コーンスネークのモルフ(品種)の中でも、全身が白くなるモルフは人気があります。

中でもハイレベルな白さで人気なのが、ホワイトアウトです。

*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

アメラニスティックとチャコールで作出されるブリザードに、さらにブラッドレッドを重ねたトリプルコンボモルフです。

人気に対して流通量が少ないため30000~40000円で販売されていますが、虚弱体質の個体が多いこと、クオリティの低い個体との区別がつきにくいことなど、扱いが難しいところもあります。


今回は、そんなコーンスネークのホワイトアウトについてご紹介します。

スポンサードリンク




ホワイトアウトはこんなモルフ

コーンスネークで全身が白くなるモルフはいくつか知られていますが、その中でも特に白さが美しいことで知られるモルフです。

一番安価で手に入りやすい白系モルフはスノーですが、スノーの上位互換のようなモルフとしてブリザードが知られています。

ブリザードもスノーも、黒い色素が消えるアメラニスティックと、赤い色素が消えるアネリスティックの掛けあわせで得られるモルフですが、ブリザードの作出で使われるアネリスティックはチャコールと呼ばれるモルフです。

こちらのほうがより白さが勝る一方、通常のアネリスティックよりチャコールがレアなため、ブリザードはスノーの上位互換といわれるわけです。そのブリザードに、ブラッドレッドを掛けたのがホワイトアウトです。


ブラッドレッドは本来、「全身が赤くなる」モルフですが、どちらかというと、全身の色を均一にする効果があるようです。全身を赤くする遺伝子が働く一方、赤い色を抜くアネリスティックの遺伝子が働くため、全身が均一に白くなるわけです。

ややレアなモルフであるチャコールを使って作出されるブリザードにブラッドレッドをかけて作るため、「アメラニスティック×チャコール×ブラッドレッド」のトリプルコンボとなります。

そのため、白系モルフの中でもホワイトアウトは高価で、だいたい30000~40000円程度が相場になります。


スポンサードリンク




悩ましいホワイトアウト

レアで高価なだけなら、貯金しながら探せばいつかは手に入るモルフということになりますが、実はホワイトアウトには他にも注意すべきポイントがあります。

これはブリザードでも同じですが、生まれたベビーが一般的なコーンスネークよりも小さい傾向にあります。チャコールにも同じ特徴があるため、これはチャコールの血統の個体に見られる特徴だと考えられています。

ベビーが小さいということは、それだけ育てにくいということです。

また、ブラッドレッドの特徴で、消化器系が弱いという問題を抱えています。消化器系が弱いということは、大きすぎる餌を食べさせたり、低い温度で飼育すると、すぐに消化不良を起こしてしまうということです。

ヘビの場合、吐き戻すと致命傷になってしまうことが多いので、これは厄介な問題です。ホワイトアウトを育てるには、ある程度の温度で、小さめの餌をこまめに与える必要があります。


ホワイトアウトは他のモルフとの区別がつきにくい

また、ベビーの時点ではホワイトアウトらしい特徴が出ておらず、ブリザードやスノーと区別がつきにくい場合がほとんどです。ベビーを買う場合、売っている人を信じて買うしかないのですが、結果が分かるのは早くても1年後、ということになります。

多いわけではありませんが、ホワイトアウトと偽ってスノーを売りつける悪質なケースもあるようなので、注意が必要です。血統的にはホワイトアウトであっても、クオリティが低くほとんどブリザードやスノー、ということもあります。


ホワイトアウトを買うのなら、信用のおけるお店やブリーダーから買うことをオススメします。


コーンスネークのホワイトアウトは弱いの?【まとめ】

ホワイトアウトはとても魅力的な白系のトリプルコンボモルフです。もしシングルモルフから自分で作出しようとすると、

・アメラニスティック
・チャコール
・ブラッドレッド

の3つのモルフを揃える必要があります。
また、ベビーが小さいこと、消化器系が弱いことにも注意が必要です。
ある程度コーンスネークのモルフに詳しいお店などで話を聞きながら、自分で納得のいく個体を探しましょう。