101匹わんちゃんの映画で世界的に有名なダルメシアン。

映画では子犬が主人公なのでぬいぐるみのようなかわいらしいイメージがありますが、実際にダルメシアンの成犬を見ると迫力がありますよね。

*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

そんなダルメシアンの平均寿命はどのくらいなのでしょうか。
オスとメスで違いはあるのでしょうか。

ダルメシアンの生涯をのぞいてみましょう。

スポンサードリンク



ダルメシアンの平均寿命はどのくらい?

ダルメシアンの平均寿命は10〜13歳というのが一般的ですが、14歳を平均寿命としている場合もあります。

少しずつ寿命が延びてきているのかもしれませんね。
犬は10歳と13歳で節目を迎えると言われています。

10歳の壁」「13歳の壁」と呼ばれることから、この辺りで体調を崩しやすくなっているようです。


ダルメシアンは大型犬に属します。
大型犬の平均寿命は8〜13歳くらいになるため、ダルメシアンは平均的な寿命だと言えそうです。

スポンサードリンク



ダルメシアンの寿命、日本最高年齢は18歳!

ダルメシアンの日本の最高齢は何と18歳!

人間の年齢に換算すると131歳になります。
ものすごく長生きしてくれましたね。


18歳には及ばずとも、ダルメシアンでは16歳、17歳という年齢の子もいます。

飼い主さんの整えてあげた環境とダルメシアンの体質がマッチすると、長生きも可能になってきているのかもしれませんね。
ちなみに16歳は人間では117歳、17歳なら124歳と、すでに立派なご長寿です。



ダルメシアンのオスとメスで平均寿命は変わるの?

一般的には、オスとメスで平均寿命に差があるという報告はありません。


ただ、生理学的な観点から言われていることがあります。
大型犬は小型犬より短命です。

それは、体の大きさに対して内臓が小さい比率のため、負担が大きくなるということです。
大型犬の内臓は、小型犬よりもがんばらなくてはいけないのですね。

そのため、大型犬の方が早く内臓の寿命が訪れてしまい、命が短くなるのです。



その考え方から導き出すと、体の大きなオスの方が、メスよりも寿命が短い傾向にあるのかもしれません。

ただし、私の近所でオスとメスを飼っているダルメシアンの家は、オスよりメスの子の方が、がっしりとした体形をしています。
体の大きさに個体差があるので、必ずしもオスが短命、メスが長寿とは、言い切れません。


*去勢や避妊の有無で寿命は変わる?

これも一般論になりますが、犬は生殖器に関連した病気が多いと言われています。
そのため、去勢や避妊をすることで、そのリスクが減る分、長生きできる可能性が高くなります。


しかしダルメシアンの主な病気として挙げられるのは、難聴、胃捻転、尿路結石、股関節形成不全、皮膚病などであり、生殖器に関する病気ではありません。

リスクを減らす、発情期の負担を減らすという意味では去勢や避妊は有効なことですが、それが寿命を延ばす秘訣とは言いがたいところがあります。



ダルメシアンの飼い主さんはここに気をつけている

先ほどお話しした、オスとメスを飼っているダルメシアンのお宅で聞いた話を基に、ダルメシアンを飼う上で注意してほしいことをご紹介します。

これから飼うことを考えている方は、参考にしてみてくださいね。


*胃捻転に注意!

胃捻転とは、膨らんだ胃がねじれてしまう病気です。
食べた後に激しく動き回った時になりやすいと言われています。

ダルメシアンは胃捻転になりやすい犬種だということで、このお宅では散歩の前や散歩中には絶対に食べ物を与えないようにしています。


胃捻転が起こると、お腹を舐めるようになったり、吐こうとするのに何も吐けなかったりといった症状が表れます。
処置が遅れると命に関わるので、思い当たる時はすぐに獣医さんに相談しましょう。



*尿路結石にもなりやすい

ダルメシアンは尿路結石も起こしやすい傾向があります。
ダルメシアンの結石は尿酸塩が主成分になることが多いらしく、レントゲンでも映らないため発見が遅れることもあるようです。


近所のダルメシアンの場合は、オシッコが出なくなっておかしいな、と飼い主さんが心配していたところ、お水をガブガブ飲むようになり、その度に吐くことを繰り返しました。

すぐに病院に連れて行ったところ尿路結石が判明し、緊急手術。
あと1日遅かったら、膀胱破裂で命はなかったと言われたそうです。


手術後、オチンチンの中から30個ほどの石が出てきました。
残念ながら尿道が石でダメになってしまい、別のところに穴を開けて、そこからオシッコをするようになったそうです。

でも術後1週間ほどの時にその子に会いましたが、普通にオシッコができていました。
回復もとても早く、あとは腎臓に残ったわずかな石が全部出れば治るということです。


ダルメシアンはオス、メス関係なく尿路結石が起きやすいので、オシッコの出方に不自然なところがあれば、すぐ獣医さんに相談してくださいね。



*外でたくさん遊ばせよう

走り回ることが大好きなダルメシアンにとって、外で遊べることはとても楽しい時間です♪

普段は仕事で近所を歩き回ることしかできない分、このダルメシアンのお宅では休みの日に車で遠くまで出かけることも多くあります。

夏は犬仲間達とキャンプにもよく出かけるそうです。


ドッグランも十分楽しめますが、自然の中で過ごすアウトドアは格別なようですね。
犬友達ともずっと一緒に遊べるのですから、運動量の多いダルメシアンにはストレス解消にもなるでしょう。


なかなか十分な散歩時間が取れないとか、自宅の生活スペースがあまりないとか、ダルメシアンを飼う上で心配なこともあるでしょうが、そんな時は休みの日に思いきり遊ばせてあげる時間を確保してあげると良いかもしれませんね。



ダルメシアンの平均寿命は何歳?【まとめ】

・ダルメシアンの平均寿命は10〜13歳くらい
・オスとメスで寿命の差はなさそう
・胃捻転と尿路結石に十分注意を!
・たくさん走り回れる環境も元気の源になる


犬の寿命を考える時、私はいつも、大切なのは生きる長さではなく、生きる濃さだと思っています。

長く元気に生きてほしいと願うあまり、散歩を制限したり、神経質になって常に異常がないかと目を光らせたりするよりも、少しくらい雑でも、時にハメを外すくらいはしゃいでも、ダルメシアンの気持ちが楽しくなるような生き方をさせてあげる方が充実した生涯を送れるように思います。

ぜひ、あなたのダルメシアンも、のびのびと元気に生きられるようにしてあげてくださいね。