ソロキャンプにおすすめのまな板5選!

キャンプでは自炊をしておいしいご飯を楽しむ人がほとんどだと思います。
そして料理に欠かせないアイテムの一つがまな板です。


*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

どの家にも元からあるようなアイテムですが、普段使っているまな板をそのままキャンプで使うのも味気ないですよね。

今回はソロキャンパーにおすすめの利便性を考えたまな板から、雰囲気づくりにぴったりのまな板まで、いろいろなタイプのまな板をご紹介していこうと思います。

スポンサードリンク

ソロキャンプにおすすめ!折りたためるコンパクトなまな板

ソロキャンプの場合、気になるのが収納のしやすさです。
まな板をそのまま持ち運ぼうとすると、意外にかさばってしまいます。

そんな時に便利なのが、折りたたみ式のまな板です。

折りたたみ式のまな板は、様々なキャンプメーカーから発売されていて種類も豊富でおしゃれなデザインのものも多くあります。また、付属の収納ケースに入れておけば衛生面も気になりません。

ソロキャンプで荷物をあまり増やしたくない方にはおすすめのアイテムです。

プラスチック製の薄くて軽いまな板

耐熱、耐冷性の高い素材でできたまな板で、薄くて軽いため持ち運びには最適です。
価格も安価なものが多く、手に入りやすいので屋外でも気軽に使えます。

また、裏面に滑り止めの付いたタイプもあり、ソロキャンプの狭いテーブル上でも安心して食材をカットできる点もおすすめポイントです。

木製のまな板でキャンプをおしゃれに

おしゃれな雰囲気でソロキャンプを楽しみたい人におすすめなのが、木製のまな板です。
プラスチックで無機質なものから、木製のまな板に替えるだけでも雰囲気はがらりと変化します。

また、食材を切るだけでなく料理をのせるプレートとして使えば、不思議と料理がおいしそうに見え、写真映えするのもポイントです。

キャンプメーカーはもちろん、雑貨店などにも売っていているのでお気に入りのデザインを探してみましょう。

ただし、木製のまな板は手入れをしないとすぐに痛んで使えなくなってしまいます。

使用後は洗った後によく乾燥させ、まな板の表面にオリーブオイルなどの油を塗りこんでおきましょう。
少々手間はかかりますが、愛着も湧いてよりキャンプを楽しめます!

意外に便利な100均まな板

どこの100均にも売っているまな板ですが、意外とおすすめのアイテムになります。

通常サイズのものから、ミニサイズまで様々な種類が揃っていて、特におすすめなのがプラスチック製で縦横15センチ程の小さくて薄いまな板です。

メインとして使うには小さいのでサブとしての役割が主ですが、ちょっとした小物を切る時や臨時のまな板として重宝します。
気軽に買え、洗うのも簡単でコンパクトなまな板なので、持っていて損はありません。

収納ケースタイプのまな板

内部に包丁を収納できるセット形式のまな板も、コンパクトさ重視の人にはおすすめです。

二つ折りになっているまな板の内側に、包丁を収納するスペースがあるので、効率よく収納できるのはもちろん、包丁を安全に持ち運ぶこともできます。

さらに包丁だけでなく、調理ばさみやおたま、スプーン、フォークなどといった調理器具を収納できるものもありバリエーションが豊富です。

キャンプでの使用を前提に設計されているので使い勝手も良く、安全性と収納の2点で言えば、一番おすすめのアイテムになります。

スポンサードリンク

ソロキャンプにおすすめのまな板5選!【まとめ】

いかがだったでしょうか?
調理器具のひとつに過ぎないまな板ですが、それだけでもキャンプの快適性や雰囲気を左右する重要なアイテムです。

効率を重視した機能性の豊かなものから、雰囲気重視の少し手間のかかる木製のまな板まで、いろいろな選択肢があります。
自分のスタイルに合ったアイテムを選んで、ソロキャンプをより充実したものにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください