お中元のお礼メール【例文】コピペでそのまま使える文例を紹介!

いよいよお中元シーズンが始まります。

頃お世話になっている方やビジネス関係の方など。贈ることはもちろん贈られる側になることも。

基本お中元のお返しはしないもの。

でも、お中元のお礼をしないのはマナー違反。

なので、お中元をいただいたら必ずお礼はするべき。

お礼の方法はいろいろあります。

1番ていねいなのは封書やハガキでのお礼状。

ただ、現代人はとにかく忙しい。
さらにSNSツールの発達によって今ではメールでの会話や情報のやり取りが気軽に。

でも気軽だからこそ、お中元のお礼をメールで済ますのはあり?失礼にあたる?
とちょっとなやんでしまいますね。

ズバリ!お中元のお礼はメールでもOKなんです。

それではビジネス関係、友人などにメールでのお礼状の書き方や件名をご紹介します。

スポンサードリンク

お中元のお礼はメールでもいいの?

お中元のお礼はメールでもいいのかについては冒頭文でも触れたとおり問題ありません!

問題ないどころか、お中元のお礼をメールで送るのはメリットがいっぱいです。

  • 相手の時間を使わせなくていい
  • お中元を受け取ったらすぐにお礼ができる
  • 写真付きでリアルタイムを送ることができる

電話だと今忙しいかな?なんて相手の都合が気になりますよね。



今は携帯電話ですぐつながる時代。
相手がどんな状況かもわからないからこそ、私的な電話ってしづらいもの。

相手が忙しそうにしていたから言いたいことの半分も言えなかった、なんてことも。

その点メールならじっくり考えて送れますね。
相手も自分の都合のいい時に見ることができるし。

それに、お中元やお歳暮のお礼は早ければ早いほどいいんです。

メールなら受け取ってすぐありがとうの気持ちを送れます。

ちゃんとお品が着いたことをすぐお知らせできるのもメリット。

友人など親しい人なら写真を一緒に送ってみては。
いただいたものを食べている家族のようす、さっそく使っていることがわかる写真など。

贈った方としても喜んでもらえたとうれしく思われることまちがいなし。

さすがにビジネス関係はメールはムリ?

ビジネス関係でもメールのお中元のお礼状はありです。

上司や顧客など目上の方へは封書やハガキのお礼状を出すべき。
でも、ビジネスライクな対等の立場にある関係ならばメールでもOK。

忙しいのもわかりあえているので、メールの方がお互いありがたいくらい。

メールでのお礼状の注意点として…。
友人以外は顔文字は使わないこと。

例文をそのまま使うのではなく自分のことばで送りましょう。
例文にそって、 できるだけオリジナルな文章を作りたいもの。

基本は普通のお礼状と同じ流れ。

  • あいさつ
  • お礼、いただいたものの感想
  • 相手や家族を気づかうことば
  • これからのおつきあいについてと結びのことば

ポイントは、ふだん敬語を使わない仲でも敬語にすること。
ちょっとかしこまるだけでお礼感がアップしますよ。

そして、最後に「取り急ぎメールにして失礼します」と一言そえましょう。
相手によってはメールで簡単にすませている、と受けとる人もいますから。

お礼状は郵便で出すもの、という考えもいまだにあることも事実。
一言そえておけばていねいな印象になります。

お中元をいただいたことへのお礼メールですが、ビジネス関係では返信しないのが基本です。
お礼にお礼を重ねるようなものなので。

でも、迷う人がいることもあります。
お礼メールを送る時に返信の必要がないことも一緒に書き添えておくといいですね。

お中元のお礼のメールの書き方例文(件名、本文)

お中元のお礼メール例文1 親しい人(自分の親、友人など)

件名:お中元届きました
7月に入ってますます暑くなってきたね お中元ありがとうございました
いただいた◯◯、我が家の子供たちの大好物です! 取り合いしている写真をアップしておきますね

ご家族のみなさんは元気にしてますか?
これからが夏本番!
体調にはくれぐれも気をつけてくださいね

お中元のお礼のメール例文2 (義父母)

件名:お中元ありがとうございました
太陽がいっそうまぶしく感じられます
お義父さん、お義母さんはおかわりなくお過ごしでしょうか
届いた◯◯、さっそく使わせていただいております 毎日使うものなのでとても重宝しています
いつもお気づかいいただき、ありがとうございます お盆にはまた◯◯さん(夫の名前)とごあいさつにうかがいますね

まだまだ暑い日が続きます
どうかくれぐれもご自愛くださいね

お中元のお礼のメール例文3 (ビジネス)

件名:お中元のお礼を申し上げます
◯◯会社 営業課 ◯◯様
いつも大変お世話になっております
△△商事 総務部 △△でございます
本日、貴社よりお中元が届きました
お心のこもった贈り物に社員一同ありがたくちょうだいいたしました
◯◯様にはいつもひとかたならぬご愛顧をいただいているうえに、このようなお心遣いをいただき大変恐縮いたしております
今年は猛暑になるとのこと
お忙しいとは存じますが体調などくれぐれもお気をつけ下さい
どうかお返事は気になさらずに

スポンサードリンク

【まとめ】お中元のお礼メール!件名と本文の例文を攻略!

お中元のお礼状は手紙やはがきがもちろん1番ていねいです。
でも、メールなら感謝の気持ちをすぐに送れるメリットがあります。

親しい友人など普段からメールをやり取りしている仲なら気軽に早くお礼が言えます。

それはビジネス関係でもいえることです。
お互い忙しいことを承知していればメールでもOK。

ただ、相手によることだけは忘れずに。
メールで送る時こそ、ことばには一層気をつけたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください