フルコートのシーズーでよく見られる「トップノット」ショードッグになると、とてもゴージャスで優雅な印象です。


「トップノット」とは、日本語に訳すと「冠毛」頭頂部に伸びる毛のことを指します。

*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

ここをちょんまげやポニーテールのように結ぶことを、トップノットと呼ぶこともあります。

ショードッグのスタイリッシュなトップノットはやり方が難しくなりますが、飼い主さんが気軽にできるトップノットもあります。

今日は、トップノットをやるための毛の伸ばし方と、簡単にできるやり方をご紹介します!

スポンサードリンク



シーズー、トップノットを作るための毛の伸ばし方

トップノットは頭頂部の毛のことなので、頭のてっぺんの毛を伸ばす必要があります。

伸ばし方自体は全く難しくありません。
もしトリミングに行っているなら、トリマーさんにそのことを話し、トップノットを残してもらうようにお願いしましょう。


ただし、伸ばし方は簡単でも時間はかかります。

うちの犬はシーズーが入ったミックス犬だからかもしれませんが、1ヶ月で2〜3センチ毛が伸びます。

でも純粋なシーズーだとそこまでは伸びないかもしれません。
結べるようになるまで、半年〜8ヶ月くらいは我慢して伸ばす必要がありそうです。

*伸びきるまではパッチン留めのヘアピンが便利

人間も、ショートからロングヘアにしようと思った時に、肩の辺りに差し掛かる辺りでくじけそうになりませんか?
肩に当たると、髪ってめちゃくちゃに跳ねまくりますよね。

シーズーの毛はしなやかなので人間のように跳ねたりすることは少ないですが、頭全体がモッサリして、特に夏場はとても鬱陶しくなります。

毛が目の周りに覆いかぶさると、シーズーも不快だし、目が小さく見えてしまうので飼い主さんも憂鬱になるかもしれません。


そこでおすすめなのが、犬用のパッチンピンです。
差し込んでパチンと留めるピンで、トップノットを留めてあげると、目も大きく見えるし、スッキリした印象になりますよ。

スポンサードリンク



シーズーのトップノットのやり方

シーズーのトップノットが20センチほどに伸びたら、いよいよトップノットスタイルに挑戦です!

やり方はいくつかありますが、一番簡単にできて綺麗に仕上がるのは、アレンジスティックを使ったやり方です。
アレンジスティックとは、プラスチック製のヘアアレンジアイテムです。

レンズのない虫眼鏡のような形状で、結んだ髪をフンワリ仕上げてくれるものです。
100円ショップなどで簡単に手に入るので、ご自分の髪のアレンジで使ったことがある方もいるのではないでしょうか。

1.トップノットを作る毛を取り分ける

初めに、結ぶ毛をコームで取り分けます。
正面は目尻のライン、後ろは頭頂部を境界線にして毛を分けましょう。
この時、シーズーが痛がらないよう、毛の引っ張り過ぎに注意してください。


2.取り分けた毛束を尻尾に向かってゴムでまとめる

取り分けた毛は、尻尾に向かってまとめながらとかします。
そのまま、細めのヘアゴムで後ろに向かって一つに束ねます。

結ぶ位置は、頭の少し後ろ側がベストです。目の周りがスッキリして見えます。
束ねた毛を、バランスよく開いてあげると、頭の後ろ側にフンワリと広がって冠のようになります。


3.アレンジスティックで前面に膨らみをつける

ゴムで束ねただけでも印象が変わって可愛らしいのですが、ここからもう一段階アレンジしてみましょう。

アレンジスティックの輪と反対にあるスティック部分の先端を、目の間の毛に差し込みます。
そして、毛に沿わせながら、束ねたゴムのすぐ上にスティックを差し込みます。

輪の部分がゴムのところに来るまで、しっかり差し込みましょう。



輪の部分に、上から束ねた毛を入れます。
全部が輪の中に入ったら、アレンジスティックの先端を持って、ゆっくりと尻尾側に引き抜きます。

こうすることで、目の上の部分に膨らみを付けることができます。
これで完成です♪



やり方はそれほど難しくありません。
でも、シーズーが嫌がって動いたりすることもあるので注意が必要です。

特にアレンジスティックの先を目の間の毛に差し込む時は、スティックが目に入らないように慎重に行ってくださいね。



シーズー、トップノットは長く身体は短くも可愛い!

トップノットを作ると、頭はゴージャスな印象になります。
ではその時、体はどんなスタイルが似合うのでしょうか。


ショードッグになると、シーズーの場合は全身を伸ばすフルコートがスタンダードになりますが、フルコートではお手入れが大変……という方は、体をバリカンで丸刈りにしてしまうスタイルもおすすめです。

頭、足、尻尾だけ伸ばして体を丸刈りにしたスタイルなら、寒い時は洋服を着せることで防寒もできますし、夏はそのままで涼しく過ごせます。



また、頭だけ伸ばして、首から先の部分は均一にカットしてもバランス良く見せることができます。
ご自分のシーズーに似合うデザインを試してみてくださいね。



シーズーのトップノットで遊ぼう!【まとめ】

・トップノットの伸ばし方は半年〜8ヶ月ほど我慢して伸ばすこと
・トップノットの作り方はアレンジスティックを使うのがコツ!
・体や足、尻尾のカットで変化を付けるのも可愛い


自分の子供のように可愛いシーズーだから、少しでも可愛く見せたいと思うのは、飼い主さんなら当然考えますよね。
トップノットを作ってリボンを付けるだけで、シーズーはうんと可愛らしくなります。

是非、男の子のシーズーでも、トップノットに挑戦してみてください。
きっととても粋な仕上がりになりますよ!