メンフクロウの飼育できる?生態や生息地を解説!

メンフクロウとは鳥網フクロウ目メンフクロウ科に属する猛禽類で、英名は「Barn Owl」、和名は「メンフクロウ」と命名されているフクロウの一種です。

このフクロウ、名前だけだとどんなフクロウなのか全然わからない聞いたこともないと思われがちですが実は多くの人が目にしたことのあるフクロウなのです。


*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

名作と呼ばれる映画「ハリーポッター」シリーズを観たことがありますか?
察しのいい人はこの時点でわかると思います。

そうです、この映画の中には何種類かのフクロウたちが登場しますがその中にメンフクロウも登場しています。きっと写真を見てもらえれば「あぁー!」ってなると思います。

それでは今回はそんな名前は知らないけど顔は知っている人も多いメンフクロウの生態や生息地、そして飼育方法などを見ていきましょう。

メンフクロウをペットとして飼育はできる?

もちろん犬や猫のようにペットとして一般的な動物ではありませんが、メンフクロウをペットとして飼育する事は可能です。

フクロウの中では比較的一般的な部類に入るでしょう。

メンフクロウは基本的にデリケートでストレスに弱いが比較的温厚で優しい性格をしています。

お値段はお値段は約15万円から20万円で寿命は約20年程度。

しかし完全な夜行性なうえ、けたたましい鳴き声を出すことがあるためマンションでの飼育はオススメ出来ません。

メンフクロウの生態って?

それではまず最初にこのメンフクロウは一体どんな生態をしているのか見ていきましょう。

メンフクロウは体長は約40cmぐらいの中型のフクロウです。

海外ではネズミを退治してくれるので大切にされています。日本でいうネコのような存在でしょうか。
そして大きな特徴は顔がハートのような形をしているところです。

またメンフクロウは漢字で書くと「面梟」と書きます。その由来は「顔の部分が仮面をつけたように見えるから」だそうです。そう言われれば見えなくもないですね。

メンフクロウも他のフクロウと同じ猛禽類なので主食はネズミや鳥の雛などの肉のみで完全な肉食で夜行性です。
またメンフクロウは夜中に「ギャー!」や「ガーッ!」というけたたましい鳴き声を出すことがあるようです。

なので近所迷惑になりやすいマンションで飼うのはオススメしません。

今自分が住んでいる状況で飼えるかどうかしっかり検討しましょう。

そしてメンフクロウは基本的にデリケートでストレスに弱いが比較的温厚で優しい性格をしています。

なので騒がしく予想不可能な行動を取る子供は大の苦手です。

子供がいるけど飼いたいという人は1部屋丸々フクロウにあげるのが良いでしょう。
大体のお値段は15万円から20万円、寿命は約20年程度です。

メンフクロウの生息地はどこ?

次にメンフクロウの生息地です。

メンフクロウの生息地はアメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、アジアなど寒いところから暖かいところまで幅広く分布しています。

そして住んでいる環境も広く、森林、草原、農耕地、なんと市街地まで。本当に様々なところに生息しています。街でみかけたらびっくりしちゃいそうですね。

しかしフクロウはワシントン条約で保護されているので見かけたからといって勝手に捕獲しては犯罪になってしまうのでしてはいけませんよ。

メンフクロウにとって過ごしやすい環境は?

簡単に言えば騒がしくなくストレスがない状況でしょうか。

アフリカなどの暑いところに生息しているフクロウなら気温をなるべく暖かくしたり、真逆の寒いところに生息しているなら暑くさせないなど気温を注意する必要がありますがメンフクロウは色々なところに生息しているためそんなに気にすることはないでしょう。

メンフクロウは飼育できる?【まとめ】

メンフクロウは基本的にデリケートでストレスに弱いが比較的温厚で優しい性格をしています。お値段はお値段は約15万円から20万円で寿命は約20年程度。

しかし完全な夜行性なうえ、けたたましい鳴き声を出すことがあるためマンションでの飼育はオススメ出来ません。

また全世界に幅広く生息しているのでとくに気温などは気にしなくても大丈夫そうということがわかりました。

映画「ハリーポッター」シリーズに登場しているメンフクロウのことが少しでもわかりましたか?

フクロウカフェにも多く在籍しているフクロウの中ではけっこうメジャーな種類なので気になったなら一度行ってみるのもいいかもしれないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください