西川龍馬って筋肉あるの?トレーニングの内容とは!

広島カープでレフトを守っていた西川龍馬選手。

他の外野手と比べると細く見えてしまいがちな気がしますが、どのくらい筋肉があるのでしょうか。

オフシーズンのトレーニングに注目してみました。


すると、例年、鹿児島県の徳之島で自主トレを行っていることがわかりました。

また、オフごとのそれぞれの課題に加え、体重の増加を毎年の課題にしているようです。

この記事では、西川龍馬選手の筋肉、そして、トレーニングについて明らかにしていきます。



スポンサードリンク


西川龍馬の筋肉!徳之島での合同自主トレ

西川龍馬選手は筋肉量をアップさせるため、毎年、鹿児島県の徳之島で合同自主トレを行っています。

福岡ソフトバンクホークス所属で1学年先輩の近藤健介選手らとともに、トレーニングに励んでいました。

オフごとに平均3キロから4キロほど増量しているそうで、それがすべて筋肉だと思うとすごいですよね。

自主トレでは、ピラティスを取り入れたトレーニングや、近藤選手のお母さんの手料理による栄養管理に支えられました。

筋肉量が増加したことはそのまま長打力アップにつながり、二塁打や本塁打の数も増加しています。

西川龍馬選手は徳之島での合同自主トレに手ごたえを感じており、キャンプが楽しみだと話しています。

パ・リーグで最高出塁を経験したことのある近藤選手からは高い集中力を持続させるための術も学んだようです。

筋肉量も大事ですが、何よりも高いパフォーマンスを発揮することが求められています。

メンタル面でも成長することができるのは、西川選手にとってとても良いことなのではないでしょうか。



移籍後のトレーニング

西川龍馬選手は2023年11月14日にFA宣言をしました。

そして、オリックス・バファローズと契約したことが明かされました。

2024年シーズンは新天地での開幕となるわけですが、例年通り、鹿児島県の徳之島で合同自主トレを行いました。

例年通り筋肉量の増加を1つの課題として掲げました。

野球スキルコーチからは打撃理論と技術を教わったそうで、「新しい発見があった」と語っています。

近藤選手からは、パ・リーグの投手の傾向について詳しく聞き出したようで、良い投手、悪い投手など、多くのことを聞けたみたいです。

西川龍馬選手と近藤選手は同じパ・リーグで戦うことになりますが、情報をやり取りしているのがなんだかほほえましいですね。

新打法も試しているようで、2024年シーズンの開幕がとても待ち遠しいです。

2月に行われる春季キャンプでは、1軍にあたるAグループのメンバーに入ったことが球団から発表されました。

新しいチームに早く慣れてもらって、公式戦で活躍する西川選手をたくさん見たいです。



ケガ後のトレーニング

西川龍馬選手は、ケガによって1軍を離れるということもありました。

オフシーズンにケガの回復をする、という期間もあり、順調にトレーニングを積むことができないこともあったようです。

2020年11月に受けた右足首の手術から復帰する際は、年末までウエイトトレーニングのみに制限されていたようですが、「しょうがない」と受け止め、我慢してきました。

その後、年が明けた2021年1月11日に軽いランニングを再開、12日にはティー打撃を再開させました。

実に66日ぶりのバットでした。

さすがに打った感覚は悪くなっていたようで、約2カ月のブランクに不安しかなかったみたいです。

しかしながら、見事復活を遂げ、開幕から3番打者を務めました。

西川龍馬選手の努力がうかがえますね。



スポンサードリンク



西川龍馬の筋肉【まとめ】

西川龍馬選手の筋肉について調べてみました。

近藤選手らとの合同自主トレでは筋肉量を増加させることを目標にし、毎年体重を増やしています。

広島カープ入団時と現在の写真を横に並べて見比べてみるとわかりやすいかもしれません。

下半身を中心に鍛えているみたいなので、ぜひ太ももに注目してみてくださいね!