水中をゆらゆらと漂う様子がかわいいウーパールーパーですが、実は変形して上陸することがあります。

*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

ウーパールーパーは、メキシコサンショウウオというサンショウウオの一種で、幼形成熟(ネオテニー)という特殊な現象により幼生の姿のまま成熟した生き物です。


普通はそのまま幼生の姿で生涯を終えるのですが、ある条件化で普通のサンショウウオのように変形し始めることがあります。

今回は、ウーパールーパーの上陸についてご紹介します。

スポンサードリンク



ウーパールーパーが上陸する条件とは?

ウーパールーパーに限らず、カエルやイモリ、サンショウウオなどの両生類が幼生の姿から成体の姿へ変わることを変態といいます。

たとえば、オタマジャクシに足が生えてカエルへと変わっていくのは変態です。
ほとんどの両生類は、変態と同時に生活様式も一変します。


ウーパールーパーも、ある条件下では変態が進行し成体のサラマンダーの姿へと変わることがあります。
ただし、普通に飼育している限り、変態することはまずありません。


ウーパールーパーが変態する条件はあまりよくわかっていませんが、どうやら水深に関係しているようです。

徐々に水深が浅くなり、環境が陸化していくと、それにあわせてウーパールーパーも変態するようです。


そのため、陸地の多いアクアテラリウムで飼育している場合や、プラケースに浅く水を張って飼育していて水が蒸発した場合に、突然変態が始まることがあります。

スポンサードリンク



ウーパールーパーが変態すると?

イモリやサンショウウオの幼生が変態し始めると、まず足が生え、続いて外鰓が短くなっていき、最終的にはなくなります。
それと同時に顔つきも変わり、全体の雰囲気が変わっていきます。


ウーパールーパーはサンショウウオの仲間の中でも「マルクチサラマンダー科」というグループに属しています。

マルクチサラマンダー科にはタイガーサラマンダーやファイアサラマンダーなど、ペットトレードでは比較的有名な種が多く含まれていますが、日本には分布していません。


ウーパールーパーが上陸した姿は、ネットで検索すればたくさん出てきます。

基本的に変態後は水に入らず陸上で生活するようになります。

カラーはウーパールーパーのカラーがそのまま引き継がれるので、アルビノならアルビノの、マーブルならマーブルの陸生サラマンダーとなります。



ウーパールーパーを上陸させるには?

陸生のマルクチサラマンダーが飼いたいのなら最初からタイガーサラマンダーやファイアサラマンダーを飼育すればいいですし、タイガーサラマンダーの幼生を飼育すれば変態も観察できるので、わざわざウーパールーパーの上陸に挑戦する必要はないかもしれませんが、あえてやってみたいという場合、徐々に飼育水槽の水深を下げてみましょう。

このとき、急激に下げると水質が急変して弱ってしまうことがあるため、注意が必要です。



水深を下げて変態しはじめたら、スポンジや発泡スチロールを浮かべて陸地を作り、上陸できるようにしてやりましょう。
特に変態直後の個体を陸地のない環境におくと、おぼれてしまうことがあります。



上陸後の飼育はタイガーサラマンダーなどを参考に、湿った土やミズゴケを敷いたケージで飼育します。餌は生きた昆虫などになりますが、ツノガエル用のフードも食べるので、フードを使うほうが飼いやすいでしょう。



ウーパールーパーが陸に上がる事はあるの?【まとめ】

ウーパールーパーの飼育水槽の水深を徐々に下げると、変態して上陸することがあります。

当然、変態後に再びウーパールーパーの姿に戻すことはできないので、意図して変態させる場合はそのつもりでいましょう。



意図せず変態させてしまった場合も、覚悟を決めて陸生サラマンダーとして飼育してやるしかありません。

ウーパールーパーのようなふわふわした浮遊感は楽しめませんが、慣れればケージに近寄っただけで隠れ家から出てくるくらい慣れるので、それはそれで飼えば楽しい生き物です。