいちゃん・おばあちゃんのお子さんに対する理解も深まるでしょう。

3:キャンプ

障害のある子どもたちを対象としたキャンプがあります。
運営しているのはNPO法人などです。


他の子どもたちと一緒にさまざまなアクティビティを経験することで、お子さんにとっての良い刺激になるかもしれません。

学校のように、他の子どもたち一緒に過ごす時間を夏休みでも与えてあげてはいかがでしょうか。

4:プール

夏を代表するレジャーの1つにプールがあります。
実は水泳は発達障害の子供にもオススメのアクティビティなのです。


理由1:視覚的に理解しやすい環境

プールはコースロープで区切られています。視界も開けているため、周囲の状況が理解しやすいです。発達障害の子にとって不安要素が少なく感じられます。

理由2:水泳は個人で頑張るスポーツ

発達障害の子どもはチームプレーが苦手です。
そのため野球やサッカーなどは周囲の子からも理解を得られず、辛い思いをすることがあります。
その点、水泳は自分のペースで上達していけるスポーツなので、オススメされています。

5:工作キット

夏休みの季節は、宿題の定番である自由工作を作るための、工作キットがお店にたくさん並ぶようになります。

こうしたキットを買って何か作ってみるのもいいでしょう。
完成後、外で遊べるものであれば、出かけるきっかけにもなりますよ。

スポンサードリンク

発達障害の夏休みの過ごし方 終わりに

以上、発達障害のお子さんとの夏休みの過ごし方を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

今回ご紹介したもの以外にも、お住まいの地域の情報を調べると、コミュニティが主催しているイベントが見つかると思います。そういったものを利用してみるのもよいですね!

せっかくの夏休み。親子一緒に良い思い出となる体験ができると良いですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください