富良野で絶対食べたいグルメは?ご当地グルメやおすすめを紹介!

富良野はメロンやとうもろこし、乳製品など特産品も多く、それらの美味しい食材を活かした料理を食べられるお店がたくさんあります。

富良野に行ったら、絶対食べたいグルメやご当地のデザートがあります。


画像はイメージです

この記事では、富良野に行ったら絶対食べたいグルメとご当地グルメを食べられるお店を紹介しますので、ぜひ最後まで読み進めてください。



スポンサードリンク




富良野で絶対食べたいグルメ

富良野は意外かもしれませんが、カレー屋が多く、富良野のご当地カレーのオムカレーや北海道の定番のスープカレー、普通のカレーと種類も豊富です。

オムカレーを食べるなら、富良野駅前にある「唯我独尊」がおすすめで、全国にファンが多く10種類以上のメニューがあり、初めていくなら看板メニューのオムカレーや自家製ソーセージ付きカレーがおすすめです。

唯我独尊では、独自のルールがあり、ルーが足りなくなると合言葉の「ルールルルー」と言うと、ルーを追加してもらえるので、ご飯を大盛りで頼んでもルーが足りなくなる心配がありません。

北海道名物のスープカレーを食べるなら、富良野市役所近くにある「ふらのやスープカレー」がおすすめで、地産地消にこだわったスープカレーは、お店自慢のやわらか骨付きチキンや道産野菜などを使った8種類のスープカレーと7種類のルーカレー、お子様カレーもあり家族みんなで楽しめるお店です。

カレー以外にもラムやチーズなどの北海道ならではの食材を使ったグルメもあり、豚肉や牛肉のしゃぶしゃぶが一般的ですが、ラムを使ったラムしゃぶが北海道の家庭料理として食べられます。

「しゃぶしゃぶ処 千成」は、ラムだけではなく、単品で牛肉や豚肉のしゃぶしゃぶを注文することができるので、3種類の肉を変えながら楽しめますが、定休日が不定休なので、事前に確認するのがよいでしょう。

郷土料理が食べられる「くまげら」は、和牛ローストビーフ丼やホエーカレーなどの人気メニューのほかに、富良野産の玉ねぎやキャロシーを酒粕に漬けた一品料理や鹿肉、熊肉のしょうが焼きなどマタギ料理も楽しめるお店です。



富良野のご当地デザート

富良野は酪農も盛んで、チーズなどの乳製品を使った美味しいデザートもたくさんあり、富良野に行ったら絶対食べたいグルメのひとつです。

「富良野チーズ工房のピザ&ソフトクリーム」の手作りジェラートは、富良野ミルクの素材そのものの味を楽しめる手作りジェラートで、隣のチーズ工房でチーズたっぷりのピザを食べ、食後にジェラートを食べれば富良野の乳製品を満喫できます。

「菓子工房フラノデリス」のふらの牛乳プリンもおすすめで、採れたての牛乳を使った3層の異なる味わいの濃厚でクリーミーなプリンを楽しめ、ロングセラーのチーズケーキもあり、ムースとベイクドチーズが2層になっていて、店内で食べることができます。

お土産としては、富良野限定品の「カンパーナ六花亭」の塩味のきいた富良野産の赤えんどう豆のあんこと両面をこんがりと焼いたふらの餅や青えんどう豆のおはぎのような富良野あんころがおすすめで、富良野産のぶどうを使った、ソフトクリームのぶどうソフトも富良野限定品なので、お試しください。



ロケ地になったお店

富良野はドラマや映画のロケ地として使われたお店も多く、絶対食べたいグルメではないですが、ドラマのワンシーンのような雰囲気を味わえるお店があります。

「珈琲 森の時計」はテレビドラマの「優しい時間」で主人公が開いた喫茶店で、カウンターや窓越しに森を見ながら珈琲を飲みながらゆったりとした時間が過ごせます。

「あかなら」は、北の国からのロケ地として、30年間にわたり多くのファンに愛された「北時計」が市民の情熱で「あかなら」に生まれ変わり、市民のボランティアで運営されています。



スポンサードリンク


富良野で絶対食べたいグルメ【まとめ】

富良野には美味しいものがたくさんあり、富良野で絶対たべたいグルメや富良野のご当地グルメがあります。

富良野は地元の農産物や乳製品を使ったグルメが多く、富良野でしか食べられないグルメが多く、オムカレーやラムのしゃぶしゃぶ、富良野産の搾りたての牛乳を使ったデザートなど、富良野に行ったら絶対食べたいグルメばかりです。

この記事では紹介できなかった、テレビでも紹介されるジャンボ握りや日本蕎麦のような石臼挽き中華そばや富良野ワインなどの富良野グルメがたくさんあるので、富良野をお腹いっぱいになるまで、味わってください。