なんばグランド花月にコインロッカーはある?値段や大きさを紹介

旅行でなんばグランド花月を訪問したいのだけれども、スケジュールの都合で、スーツケースも持っていかなければならないときに便利なコインロッカー。


劇場や周辺にはどのようなものがあるのでしょうか。旅行の参考にするとよいでしょう。



スポンサードリンク



なんばグランド花月の劇場内コインロッカー

駅のコインロッカーにあるような大・中・小のサイズのコインロッカーがあります。

なんばグランド花月を行先とホテルの経由地として利用する場合は、ぜひこちらの利用をおすすめします。

利用時間 平日10時-18時 土日9時-18時

駅の利用

なんばエリア周辺を訪問の際に、後のスケジュールが決まっている方は、こちらに預けておくと移動がスムーズです。

*東海道新幹線・梅田・心斎橋方面を利用の方

OsakaMetro御堂筋線なんば駅のコインロッカーを利用するとよいでしょう。

また、ホテルなど梅田駅近辺を中心に過ごす予定の方は、訪問前に梅田駅のコインロッカーを利用することがおすすめです。

*天王寺・関西空港方面を利用の方

南海難波駅周辺のコインロッカーを利用してはいかがでしょうか。

訪問前にこちらに預けておけば、あとは駅まで身軽な状態で走ることも可能です。

天王寺動物園や、京都方面への乗り換えで天下茶屋駅を利用の際にも便利です。


*穴場

なんばグランド花月の裏手、交番の向いエリアにコインロッカーがあります。

舞台鑑賞後に、なんばの街を散策したいと考えているならば、こちらに預けてみることがおすすめです。ただし、飲み歩いて酔っぱらって荷物を忘れるなどのことがないようにしたいもの

Ecbo cloakというネットで予約できる手荷物預かりサービスもあります。

場所を忘れやすい人はこのような場所を利用すると、住所・場所が分かりやすいでしょう。

また、荷物にAirTagを入れておくとロッカーの場所が分からなくなってもあとからすぐ調べられます。


コインロッカーのサイズ目安と値段の相場について

*特大サイズ
800円程度
複数人で大荷物がある場合に便利
*大サイズ
700円程度
スーツケースがある場合に便利
*中サイズ
400~500円程度
友達や家族で複数荷物がある場合に便利
*小サイズ
300円
中身の詰まったリュックやおみやげなど小ぶりで重たい荷物がある場合に便利。



利用するのはこんな条件のときがおすすめ

・荷物を預けられるホテルまで距離がある
・昼間のなんばに滞在したい
・同じ駅に戻らない(乗り換えがあるなど)
・泥酔するまで飲まない




スポンサードリンク



なんばグランド花月のコインロッカーについて【まとめ】

なんばグランド花月には、駅に設置されているものと同等サイズのコインロッカーがあります。

公共交通機関や街中にあるものと比較すると利用時間や利用者が少ないため、安全面や衛生面で安心して預けることが可能です。

ただし、建物内にあるため、開館時間内に荷物の出し入れを行う必要があります。

また、最もおすすめはホテルと目的地の経由地になっている場合です。

行先や滞在場所・スケジュールによっては別の場所に置くことが効率よく観光できることもあります。

ぜひ、行先やスケジュールと照らし合わせで、効率よくコインロッカーを利用できるとよいでしょう。

なんば周辺には数多くのコインロッカーがあります。どこに預けたか忘れないように対策をとること、目的や目的地に対して一番効率よく利用できる方法を考えるとよいでしょう。

ネット予約可能で住所や場所の表示がなされているものがとくにミスやロスになる可能性が少なくおすすめです。

鍵はタッチパネル、支払いもカード決済可能なものもあります。自分にあった場所を選びましょう。

また、どのような基準でなんばグランド花月のコインロッカーを利用するかですが、おすすめは日中の時間にホテルと目的地までの経由地として利用する場合です。

その他の条件であれば、駅構内のコインロッカーを利用することがおすすめです。

楽しく快適に過ごすための手段として、どこに荷物を預けるかは重要なポイントです。