ゴールデンレトリーバーの毛はサラサラした長毛です。
夏は少し暑そうにも見えますね。

*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

飼い主さん達は夏場のゴールデンレトリーバーの毛をどのようにケアしているのでしょうか。

人気のライオンカットのやり方も見てみましょう。

スポンサードリンク



ゴールデンレトリーバーはカット不要?!

以前ゴールデンレトリーバーの飼い主さんに、トリミングについて聞いたことがあります。

ゴールデンって夏でもカットしていない犬が多いのです。
すると、こんな答えが返ってきました。



ゴールデンレトリーバーの毛は、カットすると次に生えてきた毛が太くて硬くなるから、伸びた時に余計に暑苦しくなるの。だからこのままにしておけば、サラサラしたままでいられるんですって。見た目はうっとうしいけれど、通気性はいいみたい」



なるほど。
それでカットしない飼い主さんが多いのですね。



でも、暑くてハァハァしている愛犬を見ているのがつらくて、夏場はカットしている飼い主さんもいます。

全身サッパリさせると、ゴールデンレトリーバーがラブラドールレトリーバーに変身するように見事に変わります。
毎年カットすることを続けるなら、夏場のカットも悪くはないのかもしれませんね。

スポンサードリンク



話題のライオンカットはどんなスタイル?

フワフワした飾りをヘアバンドのように犬の頭につけて、ライオン風にした画像を見ることがありますよね。
ゴールデンレトリーバーの場合は、それが自分の毛でできてしまうのです。



夏にサマーカットする時、頭の周りや胸元と尻尾の先だけ毛を残して、体と足を短くバリカンでカットします。
すると、たてがみが生えたライオンそっくり!

毛色もライオンに似ているし体も大きいので、遠目にはライオンが歩いているように見えます。



そうは言っても、顔周りはよだれや垂れた耳で汚れやすく炎症の原因にもなるので、カットするならスッキリさせたい部分でもありますよね。

そこで、体の毛は全て残し、尻尾だけライオン風に丸く仕上げるライオンカットをする飼い主さんもいるようです。

実際に見てみると、尻尾だけのライオンカットもインパクトが強くて人目を引きますよ。



ゴールデンレトリーバーの」ライオンカットはトリマーさんに頼む?自分でやる?

頭と尻尾の先、もしくは尻尾の先だけ毛を残して、あとは一気にバリカンでカットするので、自分でできそうにも思いますよね。

ゴールデンレトリーバーの飼い主さんの中には、自分でライオンカットをしている方もいるようです。



*子犬の頃から慣れさせるのがポイント

うちの犬もそうなのですが、犬は飼い主さんが相手だと「イヤイヤ」をはっきり出すところがあります。

うちの犬は1歳半で大人になってから我が家に来たこともあり、爪切り、カット、耳掃除、歯磨きやシャンプーをとても嫌がりました。
動き回ってやらせてくれないのです。



何とかある程度は自分でできるようになりましたが、爪切りとカットはトリマーさんにお願いしています。

不思議なことに、トリマーさん相手だと爪切りもカットもおとなしくやらせてくれるようなのです。
見知らぬ人だと甘えが通じないのでない、諦めるのでしょうね。



だから、ライオンカットを始め、全てのケアを自分でする予定であれば、子犬の頃から始めておくのをおすすめします。
まだ様子のわからない子犬のうちに、慣れさせておくのです。

小型犬なら短い時間でできるカットも、ゴールデンレトリーバーのような大型犬になると長い時間立たせておく必要があります。
カットする時は2人くらいで効率良く行うことも必要です。



ゴールデンレトリーバーのライオンカットの注意点

見た目には体がすっきりして涼しげになり、目を引くスタイルになるライオンカットですが、気をつけなくてはならないこともあります。



*カットした毛が生えてこないことも!

たいていの場合、カットした毛はすぐに伸びてくるものですが、時々そのまま生えてこないことがあります。



うちの犬も去勢手術の時にお腹からお尻にかけて毛を剃らなくてはならなかったのですが、手術後、お尻の毛は元どおりに生えたものの、お腹の毛はフワフワした柔らかい毛が多少生えただけで、3年以上経った今でも皮膚が丸見えです。



短くしすぎることで部分的にハゲたようになってしまわないようわカットは慎重に行いましょう。



*皮膚を痛める危険性がある

ゴールデンレトリーバーはダブルコートにより、皮膚を外の刺激から保護しています。

ライオンカットを目立たせるために体を思いきり短くしてしまうと、夏場の強い日差しが直接皮膚に当たり、トラブルを起こしやすくする危険があります。



自分でやる時はもちろん、トリマーさんにお願いする場合でも、長さの相談はしっかりとするようにしましょう。



ゴールデンレトリーバーのライオンカットはトリマーに頼らず自分で?【まとめ】

・ゴールデンレトリーバーのライオンカットは頭、胸元、尻尾の先の毛を残す
・尻尾だけライオンカットにするのもおすすめ
・自分でカットするなら子犬のうちから慣れさせる
・短くカットする部分の毛の生え方や皮膚へのダメージも考慮が必要



犬の被毛は、体を守る大切な役割を持っています。
素敵なスタイルは魅力的ですが、健康な生活に影響が出ないよう、しっかりと考えた仕上がりができると良いですね。