書き初めの4字熟語は何にする?簡単で書きやすいおすすめの字を紹介!

新年の始めに「書き初め」をしようと思っているけれど、何の字を書けばいいかわからずに悩んでいませんか?

書き初めは新年の抱負や目標を書くことが多いです。しかし上手に書き初めを完成させるためには、難しい字は避けたいものですよね。

せっかくなら縁起の良い字や、心に決めた目標がぴったり言い表された漢字で簡単な文字がいいですよね。

この記事では、書きやすくて簡単な字で構成された4字熟語をご紹介します。優しい漢字でも、上手に書けたねと、みんなにほめてもらいましょう。満足のいく書き初めが書けたら、スマホの待ち受け画面にして、いつでも忘れないように目に付くようにしてもいいですね。

このあと、年代別に書き初めが書きやすい簡単な漢字を使った4字熟語をご紹介します。最後まで読んでいただければ、家族みんなで書ける書き初めの題字がわかるはずです。

スポンサードリンク

小学生におすすめ!書き初めで書きやすい簡単な字

冬休みの宿題で課題として出されることが多い「書き初め」。小学生におすすめする書き初めで簡単に書きやすい4字熟語をご紹介しますので参考にしてみてください。

日本の伝統文化「書き初め」には、字が上手になることを願う意味が込められています。小学生のうちから字を上手に書くんだという意識を持って成長していきましょう。

・日進月歩(にっしんげっぽ)
・正々堂々(せいせいどうどう)
・一日一善(いちにちいちぜん)
・一致団結(いっちだんけつ)
・一期一会(いちごいちえ)
・一生懸命(いっしょうけんめい)
・有言実行(ゆうげんじっこう)
・温故知新(おんこちしん)
・前途洋々(ぜんとようよう)

中・高校生におすすめ!書き初めで書きやすい簡単な字

中学生や高校生におすすめの書き初めの簡単な字をご紹介します。

かっこよく見えるけれど、画数が少なめでバランスがとりやすい簡単な漢字ばかりです。

難しい漢字ばかりの4字熟語ではなく、漢数字を使った簡単で見栄えの良いものをご紹介します。部活動や受験の成功を願いながら心を込めて書きましょう。

・一意専心(いちいせんしん)
・一心不乱(いっしんふらん)
・一念発起(いちねんほっき)
・一念不動(いちねんふどう)
・一意攻苦(いちいこうく)
・七転八起(しちてんはっき)
・不言実行(ふげんじっこう)
・起死回生(きしかいせい)
・公明正大(こうめいせいだい)
・文武両道(ぶんぶりょうどう)
・初志貫徹(しょしかんてつ)

大人にもおすすめ!書き初めで書きやすい簡単な字

大人で「書き初め」を書きたい方は、年の初めに家族の幸せや健康を願って書くことが多いと思います。

難しい漢字を使った4字熟語が面倒だなと思う方でも、簡単に書ける漢字の4字熟語をリストアップしてみましたので参考にしてみてください。

・一刻千金(いっこくせんきん)
・一心精進(いっしんしょうじん)
・一陽来復(いちようらいふく)
・千客万来(せんきゃくばんらい)
・笑門来福(しょうもんらいふく)
・因果応報(いんがおうほう)
・真実一路(しんじついちろ)
・心身一如(しんしんいちにょ)
・明朗快活(めいろうかいかつ)
・百戦百勝(ひゃくせんひゃくしょう)
・無病息災(むびょうそくさい)

スポンサードリンク

書き初めの4字熟語は何にする?【まとめ】

いかがだったでしょうか。この記事では、年代別の簡単な漢字で書ける「書き初め」の4字熟語をご紹介しました。

日本の伝統文化である書き初め。一年の抱負や目標を書きますが、さまざまな意味が込められた4字熟語はかっこよくて覚えやすくていいですね。

冬休みの宿題として出されることが多い書き初めですが、簡単で上手に書ける漢字ばかりの4字熟語は、先生の評価も高くみんなから上手だとほめられやすいですよ。

「書き初め」は家族みんなでお正月のイベントにしてリビングで楽しむのもいいですね。一年の始まりに家族一同で書き初めをすることにより、新年の抱負や目標を定めることができます。お互いの願望や目標などを確認しつつ実りある一年にしましょう。