水族館でよく見かけるサメ、というと何種類かいますが、今回取り上げるネコザメは必ずと言っていいくらい展示がされているサメです。よく展示されているということは飼育がしやすいということに言い換えることもできます。

*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

一般家庭でもサメを飼育されている方はいます。サメを飼育するのも無理でないということです。私も子供のころ「俺、サメ飼っているんだぜ!」と自慢したいなぁとよく妄想したものです。というわけで今回はネコザメの飼育方法について、どんな餌を食べるかなど解説していきます!


スポンサードリンク




ネコザメの飼育には大きな水槽が必要になります!

ネコザメはサメの中では小型なほうですが、それでも大きくはなります。

自然界だと1mくらいの個体は普通にいます。水槽のような限られた環境下だと、成長は止まるとされていますが、それでも普通の人の感覚からしたら大きい水槽は必要です。目安は幅が120㎝以上の水槽です


ですがこれでも他のサメよりかは必要な水槽サイズは小さい方です。このネコザメの特徴の一つに「あまり泳がない」という点があります。普段は水槽の底でジーッとしていることが多いです。泳がない分、泳ぐスペースはそんなに必要ないわけです。これがもしよく泳ぐサメなら最低でも3mくらいの水槽は必要になってきます。

私は飼育員やっていたとき、90㎝の水槽で1年くらい飼育していました。それでも飼えなくはなかったですが、やはりすこし狭い印象があります。長期飼育を考えるとあまりおすすめはしないです。



ネコザメは肉食!餌は魚介類

ネコザメは多くのサメたちの例に漏れず、肉食です。

飼育員時代は魚肉、エビ類、貝類などを与えていました。餌付けでそんなに苦労したことは無いです。与えれば普通に食べると思います。

一般家庭の人の場合、ネコザメ以外で水槽に別の生物を入れることは稀かもしれませんが、一応書いておくと同じくらいの大きさの生き物または複数匹でネコザメを飼う場合はどの個体にもまんべんなく与えることを意識しましょう。

ネコザメはとても温厚なサメです。そのため他の生き物と喧嘩することも特にないのですが、温厚すぎてエサの取り合いには負けがちです。餌の時もマイペースに食べることが多いため、全員がしっかり食べられているか見てあげないと取り合いに負ける個体はみるみるやせ細っていきます。痩せ死ぬまで行くのはよほどの重症例です。気づいたらしっかり食べさせてあげればよほどのことが無い限り死にません。


ネコザメの餌事情

注意はしておこう。ネコザメの餌を与える方法

先ほども書いたようにとても温厚なサメなので、自らに飼育者に危害を加えることはしません。エサをくれることがわかってきたら、すりすり泳いで近づいてきてとてもかわいいです。ただネコザメは貝を殻ごと噛み砕く力はもっています。ネコザメに悪気はなくても本気で噛まれたら危険だと思います。口に不用意に手を近づけない方が良いです。エサを与える時は大きめのピンセットなどを用意して与えるようにした方がよいでしょう。

また背びれをよく見てみると、とげがあることがわかります。あくまで身を守るための体なので、刺してくることは無いですが、間違って刺さらないようには注意が必要です。



ネコザメは肉食なら魚介類以外の肉は食べるのか?推測してみた

映画の影響もあってか、サメは肉を食いまくる危険な生き物の印象ってありますよね。それならば、魚介類以外の肉、たとえば牛肉や豚肉は食べるのでしょうか?私は与えたことがないので、正直なんともいえないので推測になりますが、食べると思います。

ネコザメはあまり好き嫌いなく、与えた魚介類は基本食べていて、その様子からすると匂いにつられて普通に食べると思います。



ネコザメには魚介類以外の肉は与えないようにしましょう!

ただ、これも推測ですがそういった餌は与えないほうがよいと思います。人間にも魚にも、消化に適した食料は決まっています。細かくわけると、人間でも人種によって消化しやすい食料は決まっていますし、魚も消化に適した食料があります。

人間ではわかめや昆布といった海藻を例にすると、欧米人は消化しにくく、日本人は圧倒的に消化しやすい食料であることがわかっています。これと同じように、ネコザメは普段海で陸上動物の肉は食べていないので、それらに適した消化酵素もないのではと推測できます。おそらく匂いにつられてついつい食べるでしょうが、うまく

消化できず消化不良をおこすかもしれません。面白半分で与えないようにしましょう。


スポンサードリンク




ネコザメの飼育方法【まとめ】

今回はネコザメの飼育について簡単ですが書いてみました。飼育環境が用意できれば、ネコザメの飼育自体は簡単です。慣れてくると近寄ってくるようになるのもまたかわいいサメです。興味がある方はぜひ飼育されてみてはいかがでしょうか?