どんど焼きで【ご祝儀袋】と【不祝儀袋】を焼くのはアリなの?

どんど焼きではもう使わない正月飾りや書き初めを、皆で持ち寄って一緒に焼きます。その煙に乗って、お正月に家々にやって来た歳神様は、天に帰ってお正月が終りとなります。

このどんど焼きできちんと正月飾りを処分して、スッキリと1年をスタートさせる人も多いのではないでしょうか。お祝いの心がこもっていそうなご祝儀袋、辛い事を思い出してしまう不祝儀袋も一緒にどんど焼きで焼いて欲しいと思う事があるかも知れませんね。

自分では捨てられない(捨てたくない)ご祝儀袋や不祝儀袋を、どんど焼きで焼いてもらえれば助かる、そんな気持ちはわからなくはありません。でも、本当にご祝儀袋や不祝儀袋をどんど焼きに持ち込んでも良いものなのでしょうか。

今回はご祝儀袋と不祝儀袋、どちらもどんど焼きに持ち込んで良いのかについて解説します。



*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。


どんど焼きで何を焼くか、決まりがある?

結論から先に言います。どんど焼きでご祝儀袋や香典袋を焼いて欲しい時は、その地域のルールに従いましょう。自分からどんど焼きの主催者に「ご祝儀袋(不祝儀袋)を燃やしても、良いでしょうか。」と聞きましょう。


燃やして良い所もあるようですが、断られる事も多いようです。


どんど焼きはお正月に関連するもの(正月飾り、書き初めなど)と神様に関連するもの(しめ縄など)を燃やすものだからです。神社でどんど焼きをする場合には、古い御札やお守りも受け付けてくれますが、それも子供会などが主催するどんど焼きでは断られる事があります。






ご祝儀袋も不祝儀袋も、ただの袋

ご祝儀袋も不祝儀袋も、ただの袋ですから、自分で始末するのが、一番良い方法なのです。気がひけるから、捨てられないのです。私にも覚えがありますが、お祝い(またはお香典)を下さった人の真心まで捨てるように思ってしまうのです。


でも、それは自分自身で決めつけているだけです。実はお祝い(お香典)と一緒に、真心は既に自分で受け取っているのです。だから無事に結婚式や葬儀を終えて、今袋だけが不要になっている状態なのです。


真心を自分で受け取ったのですから、後始末も自分でどうするか考えましょう。後始末を他人任せにしたり、歳神様に頼るのは筋違いと言うものです。



実際にはどうすれば良い?

ご祝儀袋と不祝儀袋は紙でできていますから、資源ごみに出せます。全て裏返して、さらに紙袋に入れるなどして、袋に書かれた名前などが見えないようにして、収集場に出して下さい。


外からお祝いやお香典を下さった人の名前が見えてしまうと、見た人もあまり気分が良くないでしょうから、気をつけて下さい。それにご祝儀袋や香典袋には名前と住所、電話番号まで書いてある事が多いです。これらは立派な個人情報ですから、処分する時に外から見えないようにするのは大事な事です。



処分する前にこれだけは忘れないで!

祝儀袋も不祝儀袋も処分の心配をする前には、お祝い(お香典)を下さった人の名前や金額を必ず控えるようにしましょう。次にいつ自分がお祝い(お香典)を出す側になるかわかりません。いくら頂いたのか控えて置かないと、その時に困ってしまいます。


突然結婚式と言う事はあまりありませんが、不祝儀は突然呼ばれる事が多いものです。くれぐれも控えるのを先延ばしにしないようにしましょう。



ご祝儀袋の使用は1度が潔い!

ご祝儀袋は見た目もキレイで1度使うくらいではもったいないと言う人もいるようです。捨てるくらいなら、他の人に再利用をしたいと言う意見をよく聞きます。


でも、お金を包むご祝儀袋と不祝儀袋には、証明書の役割もあると私は考えます。ご祝儀袋と不祝儀袋には、「私は確かにご祝儀(お香典)として、〇〇円払いましたよ。」と知らせるために、立派な袋に入れると言う面があるのです。


証明書の使い回しは、信用を失います。ご祝儀袋と不祝儀袋も1度使った事で既に役目は果たしているのです。




結論…忘れないで!主役は歳神様

どんど焼きは不要になった正月飾りを焼いてスッキリする行事ではありません。あくまでも歳神様を無事に天にお帰しするための行事です。そのために炎が必要なのです。


ご祝儀袋や不祝儀袋をどんど焼きで焼いて欲しいと思ったら、必ず焼いてよいかどうかを確かめてから焼いてもらいましょう。焼いてもらえたら、ラッキーなのです。焼いてもらえない時は、自分で処分する事を考えて下さいね。


できれば最初から、ご祝儀袋も不祝儀袋も自分で処分するようにしましょう。長い人生、ご祝儀袋も不祝儀袋もたくさん頂きます。その度にゴミに出すことに罪悪感を覚えて悩むのは大変です。


ご祝儀袋や不祝儀袋に入ったものを頂く時は、人生の一大事です。後の始末まできちんとする事で前に進んで行けるのです。


歳神様を天にお帰しするどんど焼きは、正月飾りと書き初めを焼いた炎が一番良いのではないかと私は思います。皆さんも本来の目的を見失わずに、どんど焼きを楽しみましょうね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください