寒中見舞いを友達に送る例文!堅苦しくならないコツを紹介!

寒中見舞いは「季節の挨拶」や「喪中などにより年賀状を送れなかった場合」など、様々な理由で送ることが出来ます。

目上の方やビジネスの相手に宛てて送る場合は、失礼のないように細心の注意を払いながら書きますね。しかし、マナーに気を使いすぎると少し堅苦しい内容になりがちです。

親しい友達に宛てて書く場合は、親しみのこもったカジュアルな内容で良いかと思います。

この記事では「親しい友達に宛てて書く場合の寒中見舞い」をテーマに解説していきます。

スポンサードリンク

寒中見舞いの書き方【一般的な文章構成】

いざ寒中見舞いを書こうと思っても、寒中見舞いを書いたことのない方ですと、どんな内容で書けばよいのか迷いますよね。

そこで、寒中見舞いを書くときの基本的な文章構造と例文を下記にご紹介します。

①お見舞いの言葉
例文:寒中お見舞い申し上げます/余寒お見舞い申し上げます(立春を過ぎた場合)
②時候の挨拶
例文:厳しい寒さが続いておりますが皆様はお元気でお過ごしのことお喜び申し上げます  など
③自身の近況報告など
例文:おかげ様で私たちは元気に過ごしております など
④結びの挨拶
例文:まだまだ寒さが続きますがくれぐれもご自愛ください など

基本的には上記の文章構造で書くと良いでしょう。下記に例文もご紹介します。

【例文 一般的な寒中見舞い】
寒中お見舞い申し上げます
寒さの厳しき折お変わりございませんか
こちらは家族共々変わらず元気に過ごしております
春の訪れが待ち遠しいですがしばらく寒さも続くかと思います
風邪など召されませぬ様ご自愛ください

寒中見舞いの書き方!友達宛などカジュアルな書き方

先ほど挙げた寒中見舞いの一般的な書き方ですが、丁寧で目上の方やビジネスでの取引先等に宛てて書く場合には、失礼がなく適切かと思います。

しかし、仲の良い友達に送る場合は少し堅さを感じてしまいますね。ですので、友達に宛てて送る場合はもう少し親しみのあるカジュアルな書き方で書いても大丈夫です。

基本的な文章構造は先ほど解説した通りで良いかと思いますが、友達に宛てる場合は「②時候の挨拶」は堅苦しくなってしまう場合があるので、書いても省いてもどちらでも構いません。

「③自身の近況報告など」は友達とのエピソードや自分が最近ハマっていることなどを書くと良いかと思います。

ただ、相手が喪中の場合などは、相手の心情を考慮し、楽しいエピソードや面白いエピソードなどはなるべく控えておいたほうが良いかもしれません。

では、「自分が喪中の場合」や「相手の喪中の場合」、「年賀状を出していない相手から年賀状が届いてしまった場合」など、以下にシーン別の書き方をご紹介します。

寒中見舞い宛先が友達の例文1 自分が喪中の場合

寒中お見舞い申し上げます
寒い日が続いていますが〇〇ちゃんはお変わりありませんか?
喪中で新年のご挨拶が出来なかったので今年は寒中見舞いを書いてみました
こちらは最近ガーデニングにハマっていて植物達に癒される日々を送っています
春頃には沢山の花が咲くはずなので良ければ遊びにきてね
まだまだ寒さが続きそうですが身体に気をつけてね

寒中見舞い宛先が友達の例文2 相手が喪中の場合

寒中お見舞い申し上げます
喪中とのことで、新年のご挨拶は遠慮させていただきました
今年は静かな年越しだったことかと思います
〇〇(故人の名前)さんには本当にお世話になりました
少し落ち着いたら顔みせてね
寒さが厳しく心身ともにお疲れだと思うけど身体を大事にしてね

寒中見舞い宛先が友達の例文3 出していない相手から年賀状が届いてしまった

寒中お見舞い申し上げます
心のこもった年賀状をいただきありがとう
挨拶が遅れてしまいごめんなさい
昨年は久しぶりにみんなでご飯に行って楽しかったね
また近いうちに会いましょう
寒い日は続きますがどうぞお身体に気を付けて過ごしてくださいね

メールでの寒中見舞いは失礼?

最近でははがきを出す機会が減り、メールやLINEが連絡ツールの主流となっていますね。

では、寒中見舞いもメールやLINEで気軽に送っても良いでしょうか。

これについては、寒中見舞いを出す相手との関係性が大切になります。

目上の方やビジネスでの取引先、そこまで親しくない間柄の知り合い等であれば、メールやLINEだと少しカジュアルになりすぎて、失礼に当たる場合があります。

しかし、気心の知れた親しい友人であれば、メールやLINEでの寒中見舞いも問題ないでしょう。

メールやLINEであっても寒中見舞いを送ってもらえたら、十分嬉しいですよね。

ただ、より心のこもった印象を与えたいのであれば、はがきで書いた方が丁寧な印象があります。ここでメールやLINEで送る場合の例文を一つ紹介します。

【例文 メールやLINEで送る場合の寒中見舞い】
寒中お見舞いです
メールで失礼します
寒い日が続いていますが〇〇ちゃんは体調崩したりしていないですか?
わたしはおかげさまで変わりなく過ごしているよ
お互い結婚してからは何かと忙しくてなかなか会えていないけど
また近々ランチでも行けると嬉しいな
まだまだ寒いので身体に気を付けて過ごしてね

スポンサードリンク

寒中見舞いを友達に送る例文!【まとめ】

寒中見舞いを書くときの一般的な形式はありますが、親しい方に送る場合は親しみを込めてカジュアルな感じにして良いかと思います。

友達から寒中見舞いが届くと、心遣いにほっこりとしたり、懐かしく感じたりと、とても嬉しい気持ちになりますよね。

特に遠方の友達や忙しくてなかなか会えない友達だった場合、再び約束に繋がることもあるかもしれません。

自粛生活が続いて友達とも疎遠になりがちですが、今年は周りの友達に寒中見舞いを送ってみても良いかもしれません。