伊勢神宮は夫婦で行ってはいけないの?離婚の原因になるのか徹底検証!

伊勢神宮の参拝客は内宮外宮合わせて年間約1000万人が訪れるという、みんなに慕われる神宮です。

澄んだ空気の中、たくさんのご利益を受けて、参拝後は幸せになるような感じですが、「伊勢神宮に言ったら離婚した」「彼女と別れた」などという人も多いようです。


夫婦やカップルで行くと分かれるといったジンクスがあるのでしょうか。

そこで今回は伊勢神宮に夫婦で行ってはいけないって本当なのか、離婚してしまうのか、カップルは別れてしまうのかなどについて徹底検証してきます。



スポンサードリンク


伊勢神宮は夫婦で行ってはいけない、カップルで行ってはいけないとなぜ言われるか?

伊勢神宮は、日々お祭りごとが行われ、他の神社にはない清々した雰囲気がありご利益がありそうです。

しかし広々とした神域は移動距離も多く時間がかかり、参拝客が多いため行くとぐったりと疲れてしまうかもしれませんね。

そうなると、微妙な関係のカップルはお互いの嫌な部分が見えて別れるきっかけになるかもしれません。
夫婦の場合も同じことがいえるかもしれませんね。

自分が参拝したときには、仲良く二人で勾玉池をバックに写真を撮っているカップルがたくさんいて
伊勢神宮参拝の後に別れるような感じには見えませんでした。
夫婦で参拝にきている人も特にそんな雰囲気はなかったです。

参拝客が多いと、それだけ離婚や別れる確率が高くなるので、夫婦で行ってはいけない、ということになるのでしょう。


離婚回避になるのかも、二見夫婦岩を見てみよう

伊勢神宮を参拝した後に二見興玉神社にいって夫婦岩を見たら離婚なんて考えないと思います。

外宮、内宮からは電車か車かバスでの移動になりますが行く価値はあると思います。

二見興玉神社とは、猿田彦大神を祀り、縁結び、夫婦円満、交通安全などにご利益のある神社です。
参拝の順番は外宮内宮を参拝する前に行くとよいそうです。

二見興玉神社の近く沖合700メートルのところに、夫婦岩があります。大小の岩は猿田彦大神縁の興玉神石として鎮まり、そこに神様が降臨しているそうです。

このような神聖な夫婦岩なので、カップルや夫婦で行ってはいけない理由はないですよね。

晴れていれば海の潮風も気持ちしいし、楽しい思い出になりそうです。

伊勢神宮だけじゃない、離婚するかもしれないスポットがあるらしい

伊勢神宮でなくても夫婦で行くと離婚したとか、カップルは別れる、というジンクスがあるスポットは存在するそうです。

よく言われているのは、江の島、ディズニーランドでしょう。

どちらも大勢の観光客が訪れるスポットで、家族でもカップルでも夫婦でも行きますよね。

大勢の観光客が集まる場所は、おのずと離婚や分かれる確率が高まるということでしょう。

あまり信じずに、どんどん伊勢神宮にお出かけしましょう。

女性の神様が祀ってあるから?

伊勢神宮がどうして伊勢にあるでしょうか。

それは、2000年前に倭姫命(やまとのひめみこ)が天照大御神の御杖代(みつえしろ)として、日本の各地をまわり伊勢の地が天照大御神を祀るのにふさわしい場所として選んだと言われています。

倭姫命が伊勢を選んでくれて今があるのですね。

伊勢神宮に行くと女性の神様が嫉妬するという説もあり倭姫命のことかもしれません。伊勢の地を選んだ神様が嫉妬するとは考えにくいのでこちらも信憑性は低そうですね。

他にも昔は内宮と外宮の間に遊郭があって仲のいいカップルや夫婦が嫉妬されるということがあったようです。

これも今となっては関係のない話になりますね。



スポンサードリンク



伊勢神宮は夫婦で行ってはいけないのは本当?【まとめ】

今回は伊勢神宮に夫婦で行ってはいけないって本当なのか、離婚してしまうのか、カップルは別れてしまうのかなどについて検証してきました。

伊勢神宮はお参りに行くとことなので夫婦で行ってはいけない理由は無いですし、二見興玉神社は縁結びのご利益があります。

もし本当に離婚やカップルが別れてしまうなら、伊勢神宮が原因ではなく二人の運命でしょう。自分も友人夫婦や親と一緒に参拝したことがありますが、離婚せず仲良しですよ。