利尻富士が白い恋人のデザインに使われているのはなぜ?経緯を解説!

利尻富士といえば、その雄大な景観と美しい自然が有名ですが、その美しさが銘菓「白い恋人」のパッケージデザインに使われているのは、あまり知られていません。


この記事では、利尻富士がなぜ白い恋人のパッケージになったのか、どこで購入できるかなどについて詳しく解説しますので、ぜひ最後まで読み進めてください。



スポンサードリンク


利尻富士と白い恋人

利尻富士と白い恋人のパッケージが関連するというのは、一見すると不思議な組み合わせのように思えますが、石屋製菓の当時の社長が利尻島を訪問した際に、利尻山がまるでスイスの山並みのようだと感動したこと、西洋風のお菓子を作りたいという思いからパッケージデザインに利尻富士が使われるようになりました。


石屋製菓が白い恋人を製造し始めたのは、1976年のことでした。当初は、北海道の札幌市で製造・販売されていましたが、その美味しさと独特のパッケージデザインが評判となり、全国的に知名度を広げました。

白い恋人は、口どけの良さとバターの風味が特徴であり、一度食べるとやみつきになると言われていて、白い恋人は一粒ずつ個包装されており、持ち運びに便利なので、今でも北海道のお土産としてポピュラーな商品のひとつです。



白い恋人の名前の由来

「白い恋人」という名前で親しまれる北海道の名物お菓子は、その独特の味と愛らしいパッケージで多くの人々に親しまれています。

白い恋人の名前は、旭山動物園のパンダ「ララ」と「リリ」という2匹の親子パンダに由来して、北海道の観光名所である旭山動物園のキャラクター「白い恋人パンダ」にちなんで命名されたお菓子です。

白い恋人は北海道をはじめ、日本国内の多くの土産物店やスーパーマーケット、空港などで購入することができ、札幌市内や函館市などの観光地では、多くのお土産店で取り扱われています。また、オンラインショップでも購入することができるので、地元の味を楽しみたい方はぜひチェックしてみてください。

また、石屋製菓が運営する白い恋人パークは、札幌市内にあり、白い恋人の工場見学や体験イベントができ、お土産ショップで白い恋人をはじめ、石屋製菓の商品を購入できます。



白い恋人の丘

白い恋人のパッケージとなった風景を実際に見ることができます。

「白い恋人の丘」は、利尻島の美しい自然を背景に、白く輝く花畑が広がる絶景スポットで、毎年夏には、数多くの観光客や地元の人々が訪れ、その美しさに魅了されます。

特に、7月から8月にかけての花畑のシーズンには、多彩な花々が咲き誇り、まるで絵画のような風景を作り出します。

白い恋人の丘は夜になると、星空観察スポットとしても知られていて、利尻島は自然環境に恵まれ、空気が澄み切っているので、星空が美しく広がり、多くの天文ファンや観光客が訪れる場所としても注目を集めています。



スポンサードリンク


利尻富士が白い恋人のデザインに使われいてるのはなぜ?【まとめ】

利尻富士と白い恋人は、北海道の代表的な観光名所とお菓子です。

利尻富士の雄大な姿は四季折々の美しい景色を提供し、白い恋人は北海道を代表する名産品として多くの人々に愛されていますので、利尻島を訪れた際には利尻富士の素晴らしい景色が白い恋人のパッケージと同じかどうかを確認してみてください。

北海道の魅力を象徴するような組み合わせである利尻富士と白い恋人のパッケージは、多くの人々に愛されていて、利尻富士は北海道の利尻島にそびえる山であり、その美しい風景は多くの人々を魅了し、雄大な山容と清らかな空気が、北海道の自然の美しさを象徴しています。

白い恋人は、その優しい甘さとサクサクした食感が多くの人々に愛され、長い間、北海道を代表するお土産としても有名です。

利尻富士と白い恋人が融合したパッケージは、北海道の風景と愛されるお菓子が一つになった魅力的な象徴です。北海道を訪れた際には、ぜひこのユニークなパッケージの商品を手に取って、北海道の素晴らしさを楽しんでみてください。