おとなしい性格、豊富なモルフ、かわいい(?)見た目。

ペットとして人気の高いコーンスネークには、たくさんの魅力があります。これから飼いたい、という方も多いと思いますが、ヘビがいくらするのか、想像もつきませんよね。

*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

コーンスネークの場合、モルフ(品種)にこだわらなければ、だいたい1~2万円あれば購入することができます。もちろん、人気の高いモルフやレアなモルフでは価格が上がり、10万円近くする場合もあります。

専門店で購入するのが安心ですが、爬虫類即売イベントで購入すれば相場より安く手に入ることが多いです。

1万円未満で購入できる場合もありますが、小さなベビーの場合は注意が必要です。
今回は、コーンスネークの値段について解説します。

スポンサードリンク



コーンスネークの値段相場は1~2万円

爬虫類専門ショップで、特にモルフにこだわらずにコーンスネークを購入するとしたら、だいたい1~2万円くらい、多くは15000円以下で手に入ります。この場合、「ノーマル」という名前のモルフで売られている場合がほとんどです。

ノーマルとは、要するに野生個体と変わらない模様ということですが、実際には何か別のモルフを作る際に生まれた個体をまとめてノーマルとして販売しているケースが多いようです。

この価格帯で手に入る人気のモルフとしては、まずスノーが挙げられます。コーンスネークのスノーはもっともお手軽に飼育できる白ヘビといえるでしょう。

他にも、アメラニスティック(黒い色素がない)やアネリスティック(赤い色素がない)など、多くのモルフの元となるシングルモルフがこの価格帯に収まります。



値段が高いものは10万円も!?

同じように専門店で高級モルフやレアなモルフを探すと、5~10万円近くすることもあります。当然ながら、珍しければ珍しいほど、人気が高ければ高いほど価格が上がり、パルメットなどシングルモルフなのにレアなものは10万円近くすることもあります。

ただし、専門店は信頼を大切にする場なので、専門店で販売されている高級モルフにはある程度の安心感があります。期待して購入したのに思ったような個体じゃなかった、というトラブルが起こりにくいのです。

スポンサードリンク



コーンスネークの購入はイベントがお買い得!

実は、日本各地で数多くの爬虫類即売イベントが行われています。

有名なものでは「JRS」や「HBM」、「ぶりくら」「とんぶり」などがあり、さらに地域限定のイベントもあります。

そうしたイベントには各地の専門店だけでなく、個人ブリーダーもブースを構え、自慢の個体を持ち込んで販売しています。

たくさんの人に自分たちの個体を見てもらいたい、買ってもらいたいという趣旨で開催されているため、イベントでの販売価格は専門店の店頭価格よりも安くなっています。


専門店も、イベント特価と銘打って破格で販売しているケースがほとんどです。ブースで販売している人もその道のプロですから、購入したい個体を手にとって、直接飼育方法を聞くこともできます。もし都合がつくのなら、ぜひイベントに足を運んでみましょう。



値段が安いベビーサイズには要注意

もちろん、安ければ安いほどいいに決まっていますが、あまり小さなベビーサイズには注意しましょう。

コーンスネークのベビーサイズはとても小さく、育てるのに苦労する場合があるのです。一方、ベビーサイズは手がかかるので、売る方としては安く売って早く手放したくなります。

特に即売イベントではこうしたケースがよく見られるので、買うときは「自力で餌を食べている個体か」を確認してから買うといいでしょう。売る方も悪気があってそうした個体を売っているわけではないので、聞けばちゃんと答えてくれます。


コーンスネークの値段相場!【まとめ】

まずは専門店に行き、自分の目で飼いたい個体を探してみるといいでしょう。即売イベントに行けば、もっと多くの個体を見比べて選ぶことができます。
あくまでも生き物なので、値段だけに左右されず、自分で納得できる個体を選ぶようにしたいものです。