富良野のラベンダーの見頃は?おすすめの時期やラベンダー畑も紹介!

富良野はラベンダーが有名ですが、ラベンダーの見頃はいつ頃なのでしょうか。

富良野にはラベンダー畑もたくさんあり、どこに行けばいいかと悩んでしまいます。


この記事ではラベンダーの見頃やおすすめのラベンダー畑、ラベンダーツアーも紹介しますので、ぜひ最後まで読み進めてください。



スポンサードリンク


富良野のラベンダーの見頃はいつ?

富良野市で1番多い品種の「おかむらさき」は7月中旬から満開となり、7月下旬まで一面を紫の絨毯に変え、観光客を楽しませてくれます。

8月になると刈り取りが始まる畑もあるので、ラベンダーを見るなら7月中に行く予定を立てるのがよいでしょう。

早咲きの品種もあり、6月下旬に開花が始まり7月上旬から7月中旬に満開になるので、混雑を避けるなら、少し早めの予定を立てるのもよいでしょう。

ラベンダーの開花情報は「ふらの観光協会」で更新されているので、見頃のスポットをチェックするのがおすすめです。



富良野のおすすめラベンダー畑

*ファーム富田

北海道随一の広大なラベンダー畑が広がり、国鉄のカレンダーでラベンダー畑が紹介されたことで知名度が高まり、全国から観光客が訪れるようになりました。

トラディショナルラベンダー畑といわれる花畑は、まるで紫の絨毯のようで、感動すること間違いありません。

*ファーム富田 ラベンダーイースト

ラベンダーオイル生産のために作られた日本最大級のラベンダー畑で、7月下旬には刈り取り風景も見学できます。

畑の中を走るラベンダーバスで広い畑の中を、雄大な景色とラベンダーの紫の絨毯を観賞でき、歩き疲れたときは園内にある足湯を楽しみ、ここでしか食べられないラベンダーホワイトチョコレートのソフトクリームを食べながらゆったりとした時間を過ごせます。

*フラワーランドかみふらの

広大な敷地を生かした迫力ある花畑が人気で、ラベンダーと色とりどりの花のコントラストを楽しめます。

園内を巡る遊覧車トラクターバスで園内を散策したり、ラベンダーの香りが爽やかで、すっきりとした味わいが人気のラベンダーソフトもおすすめです。

*ハイランドふらの

富良野市内では最も大きいラベンダー畑で、散策ができるラベンダーの森の遊歩道や露天風呂もあり、温泉に入りながらラベンダー鑑賞を楽しむことができます。

*日の出公園ラベンダー園

ゆるやかな丘に広がる町営のラベンダー畑で、観光公園として観光客や地元の人たちにも愛されている公園で、園内にある「愛の鐘」をたくさんのカップルが訪れ、鐘を鳴らすデートスポットとしても有名です。



富良野ラベンダーツアー

富良野のラベンダーを見たいけど、どこに行ったらわからない場合や他の観光スポットを詳しく調べる時間がない場合はツアーを利用してもよいでしょう。

ラベンダーの観賞と他の観光スポットがセットになっているツアーや宿泊先からのバスツアーや観光タクシーのツアーもあるので、自分にあったツアーを利用するのも。

ツアーではないですが、6月〜10月に期間限定で運行する「ノロッコ号」もおすすめです。

富良野と美瑛・旭川間を走るJR北海道の臨時列車のトロッコ列車で、ファーム富田から徒歩約7分のところの臨時駅「ラベンダー畑駅」が登場し、大雪山を望みながら、風に乗ってくるラベンダーの香りに心を癒やされます。



スポンサードリンク


富良野のラベンダーの見頃【まとめ】

富良野のラベンダーの見頃は7月中旬〜7月下旬で満開のラベンダーを見ることができます。

富良野にはラベンダー畑が多く、ラベンダー畑によって違う景色を楽しめるので、見たいラベンダー畑や観光コースによって行けるラベンダー畑を見つけて、満開に咲くラベンダーを楽しんでください。

自分でラベンダー畑を決めきれない場合や交通手段に悩んだときは、ラベンダーツアーに参加するのもよいでしょう。