シニアに差し掛かると毛が白っぽくなってくる犬がいるのは知っていましたが、シーズーの場合、それ以外にも毛色が変わることがあるのでしょうか。

*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

うちの犬は、生まれた時は真っ黒でした。

でもそれは、チワワとシーズーとミニチュアピンシャーのミックスだからだと思っていました。
純粋なシーズーだったら、毛色は生涯同じで変わらないのでしょうか。

今日はシーズーの毛色の種類と、その変化についてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク



シーズーの毛色の種類

シーズーは他の犬種よりも、多くの毛色が認められている犬です。
そのため、様々なカラーバリエーションがあります。

*パーティーカラー

ホワイトをベースに、ブラックやゴールドが入る毛色です。
ホワイト&ブラック、ホワイト&ゴールド、ホワイト&グレーが一番多く、人気があります。
私が散歩中に会うシーズーも、ほとんどがこのタイプです。

一般的に、パーティーカラーは目の周りから耳にかけてと、尻尾に色が入りますが、時々ホワイト、ブラック、ゴールドが均等に入ったり、体にも斑点が見えたりと、色の入り方に違いが見られるシーズーもいます。


*ソリッド

ブラック、ゴールド、グレー、ホワイトの単色のみのシーズーもいます。
とても珍しい毛色なので、私は出会ったことがありません。

もしかしたら、すれ違った程度ではシーズーだと気づかないかもしれません。
特に白だと、マルチーズやペキニーズと間違えてしまいそう。
ペキニーズにはブラックもあるので、ますますわからなくなりそうです。


*ブリンドル

こちらも珍しい毛色の種類になりますが、ブラックをベースに、ゴールド(茶褐色)が入った毛色になります。
フレンチブルドッグに多いカラーですが、シーズーでもこの毛色が生まれることがあります。

シーズーはホワイトベースのイメージが強いので、ブリンドルのシーズーがいても、やはりすぐにシーズーだとは気づけないかもしれませんね。

スポンサードリンク



シーズーの毛色は変わる?

話を聞いていると、どうやらシーズーの毛色は年齢とともに変化してくるようです。

ホワイトがブラックになるような極端な変化ではありませんが、毛色の濃淡や斑点の出方が変わってくると話していた飼い主さんがいました。


うちの犬も、変化しています。
ミックスなので参考にはならないでしょうが、生まれた時はブラック、数ヶ月でシャンパンゴールドになり、我が家に1歳半で来た時は、耳だけブラウンになっていました。

そして現在は、首から背骨のラインに沿ってだけブラックになってきています。


*ソリッドにこだわるならブリーダーからの購入を

私の場合は毛色で選んだわけではないので、むしろ色の変化を楽しんでいますが、中にはシーズーのソリッドにこだわって迎えようとする方もいると思います。

ソリッドも毛色の変化が起こる可能性があります。
徐々にパーティーカラーになることもあるようです。

もしソリッドで生涯過ごしてほしいと願うなら、専門のブリーダーさんから購入することをおすすめします。

ブリーダーさんであれば、両親の毛色も把握しているので、責任を持って子犬を紹介してくれるでしょう。



シーズーのカラーとして認められない「ミスカラー」

ほとんどの毛色が認められているシーズーですが、中には「ミスカラー」なんて不名誉な呼び名が付けられるケースもあります。

パーティーカラーのはずが、片側にしか色が入らなかったり、中途半端な薄い毛色が入ってしまったりすると、ミスカラーとなるようです。

でもこれは、スタンダードなシーズーの毛色という観点からの「ミス」です。
失敗作のようには考えないであげてくださいね。

でもミスということは「あまりない毛色」ということなので、むしろ私は興味が湧きます。
変わった毛色のシーズーなんて、とても素敵じゃないですか!



シーズーの毛色の種類をご紹介!【まとめ】

・シーズーの毛色の種類は、パーティーカラー、ソリッド、ブリンドルがある
・年齢を重ねると毛色が変わるシーズーもいる
・時々「ミスカラー」と呼ばれるスタンダードから外れた毛色になることもある


子犬を迎えると、飼い主さんのスマホの写真は、ほぼ犬になりませんか?
同じアングルなのに何枚も撮影していて、どれも可愛くて削除できないこともあります。

私のスマホも、99%が亡くなったフェレットと今の犬の写真です。
でも同じ犬の写真でも、その時によって毛色が変わっていたとしたら何だか新鮮じゃないかなぁと思ったりします。
飼い主は連続した時間の中で犬を見ているので、その変化に気づかないこともあります。

でも一瞬を切り取る写真には毛色の変化が記録されます。
「こんな色だったのかぁ」と、懐かしく思い出す日が来るかもしれませんね。

そんなふうに考えると、毛色が変わることは、ひとつの楽しみになるように思います。