ファミリーキャンプの荷物を少なくしたい!格段に設置と撤収が楽になる3つの方法

ファミリーキャンプの楽しさは、大きなテントを設置して、家族でご飯を食べ、子ども達とおもいきり遊ぶこと。
自然の中で、家族で過ごしていると「ファミリーキャンプっていいな」と感じます。


*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

そんな楽しいファミリーキャンプですが、大きなテント、チェアにテーブル、食材、飲み物、着替え、荷物のすべてが家族分ですから、「どうにか荷物をコンパクトにならないか?」とお悩みの方も多いのではないでしょうか?

おしゃれキャンプに憧れている私は、「木製の棚やおしゃれなチェアやラグも用意したい。」なんて、どんどん荷物は増えていくばかり。

荷物が多いと、車にのりきらないという悲劇を生むばかりでなく、設置、撤収も一苦労です。
この記事では、ファミリーキャンプの荷物を少なくする3つの方法をご紹介します。

記事を読み終えると、コンパクトキャンプを実現することが出来、格段にキャンプの設置と撤収が楽になります。

スポンサードリンク

ファミリーキャンプの荷物を少なくしたい!確実に減らすことのできない荷物のリスト

ファミリーキャンプの荷物を減らす前に、まずは確実に減らすことのできない荷物のリストを作ってみましょう。

【我が家の減らすことのできない荷物のリスト】
・テント、タープ
・シュラフ
・マット類
・着替え
・チェア
・テーブル
・調理器具
・調理コンロ
・ランタン
・皿、コップ、カトラリー
・食材、飲み物
・ウォータージャグ
・クーラーボックス
・焚火台
・火をつけるもの、炭
・歯ブラシ
・石鹸、シャンプー、ボディソープなど
・洗剤
・子どもの遊び道具(おもちゃ、虫かごなど)
・救急用品

ざっと考えただけで、減らすことのできない荷物は多いです。

他に、ランタンハンガーや棚などの便利なキャンプ用品も持っていきたいところ。
まずは、減らすことのできない荷物のリストから、少なくできる方法を考えてみましょう。

ファミリーキャンプの荷物を少なくしたい!できるものは現地調達

ファミリーキャンプの荷物を少なくする方法の1つめは、できるだけ現地調達することです。
現地調達したものは、荷物に紛れることなくすぐに取り出せる為、設置や準備に時間がかかりません。

*食材はできるだけ現地調達

現地で食材などを調達すれば、最初から積み込む荷物を少なくできます。

食材は、前日に購入し下ごしらえしておきたいところですが、下ごしらえしたものをキャンプ場に持っていく入れ物、例えば料理の入った鍋やタッパーなどは嵩張りますよね。

下ごしらえする必要が無い肉、海鮮系、野菜、焼きそばなどは現地調達することをおすすめします。
キャンプ場から近いスーパーや地場野菜などが売っている店などを予め調べておくとよいでしょう。

キャンプ場のホームページには、近くのスーパーやおすすめの店等、掲載されている場合がありますのでチェックするとよいです。

キャンプ場周辺ならではの、特産品を安く購入することができるので、よりキャンプ飯を楽しめるのではないでしょうか。
飲み物や菓子類も現地調達をおすすめします。

*薪はできるだけ現地調達

薪も現地調達をすることで荷物を少なくすることができます。
我が家は、パパが、焚き火担当。

いつの間にか、ひとり焚き火に夢中になっていることもしばしば。
設置後から就寝まで、そして翌日の朝も焚き火。

家族で焚き火を囲むこともファミリーキャンプの醍醐味ですよね。

1泊2日のキャンプならまだよいのですが、2泊3日となると、さらに沢山の薪が必要になります。
現地で薪を購入する場合、ホームセンターなどで購入するよりも比較的安い場合が多いです。

キャンプ場や周辺のお店で手に入れることができますので、薪を購入できるか?や価格を予め調べておくとよいでしょう。

*子供の遊び道具はできるだけ現地調達

山遊びには虫かご、虫取り網、川遊びにはサンダルやバケツ。
整備されたキャンプ場では、リップスティックなどで遊ぶ子ども達を見かけます。

キャンプで子どもの遊び道具は、意外と嵩張ります。

どうしても必要なアクティビティなどの道具以外は、基本的に現地調達をおすすめします。

山のキャンプ場では、虫は捕まえたらすぐに自然に返し、どんぐりなどの木の実を集め、ブッシュクラフト。
子ども達は、自分たちで遊びを見つけ、遊び道具はあまり必要なかったケースが多いです。

ファミリーキャンプの荷物を少なくしたい!キャンプ用品はコンパクトに収納できるものにする

ファミリーキャンプの荷物を少なくする方法の2つめは、キャンプ用品はコンパクトに収納できるものにすることです。
ソロキャンプブームの今、様々なメーカーからコンパクトに収納できるキャンプ用品が出ていますよね。

ファミリーキャンプでも、利用できそうなキャンプ用品は、コンパクトにできるものに出来るだけ変えるとよいでしょう。

*チェアは折りたたみ式のものから組み立て式に変える

折りたたみ式のチェアは、家族分となると結構な嵩張り具合になります。
荷台部分には収まらない為、座席の足元に置かれる方もいるのではないでしょうか。

折りたたみ式から組み立て式のチェアに変えることをおすすめします。
組み立て式のチェアは、ヘリノックスのチェアが人気です。

組み立てや、撤収も簡単にできますし、座り心地もいいです。
チェアを折りたたみ式のものから、組み立て式に変えるだけでも、ファミリーキャンプの荷物を大幅に少なくすることができます。

*ウォータージャグはコンパクトにたためるタイプに変える

歯磨きやちょっとお皿をゆすぎたい時、炊事場が遠いキャンプ場では特に、ウォータージャグがあると便利ですよね。

ファミリーキャンプでは特にウォータージャグは必要ではないでしょうか。
ウォータージャグは、折りたたみできるジャバラ式のものがあります。

折りたためばかなりコンパクトになりますのでおすすめです。
設置、撤収も簡単にできます。

ファミリーキャンプの荷物を少なくしたい!キャリーワゴンを有効活用

ファミリーキャンプの荷物を少なくする方法の3つめは、棚やテーブルの変わりにキャリーワゴンを有効活用することです。
確実に減らせない荷物のリストからはずれますが、我が家は棚やテーブルを減らしてでもキャリーワゴンを持っていきます。

キャリーワゴンを持っていくことで、まずは、設置、撤収が格段に楽になります。
設置の際に、出てくる用品を収納する為の袋類はなかなかまとまらないですよね。

設置しながら袋類は、全てキャリーワゴンに入れていきます。

撤収の際も、キャリーワゴンの中に全て入っているのがわかっているので、取り出しやすいです。
ランタンや遊び道具なども一時仮置き場として使えます。

嵩張る棚やテーブルを思い切って減らして、折りたたみできるキャリーワゴンを利用するのもよいですよ。
子どもをキャリーワゴンに乗せて移動している楽しそうな姿をファミリーキャンプでよく見かけます。

スポンサードリンク

ファミリーキャンプの荷物を少なくしたい!【まとめ】

確実に減らすことの出来ない荷物リストを作り、ファミリーキャンプの荷物を少なくする3つの方法をご紹介しました。
荷物を減らすだけではなく、設置、撤収も楽にして、キャンプを思い切り楽しんでくださいね。

・荷物を少なくするには、できるものは現地調達
・キャンプ用品はコンパクトに収納できるものにすると、荷物を少なくすることができる。
・キャリーワゴンを有効活用することで、荷物を少なくし、設置と撤収を楽にする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください