投資で得られた利益(運用益)にかかる約20%の税金がゼロになるお得な制度、積立nisa。

少額からコツコツ始められるので、若いうちから将来に向けての資産形成に利用にもおすすめです。

*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

そんな積立nisaは何歳から利用できる?といった年齢制限について調べてみました。


2024年から制度改正が決まっているジュニアNISAについても合わせて紹介していきます。

スポンサードリンク



積立nisaは何歳から利用できる?

積立nisaとは、2018年1月からスタートした少額から利用できる長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度の事です。

日本に住む20歳以上の方が利用することが出来ます。



投資商品を購入できる金額は年間40万円まで20年間投資が可能。

月々や毎日購入などの積立方法を選択することが出来ます。



投資商品は金融庁が厳選した公募株式投資信託と上場株式投資信託(ETF)に限定されており、100円から購入可能で投資初心者でも利用しやすい仕組みとなっています。

積立nisaと一般nisaはどちらか一方のみ利用することが出来ます。



20歳以上の誰でも利用開始出来て年齢の上限や職業、年収等の制限がないので誰でも挑戦しやすい投資信託です。

スポンサードリンク



ジュニアNISAは何歳から利用できる?:2023年までで廃止

2016年から未成年者でも利用できるNISAとしてジュニアNISAがスタートしました。

口座の名義人は0~19歳までの未成年が対象で実際の運用は両親や祖父母が管理を代行します。



ジュニアNISAを利用すれば何歳からでも利用できるということになります。

ジュニアNISAは年間80万円までの非課税枠で最長5年間運用ができます。



大学資金を積み立てるという目的をもとに作られており、口座名義人が18歳になるまで引き出すことが出来ないという条件つきであったため使い勝手が悪く不人気でした。



20歳になればNISA口座が開設できるので、利用していたジュニアNISAの資産を移し替えることが可能になります。


18歳になる前に途中で積立金を引き出す場合は過去の利益に対しても税金がかかってしまうので、お金が必要でピンチの時に使いづらいものになっていました。


2019年12月にNISAの制度が改正になると発表があり、一般NISAや積立nisaは2024年からリニューアルされ、ジュニアNISAは2023年までで廃止になると決定しました。



2024年までの時点で口座名義人が18歳未満であっても引き出すことが可能となります。

ジュニアNISAの新規口座開設期間は2023年までで以降制度自体が終了となります。



2024年以降払い出しに18歳以降からの年齢制限が無くなり、いつでも引き出すことが出来るようになるため使い勝手が良くなったという見方もあります。

ジュニアNISAは子どもや孫の将来のために親世代が運用していくことが原則なので、制度終了までに準備して20歳以降NISAに切り替えるという使い方もできます。


2023年以降日本の成人年齢が18歳に引き下げられる予定であるため、NISAが利用開始できる年齢も18歳になるのではと予想されています。



ジュニアNISAの始め方

ジュニアNISAを始めるには、まず初めに未成年者本人名義の口座開設が必要になります。

ジュニアNISAは一度商品を選んで利用を開始すると金融機関を含めて変更することが出来ないのでどこの銀行や商品を利用するかを慎重に選びましょう。


NISA開設にはマイナンバーなどの本人確認書類等の準備も必要になります。

ジュニアNISAを始める手順は、

①未成年口座・ジュニアNISAの申し込みを行う

②口座開設書類の返送(未成年者のマイナンバーや登録親権者の本人確認書類など)

③申請後未成年口座の開設が完了

④投資商品を選び、積立設定をしてジュニアNISAスタート

ジュニアNISAは利用者本人ではなく、親権者が代理で行う関係により手順や提出書類が多く手間がかかってしまいます。

面倒ですが、子どもの教育資金準備や財産の生前贈与、子どもにお金の運用方法を教えられる等のメリットもあります。


早めに始めたほうが、運用期間を長く利用できるのでやってみたいなと思ったら、利用してみましょう。



積立nisaは何歳から利用できる?年齢制限やジュニアNISAを解説!【まとめ】

・積立nisaは日本に住む20歳以上の方なら誰でも利用が出来る
・積立nisaは各年齢に応じて何歳からでも利用することが出来る
・未成年者が利用出来たジュニアNISAは2023年に廃止が決定
・ジュニアNISAは2024年以降、払い出しの年齢制限がなくなりいつでも引き出せるようになる
・NISA口座は一度選ぶと変更できないので、慎重に選ぶ

資産運用は若いうちからコツコツ始めて長い期間をかけて資産を運用した方がお得です。

気になったらすぐに始めてみましょう!!