昔は茶色の柴犬しか見たことがなかった記憶がありますが、最近は様々な毛色の柴犬が公園に集まってきます。
柴犬にはどんな色の種類があるのでしょうか。

*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

人気の色はどの色なのでしょう。
スタンダードな色から虎毛等、希少な色まで、柴犬の色の種類についてお話しします。

スポンサードリンク



柴犬の色の種類

大きく分けて、柴犬の毛色は赤、黒、白、胡麻の4種類に分かれます。
それぞれの特徴を見ていきましょう。


赤柴と呼ばれる、柴犬のスタンダードな色です。
「赤」 となっていますが、実際はこんがりきつね色に焼けたトーストみたいな柴犬の色を指します。

柴犬の大半がこの色なので、目にする機会が多いでしょう。
色の濃淡は様々で、薄めの茶色の子もいれば、オレンジ色に近い明るい色の子もいます。

そして、お腹の辺りと尻尾の内側は白いようです。



全体的に黒い毛色の柴犬です。黒柴と呼ばれます。
赤柴に比べると、その数は半分以下になります。

身体に占める黒毛の比率は様々で、顔もアンダーコート(内側の柔らかく細い毛)も黒い子もいれば、顔やアンダーコートは白っぽい子もいます。

夏になると、暑さやアレルギー対策で身体だけバリカンで刈っている黒柴が近所に2匹いるのですが、1匹の子は黒いままなのに、もう1匹は全身が白っぽい灰色になっていました。

また、シベリアンハスキーのような模様の子もいます。
黒柴は全体的に若い柴犬が多いので、近年増えてきた色の種類なのではないでしょうか。



赤柴同士や黒柴同士で交配していくことによって色味が薄まり、白柴が誕生したそうです。
これはライオンやトラなどでも見られる「白変種(はくへんしゅ)」 という変化になります。

メラニンが減って白くなる「アルビノ」 とは違うのですね。
もちろん白変種は身体に何の問題もありません。

私も白柴を何匹か見ましたが、みんな元気です。

ただ、個体数は黒柴よりもさらに少なくなります。
白柴は文字通り白い被毛で、光に当たると先端か金色に輝いて見えたりしてとても綺麗です。

白柴の白い色は、純白というよりは柔らかい優しい色合いの白の子が多いです。
薄くベージュの色味が入っている子もいます。



胡麻(虎毛)

別名「虎毛」とも言われる、珍しい色です。
赤、黒、白が混ざって虎を思わせる野性的な雰囲気を持つ胡麻柴は、柴犬の中で最も希少な色の種類です。

その中でも、赤みが多いものを赤胡麻柴、黒みが多いものを黒胡麻柴と呼び、その配色は個体によって様々です。
どんな模様が現れるのか、年を重ねて変化していく様子が楽しめるのも胡麻柴の面白いところではないかと思います。


スポンサードリンク




柴犬の人気はこの色

私が普段目にしている印象だと、赤柴が圧倒的に多いです。

一番柴犬らしさを感じる色だというのも理由の1つなのでしょうが、色よりもお店で出会って惹かれたというインスピレーションを感じた飼い主さんや、個人のお宅で産まれた子犬を譲ってもらい、その子が赤柴だったという飼い主さんも多いようです。

そして、個体数が少ないと言われる割によく見かけるのが黒柴です。
黒柴はまだ知らない方もいるらしくて、「この犬、何の種類なの?」と聞かれることもあるようですが、お店で黒柴を選んで迎える飼い主さんは増えているように思います。

私が見ている中では人気急上昇の色ではないかと思います。
一方、白柴も注目の色です。

以前はお店では赤柴のみ、黒柴がいれば珍しいなぁという印象でしたが、最近は白柴もいることが多くなってきました。
白柴を求める方が増えてきているのだと思います。

うちの周りでは、2匹の白柴がいますが、どちらの子もとても美しい毛並です。

日本犬なのに洋犬の雰囲気も持っている白柴は、この先人気が出るだろうと予測しています。

胡麻柴については、もしかしたらという子はいるものの、はっきりと虎毛模様と認識できる子にはまだ出会ったことがありません。

人気が出ていたとしても、個体数が他の色の種類と比べてかなり少ないため、なかなか出会うことが難しいのが虎毛の子なのでしょう。
虎毛の柴犬は私も興味があるので、お散歩の時に出会ってみたいものです。


年齢と共にこんな変化も

全く違う色になるということはありませんが、人間が年齢を重ねると白髪が増えてくるように、柴犬にも白い毛が増えてくる子がいるようです。

子犬の頃は全身真っ黒とか真っ赤(茶色)だったのに、シニアに差し掛かるにつれ口の周りなどが白くなったという飼い主さんの話を聞くことがあります。
知り合いの赤柴は、今では顔全体、まつ毛まで真っ白です。

でもそれはそれでキラキラした白さでとても綺麗でした。
胡麻柴も、前述したとおり換毛を繰り返す中で少しずつ虎毛の模様に変化が現れ、印象が変わってきます。



虎毛の柴犬とは?柴犬の色の種類と人気の色について【まとめ】

柴犬ははっきりとした色の違いがあり、どの色の子もとても魅力的ですね。
これから柴犬をお迎えする予定のある方は迷ってしまうかもしれません。

色の種類で選ぶも良し、出会った瞬間の印象で選ぶも良し、どの子もきっと素敵な子だと思います。
是非、あなたのオンリーワンを見つけてあげてくださいね。