箱根へ行くなら箱根フリーパス!!なぜお得か?を解説

一年を通して多くの観光客が訪れる観光地『箱根』。

煙がモクモク“大涌谷”や関東屈指のパワースポット“箱根神社”、海賊船で有名な“芦ノ湖”など、1日では巡り切れないほどの観光スポットがあります。

そんな巡りたいスポット目白押しな箱根の旅では「箱根フリーパス」がオススメ。

箱根フリーパスを持っていれば、箱根エリア内の移動もストレスフリーなだけでなく、様々な優待や割引を利用できます。

また2日券と3日券の2種類があり、じっくりと箱根を満喫することも可能です。

今回は、この箱根フリーパスについて紹介します。

スポンサードリンク

箱根フリーパスはお得?

箱根フリーパスの真価が発揮されるのは、移動手段!!

たくさんの種類の移動手段が、何回でも乗り降り自由になります。対象の移動手段は次の種類。

*箱根登山線
*箱根登山バス(指定区間)
*箱根ケーブルカー
*箱根ロープウェイ
*箱根海賊船
*小田急ハイウェイバス(指定区間)
*東海バス(指定区間)
*観光施設めぐりバス(箱根登山バス)

移動手段がたくさんあって混乱しそうな方は、小田急公式サイトの『小田急のお得なきっぷ』を確認しましょう。

また、小田急線で箱根へ向かうなら、指定駅からの往復1回分の運賃が含まれます。

その指定駅は、新宿・藤沢・町田の3カ所。 駅によって、箱根フリーパスの値段が変わります。

この小田急線の往復運賃分だけでもお得になっており、最大700円(新宿駅発)・最小380円(町田駅発)安くなります。

優待・割引

箱根フリーパスを使用すると、様々な優待や割引を利用できるようになります。

その優待や割引の一部は、次のようなものです。

*温泉・エステ

・箱根湯寮・箱根大涌園ユネッサン/森の湯・絶景日帰り温泉 竜宮殿本館・翠光館・富士八景の湯・天然温泉 気楽坊

*植物園

・箱根強羅公園(無料)・箱根湿地花園 ・秩父宮公園

*名所・旧跡

・小田原城天守閣,小田原城歴史見聞館,常盤木門SAMURAI館
・箱根神社 宝物殿
・箱根関所,箱根関所資料館
・三島大社 宝物殿

*娯楽施設 スポーツ施設

・箱根パターゴルフ ・箱根水族館・三島スカイウォーク・時之栖 アクティビティ セグウェイ体験・時之栖 噴水レーザショー ヴェルサイユの光

*美術館 博物館

・鈴鹿のかまぼこ博物館(かまぼこ手作り体験教室)・彫刻の森美術館 ・箱根ガラスの森美術館・星の王子さまミュージアム箱根サン=テグジュペリ

*飲食 ショッピング

・大涌谷 駅食堂 ・小田急 箱根ハイランドホテル(ランチ) ・御殿場プレミアム アウトレット

*体験

・フォレストアドベンチャー 箱根・箱根ホテル(カヤックツアーやカヤックレンタル)

*その他

・箱根海賊船 特別船室(特別船室料金の片道割引)
・駒ヶ岳ロープウェイ(乗り降りは自由ではなく割引料金)
・箱根キャリーサービス(手荷物運搬)

まだまだ利用できる優待や割引はあります。
もっと詳しく知りたい方は、公式サイト『箱根ナビ』の“箱根フリーパス”より確認しましょう。

箱根フリーパスの購入方法

箱根フリーパスは、様々な方法で購入ができます。

1.小田急線各駅の自動券売機
当日から有効日数のみ購入可能。

2.セブンイレブン(セブンチケット)
ネットで注文し、店頭で支払い。(店頭マルチコピー機でも可能)
小田急線往復乗車券付きは新宿駅のみの発売。

3.EMOT(エモット)
ネットで箱根や江の島・熱海などデジタルチケットが購入できるサービス。

4.箱根登山鉄道各駅の自動販売機
全駅が箱根フリーパスの乗り降り自由の区間に含まれるため、この区間外からの方は事前の購入がオススメ。

5.箱根登山バスの案内所
購入できる案内所は箱根エリアのみ。
・小田原駅前案内所・湯本案内所・元箱根案内所・箱根町案内所・宮城野案内所・仙石案内所・桃源台案内所

6.その他
・東海バス 三島駅前案内所   ・三島観光案内所   ・富士山御殿場はこね観光案内所

一部の箱根フリーパスを紹介するサイトより購入すると、購入料金が安くなることがあります。

少しでもお得に箱根旅行をしたい方は検討してください。

また、1日だけの旅行の方には、「のんびりきっぷ」や「箱根のりものパスLite」がオススメです。

箱根フリーパスに比べて制約がありますが、それだけ料金は安くなります。
 *のんびりきっぷ:大人1400円 子供700円
 *箱根のりものパスLite:大人3800円 子供980円

箱根フリーパスの使い方

使い方はカンタン!! 各スポットの係員に提示するだけ。

EMOTで購入したデジタルチケットの場合は少し異なります。実際の流れは次の通り。

1.「MY TICKET」一覧より箱根フリーパスを選択して「使う」選択
2.利用開始直前になったらチケットを有効化して使用
3。乗り降りする際には「使う」を押し、表示された画面を各スポットの係員に提示

なお、小田急線と箱根登山線の箱根湯本駅で乗降するときは、有人改札口の読取端末にQRコードをかざして使用します。

スポンサードリンク

箱根フリーパスはお得?【まとめ】

箱根には、行きたくなるような観光スポットが目白押し。

たくさんありすぎて、移動の際に毎回料金を支払うストレスは楽しい旅行の大敵です。

そんなストレスも「箱根フリーパス」を持っているだけで解決できます。

様々な優待や割引の利用もできるので、楽しい箱根旅行の一助になること間違いナシ!!
ぜひ検討してください。