「霞ヶ浦」のうなぎ釣りのポイントは?またうなぎの名店はどこがあるの?

茨城県南部にある「霞ヶ浦」では、うなぎが釣れるポイントがいくつかあります。

ですが、あまり期待はできないという声も多いです。


大地震以来、幼魚の放流がなくなり、潮止水門が出来て以降天然遡上が少なくなってしまい漁師の延縄にも年々かからなくなっているそうです。

その為、霞ヶ浦近辺では霞ヶ浦よりも利根川などでうなぎ釣りをする方が良いと言われています。



スポンサードリンク



「霞ヶ浦」うなぎ釣りポイントは?

あまり期待できないと言われている「霞ヶ浦」でのうなぎ釣りですが、全く釣れないというわけではありません。

うなぎは夜行性なので夕暮れ時から深夜ぐらいまでにかけて餌を探し回っています。

その為そのタイミングを狙えば釣れます。

春、夏、秋、主に3月~11月にかけてうなぎは活発に動き回り捕食を繰り返します。

その為、冬以外の時期はうなぎを釣るのにおすすめな時期であると言われています。

日本には、土用の丑の日にうなぎを食べるという習慣があるので夏が旬なイメージがあります。

ですが、季節を問わずに釣りを楽しむことができます。

夏が旬というのも、うなぎは8月~9月に産卵のために海へ向かっている時期にあたるから特に美味しいと言われています。

うなぎを釣るのに良いポイントは、河川であれば広い範囲で釣ることができますが「霞ヶ浦」は、海水と淡水の混ざった汽水域です。

そういった汽水域の場合は、うなぎが隠れる事のできる障害物が多い場所にいることが多いです。

その為テトラポットや捨て石、水草の周辺などを棲み家にしていることが多いです。

河川の場合は、流れの速い場所が大型のうなぎを狙うのに適しており、逆に流れが緩やかな場所では数が多く狙えるそうです。

時間帯は、うなぎは夜行性なので日没から大体2時間ぐらい経った頃がベストタイミングだと言われています。

うなぎが餌を探して動き出す頃合いなのでそのタイミングを狙いましょう。

また、天気が曇っている場合は夕方の早めの時間からでも釣ることができるポイントもあります。



「霞ヶ浦」近辺でおすすめのうなぎの名店は?


「三浦柳」

こちらのお店は、店内の座敷から霞ヶ浦が一望できます。

絶景を眺めながら美味しい鰻が頂ける名店です。

「霞ヶ浦」の風物詩でもある「帆引き船」の時期である夏から秋にかけて運が良ければこちらのお店から見ることができます。

また、こちらのお店は全個室になっている為気兼ねなくリラックスでき家族連れで訪れても小さなお子さんがいて周りのお客さんを気にしてしまう親御さんもいると思いますが、こちらのお店であればその心配はありません。

鰻も絶品ですが、名産のワカサギや蓮根なども楽しめます。



「うなぎの山中」

こちらのお店は全国的にも数少ない天然鰻が頂けるお店です。

地元でも天然鰻が食べれるととても有名です。

養殖鰻と違い、味がしっかりとしており濃い味わいが感じられます。

ふっくらとした鰻のサイズ感もとてもよく大きすぎず小さすぎず食べ応えがあります。

天然鰻なのにも関わらず値段も高すぎず割とリーズナブルな値段でいただけます。

炭火で焼きあげられた鰻はふっくらと綺麗で柔らかく、タレが漬けすぎではないかなと感じる程、濃い見た目ですが実際に食べてみるととても美味しいです。



スポンサードリンク


霞ヶ浦のうなぎ釣り【まとめ】

「霞ヶ浦」周辺には美味しい鰻の名店がたくさんあります。

近くには「うなぎ街道」と呼ばれる通りもあり、その通りには美味しいお店がたくさん立ち並んでいます。

「霞ヶ浦」でうなぎを自分で釣ってみたいという方は、うなぎの隠れられる障害物のある場所で、夕暮れ頃から深夜にかけて釣りをしてみてください。

あまり期待できないという経験者の方の声もありますが、実際に今でも「霞ヶ浦」でうなぎを釣っている方もいます。

釣って楽しむこともできますし、美味しい鰻を食べて楽しむこともできます。