シーズーがテディベア?!耳を丸くしちゃうのかな?
と思われるかもしれませんが、ちょっと違います。

*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

テディベアカットとは、「顔を丸くカットする」というデザインです。

シーズーは毛がよく伸びる犬種なので、色々なカットが楽しめます。

今回は、初めてのトリミングでおすすめの「テディベアカット」を見てみましょう。
自宅でできる簡単なケアのコツもご紹介しますよ。

スポンサードリンク



シーズーに限らず、トリミングはサロンにお任せが安心・安全

シーズーに限らず、トリミングが必要な犬は、自分でやるよりもトリミングサロンにお願いする方が、私は安心で安全なように思います。

私も初めは「何でも自分でやりたい」と思って、自分の犬のカットや肛門腺絞りにも挑戦してみました。
でも、すごく難しい!


私の犬は天然パーマのような不規則に伸びる毛質な上に、私がハサミでカットしようとするとモゾモゾ動き出しました。

ただでさえカットしづらいのに、動かれたら危なくてハサミを向けられません。
思い切ってカットしたら、直線的な妙な切り口になり、そろえるどころかひどくなる一方でした。


肛門腺絞りに至っては、病院でやり方を教わったものの、「あまり強く押すと肛門腺が破裂するので気をつけてください」の一言が心に重くのしかかり、怖くて力加減ができませんでした。


そんなことが重なり、諦めてトリマーさんにお願いしました。
自分でやろうとしてできなかったことを話すと、トリマーさんはうなずきながら言いました。

「犬って、人間の髪の毛と違って、あちこちに毛の向き先があるんです。プロに任せてもらった方が良いですよ」
なるほど。


自分でやることにこだわって万が一怪我をさせることがあれば、犬の恐怖心をあおり、トリミングサロンすら利用できなくなる可能性があります。

やり方は簡単でも、犬がおとなしくしていてくれないと、うまくできないのですね。
無理せずプロに任せようと、その時決心しました。

スポンサードリンク



シーズー、テディベアカットのやり方は顔を丸く耳は顎のライン

「テディベアカットにしてください」とお願いすればトリマーさんはすぐ理解してくれますが、もしかしたら、「耳の長さはどうしますか?」と、聞かれるかもしれません。

シーズーは垂れ耳ですが、垂れた状態で顔の半分くらいまでしか長さがありません。
そのため、毛の長さを調整することで変化が付けられるのです。


*耳に変化を付けてバリエーション豊かに

顔を丸くするテディベアカットの時、もし耳の長さで迷ったら、まずは「顎のラインにそろえる」ことをおすすめします。
おかっぱ頭のようにスルンと両サイドを覆う姿は、メスはもちろん、オスでも可愛らしく魅せてくれます。

手入れが楽な方が良ければ、ボブ調に短く揃えてもらうのも良いでしょう。
顎のラインで揃えるよりもアクティブな印象で、頭に花飾りを付けたようなポップな感じに仕上がります。


逆に、顎よりもずっと長くしてしまうのもおすすめです。
近所に耳の毛を足にかかるくらいに伸ばして、三つ編みにしているシーズーがいます。
おさげ髪のシーズーも、とてもチャーミングですよ。



シーズー、次のトリミングまでのセルフケアのコツ

シーズーは毛が伸びるのがとても早い犬種です。
特に冬場、寒くないようにと長めのカットをお願いすると、翌月のトリミングまでにはモッサリしていることもしばしば。

顔周りは目が隠れてしまいそうなくらい、伸び放題になってしまいます。
犬は比較的目ヤニが出やすい傾向がありますが、シーズーにも当てはまります。

毛が長くなるほど目ヤニが付着しやすく、一度こびりつくと「涙ヤケ」という赤茶色に着色された状態になってしまうので、目元は常に清潔に保ってあげてくださいね。


*コームの使用が安全カットのコツ!

無理にやる必要はありませんが、気になった時は目の下の毛をカットしてみましょう。
この時、必ず愛犬が落ち着いている状態でいることが大切です。

落ち着いているように見えても、不意に動くことがあります。慎重に行いましょう。


まず、コームを下向きに持ちます。
そのままそっと目の下の毛にコームを入れます。
毛先がコームから手前に飛び出てくるので、少しコームを外側に向けます。
飛び出た毛先をハサミでカットします。
ハサミは小さく開いて、少しずつカットするのが安全に行うコツです。


いきなり目元に挑戦するのが心配な場合は、足などのやりやすいところで練習してからでも良いかもしれませんね。

目元にコームを当てることで、「目→コーム→ハサミ」となり、コームが目をガードしてくれます。
くれぐれも、目や皮膚にハサミが当たらないようにご注意くださいね。



シーズーのテディベアカットのやり方と自宅ケアのコツをご紹介!【まとめ】

・テディベアカットとは顔を丸く見せるカット方法
・耳は顎のラインに揃えるのが一般的
・耳の毛の長さを変えてアレンジも!
・セルフケアはコームを使用するのがコツ

自分の犬は、いつも可愛らしく整えてあげたいですよね。
衛生面からも、トリミングを意識することは、とても大切だと思います。

私も現在、ショートの耳の長さで揃えるテディベアカットに挑戦中です。
可愛くなると、本当に心が弾みますね。