奥久慈しゃものランチのおすすめは?親子丼を食べるならココ!

茨城県北部にある大子町では「奥久慈しゃも」を使ったランチが食べれるお店がたくさんあります。

大子駅のメインストリートにもあるので、大子町に観光に訪れた際は寄ってみてもいいでしょう。

「奥久慈しゃも」は、全国でもトップクラスの地鶏ブランドとして、全国特殊鶏味の品評会で第一位を獲得したこともあります。


奥久慈の大自然に包まれた環境で一般的な鶏と比べ約3倍の期間をかけて大切に飼育されています。

そんな茨城県のブランド地鶏「奥久慈しゃも」を使った美味しいランチが食べられるお店はいくつもあります。

その中からおすすめのお店をいくつか紹介します。



スポンサードリンク




「奥久慈しゃも」おすすめの親子丼のお店は?

やはり人気の高いのは「奥久慈しゃも」を使った親子丼です。

今回おすすめしたいお店は、大子駅のメインストリートにあるお店「弥満喜」さんです。

こちらのお店は、地元の方も勧めるしゃもの料理の名店です。

コース料理やお鍋などもあり、奥久慈しゃもを手ごろに味わうことができます。

TVでも紹介されたことがあり、人気のお店です。

日本三大地鶏でもある「奥久慈しゃも」は通常の鶏肉とは違い、しっかりとした歯ごたえと濃厚な旨味があります。

こちらのお店の親子丼は、味はそこまで濃くなく優しい味わいです。

親子丼の上には中央に卵黄がのっているのが特徴です。

TVで紹介されて以降、多くの方が訪れる名店になりました。

また、親子丼だけでなくコース料理、お鍋、焼き鳥など様々な奥久慈しゃも料理が頂けます。



「奥久慈しゃも」おすすめのランチ!


「奥久慈しゃも」の特徴は、そもそもしゃもは気性が荒く群れで飼うのが難しいと言われています。

ですが、肉、卵共に味が優れていることから茨城県養鶏試験場が改良して「奥久慈しゃも」がブランド鶏として誕生しました。

「奥久慈しゃも」の肉質は低脂肪で歯ごたえが抜群です。

ブロイラーの水っぽい弾力のないお肉とは違い、締りがあり深い味わいが特徴とされています。

そんな「奥久慈しゃも」は親子丼だけでなくお鍋などにも使われます。

親子丼以外にもおすすめのランチがありますので、美味しい「奥久慈しゃも」を使ったランチの食べられるお店を紹介します。



「かくれ里 庄乃家」


こちらのお店では、奥久慈しゃもを使ったお鍋が人気です。

奥久慈しゃもとたっぷりのお野菜が入ったお鍋は絶品です。

他にも山菜のてんぷらなどもいただけます。

どれもおいしくて満足感いっぱいになれるお店です。



「玉屋旅館」

こちらでは「元祖奥久慈しゃも弁当」を頂くことができます。

奥久慈しゃものモモとムネの2種類がのっており、程よい弾力と旨味でタレの染みたご飯の相性がばっちりです。

一緒に入っているゴボウ煮と卵そぼろがとても良いです。



「食事処 鄙の庭きん彩」

とても上品な味わいで、人気のシャモ丼はトロトロの玉子がなめらかで美味しくシャモは噛み応えがあります。

日本料理らしく上品な味わいになっているので、しゃもの美味しさがとてもよくなります。

お味噌汁とお漬け物が一緒についています。



スポンサードリンク


奥久慈しゃものランチ【まとめ】


茨城県が誇るブランド地鶏「奥久慈しゃも」は肉質も味も歯ごたえもすべてが良くとても美味しいです。

全国トップクラスとも言われる地鶏なだけあって人気も高いです。

地元民だけでなく、観光に訪れる方にも人気があります。

大子町には「袋田の滝」など様々な観光地があるので観光に訪れる方の多くが「奥久慈しゃも」を食べに足を運んでいます。

ぜひ、大子町方面へ観光などに訪れた際には「奥久慈しゃも」を食べていってください。

満足できる上品な味わい、そして満足感のあるボリュームたっぷりの親子丼、お鍋など様々な楽しみ方がありますので、自分の好みに合わせて食べてみてください。