習い事の先生へ贈るお歳暮とお中元!現金なら相場は?

少し前まで、習い事の先生にお歳暮やお中元を贈るのは、当然の事でした。一年間お世話になった感謝の気持ちを渡すのがお歳暮ですから、習い事の先生に差し上げるのは、別に不思議ではありません。


でも、今はその習慣が無くなりつつあります。既に月謝を払っているのだから、その他の付け届けは必要ないと考える人が増えました。

先生の側でも、お歳暮やお中元を頂いても対応に困る、と考える人が多くなったのです。

今でも先生へのお歳暮を差し上げる習慣が残っているのは、華道や茶道などの伝統的な習い事と、バレーやピアノなどの一部の習い事だけになりました。

今回は

  • 習い事の先生には、お歳暮・お中元を差し上げた方が良いのか
  • 先生にお歳暮・お中元を差し上げる時に、注意する事はあるのか

について解説したいと思います!

スポンサードリンク

習い事の先生へ、そのお歳暮やお中元は本当に必要?

お歳暮・お中元の事を考える前に、その習い事では本当に皆が先生にお歳暮・お中元を差し上げているのかを確かめましょう。

皆がしていないのに、一人だけで差し上げると、抜け駆けととられる恐れがあります。

私の知人が私立高校の国語教諭をしていましたが、生徒の父母からお歳暮を頂くと何だか特別扱いを頼まれているようで、良い気分ではなかったと言っていました。

習い事の先生がこのような考えだったら、困ります。

先生に直接聞くと、たとえお歳暮賛成派でも「お気遣いは無用ですよ。」と答えるでしょうから、習い事の先輩に確かめましょう。

習い事の先生へのお歳暮・お中元問題・・・頼りになるのは、先輩

華道や茶道など、先生にお歳暮・お中元を差し上げる事が習慣になっている場合でも、先輩に確かめてからにして下さい。

  • お歳暮・お中元に何を差し上げるか
  • 金額はどれくらいか
  • いつどこで先生に差し上げるのか
  • 連れ立って差し上げに行くのか、それとも各自で行くのか

など、皆で相談して足並みを揃える事が必要だからです。

習い事の先生への「お歳暮自由」・「お中元自由」の場合はかえって難しい

またお歳暮を差し上げるかどうかは、個人の自由と言う習い事もあるでしょう。お歳暮は一度差し上げたら、継続して毎年差し上げます。よく考えてからお歳暮を差し上げるようにしましょう。

ずっと贈り続ける自信がない場合は「お礼」と言う名目で贈れば、次の年に贈らなくても失礼になりません。

お歳暮を差し上げるかどうかが自由な場合は、お歳暮・お中元を差し上げない人もいるわけです。その人たちが嫌な思い、肩身の狭い思いをしなくても済むように、先生への差し上げ方に気を配りましょう。

他の生徒や保護者の方がいない場所で差し上げます。それが難しいなら宅配便を使って自宅に贈るようにします。

習い事の先生にとって、お歳暮・お中元で一番役に立つのは「現金」

お歳暮賛成と言う先生の場合、月謝だけでは習い事の教室を維持できなかったり、備品が購入できなかったりする場合があります。だからわざわざお歳暮は現金で、と指定する先生が多いのだそうです。

現金を差し上げる事について、抵抗感がある人もいるでしょうが、ここは先生の指定通りにしましょう。

お歳暮を差し上げる事で、習い事の教室が維持できるなら、先生の役に立っているわけです。

お歳暮を差し上げる側として、習い事の生徒としてこんなに嬉しい事はありません。

またピアノ教室などでは、月謝だけでは生活費に足りないと言う先生がいるのも事実です。そんな先生方にも嬉しいのは、やはり現金や商品券なのです。

現金のやり取りには、礼儀と心と注意が必要!

もちろんお歳暮として差し上げるのですから、注意が必要です。

  • きちんと蝶結びの水引の付いたのし袋に入れる。
  • お札も銀行などで新しいものに取り替えてもらう。
  • 差し上げ方にも、作法がある事も。必ず先輩に確かめてから、差し上げましょう!!

先生への感謝の気持ちを忘れずに、礼儀に則って差し上げれば、現金や商品券はどんな人にも役に立つ素晴らしいお歳暮だと私は思います。

スポンサードリンク

お歳暮・お中元は不要!でも感謝の気持ちを表したい!

お歳暮は不要と言う先生にも、何とか感謝の気持ちを表したいと思う人もいるでしょう。そんな人は、お歳暮やお中元と言う名目にこだわらなければ良いのではないでしょうか。

旅行のお土産、頂き物のお裾分けなど色々と考えられますね。

それでも、受け取れないと言う先生の場合は、すっぱりと諦めましょう。

自分に置き換えて考えると、お歳暮・お中元を頂くと嬉しいだけではないですよね?お礼状やお返しの事を考えて気が重くなる事もあります。もしかすると先生も同じ気持ちなのかも知れません。

だからお歳暮・お中元に託さなくても、自分には感謝の気持ちがあるのだから、それで良いと考えてみて下さい。そして感謝の気持ちを持っているなら、出来る限り長くその習い事を続けて下さい。

先生にとってはそれが一番大事なはずです。皆さんもそう思いませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください