フクロウの鳴き声の種類と理由!ホーホーって鳴くとうるさい?

さんはフクロウ鳴き方といえばどんなものを想像しますか?
ほとんどの人が「ホーホー」だと思います。


*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

しかし実際は「ゴロスケホッホー」など聞いたことも、ましてや想像すらしたことないような鳴き方をします。
では今回はどんな鳴き方があるのか、鳴く理由。そして飼っている人は知っておきたいフクロウを鳴かせないための対策などを解説していきましょう




フクロウにはどんな鳴き方があるの?

「ゴロスケホッホー」

フクロウのさえずりはだいたいこのように聞こえ性別によって声が違います。
オスは透き通ったよく通る声色で鳴くのに対しメスは低く掠れたあまり響かない声で鳴きます。

何故かというとオスには喉袋というメスにはない特殊な部分があるためです。
オスはこれのお陰で声を2km先まで響かせることが出来ます。

「ホッホッホッホホホホホ…」、「ギャーッ!」

この鳴き方は地鳴きと言って、鳥が普段出している地声のことです。
主にフクロウの間でされる会話で使われます。
オスは「ホッホッホ」、メスは「ギャーッ!」と鳴きます。
知らずに聞いたら怖いですね。

「ワンワン」

これはフクロウたちが威嚇するときに出す声です。

意外な鳴き方をしますよね、知らない人もそんなにいないと思うので「フクロウの威嚇ってワンワンって言うんだぜ!」と自慢してみましょう。



フクロウの鳴き声の理由

フクロウが鳴く理由として考えられるのは餌が欲しいという意味の餌鳴き、発情期によるアピールの求婚、これ以上やったら攻撃するぞという意味の威嚇。この3つが理由として挙げられます。

餌泣き

まず一つ目の餌鳴き。これはその名前のとおりフクロウが親に向かって「ご飯くれー!」とおねだりしているときに出す声です。

本来なら大人になるにつれ、自分でご飯を取れるようになるため出さなくなる声なのですが、人間に飼われているフクロウは自分で取ることがないので精神的に親離れせず餌鳴きをするようです。

中には精神的にも自立して餌鳴きをしなくなる子もいるようです。

その場合は親子としてではなく、パートナーとして関係を築いていきましょう。


求婚

次に二つ目、発情期のフクロウが求婚をしているから。

フクロウの求愛行動は鳴いてアピールすることです。

この場合の鳴き声は女性の叫び声のように聞こえるため、襲われているのでは!?と勘違いする人もいるそうです。通報されないようにしたいですね。


威嚇

最後の三つ目は威嚇しているから。

動物たちが威嚇をするのは「これ以上近づいてきたりするなら本気で攻撃するからな」という最終警告の意味があります。
そもそも自然界で生きる動物たちはなるべく喧嘩をしたくありません。

何故かというと怪我し、そのまま命を落とす可能性があるからです。

好んで喧嘩をするのは人間ぐらいでしょう。

なので威嚇を無視した場合攻撃されること間違い無しなので、威嚇されたら今していることを即座に止めることをオススメします。


フクロウが鳴かないようにするには

結論から言ってしまうと完全に鳴かせないというのは無理です。

威嚇や地鳴きはなんとかなるかもしれないですが、餌鳴きや発情期によるものは回避出来ないでしょう。

なので騒音対策は防音材を設置したり、怒らせないようにしたりと人間の方が工夫してあげる必要があります。



フクロウの鳴き声の理由【まとめ】

ご飯が欲しい時、怒っているとき、求婚しているとき、他の子と会話するときなどフクロウも人間と同じく声でコミュニケーションを取ります。

なのでそれを完全に止めるのは絶対に無理です。

その声を聞き分けフクロウは今どんなことをして欲しいのその意図を汲み取ってしっかり要望に応えてあげることが一番の騒音対策になり、フクロウとの信頼感も深まって更に仲良くなれることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください