なんばグランド花月の夜公演ってどうなの?終了時間や料金などを紹介

せっかく大阪に行ったのだからお笑いを見てみたい、と思った方に定番のおすすめは、1日1回~4回行われるなんばグランド花月の本公演です。

その他に、日替わり・不定期で芸人さん個人やチームでのイベントが開催されます。


そのようなイベントが開催される際は夜公演(19時開場、19時半開演)に行われることが多い傾向があります。



スポンサードリンク



夜公演はどのようなもの?

夜公演は19時開場19時半開演で、リーズナブル価格でお笑いや寄席を楽しめます。

公演時間は2時間です。本公演よりも30分短い時間で、さらに単独ライブだと1時間半程度で終了する場合が多い傾向です。

本公演と内容はほぼ変わりはありませんが、しいて違いを言うならば、漫才の出演者が第4~5世代以下の比較的若手のみになることです。

テレビ番組などでよく見かける有名な芸人や、よしもとおすすめの若手芸人が出演します。

また、日替わり・不定期で、単独ライブやイベントの舞台を行うことがあります。

基本的に本公演よりも1000円~2000円程度安い価格で見られる傾向があります。

稀に、大きなイベントで師匠クラスの芸人が出演する際は、本公演以上(5000円程度)の料金になることがあります。

席種について

夜公演はすべての席種で2500円です。したがって、一番おトクなパターンは、あらかじめ訪問日を決め、無料または有料のFANYID会員になり予約することです。

公演1~2か月前であればかなりの高確率で1階席前列を狙えます。

2階席も立ち見もすべて同じ料金となるため、なるべくよい条件でみられるとおトクですね。

同様の条件のおすすめ

なんばグランド花月の地下には「YESシアター」という劇場があり、主に若手の新喜劇座員や芸人によるイベントが行われます。

こちらで不定期に開催される「セカンドシアター新喜劇」は当日券2000円で夜公演で、最後は演者によるお見送りがあります。

なんばグランド花月の本公演の新喜劇でわき役として出ていた若手の芸人さんたちに会って話したり、写真を撮ったりすることが可能です。

是非本公演観劇後や、気になる若手芸人がいる場合はこちらの鑑賞をオススメします。

また、気になる芸人さんと知り合いになると、その方が出演するイベントの「置きチケ」をしてもらえます。

ぜひSNSフォローもしましょう。公演のやイベント告知で連絡が付きやすくなります。

通常の夜公演は21時半、単独ライブなどは21時に終わることが多い傾向です。



スポンサードリンク


なんばグランド花月の夜公演について【まとめ】

なんばグランド花月の夜公演は、本公演より安価に鑑賞できます。

理由は、師匠クラスよりも若い世代の有名芸人を集めているからです。

公演時間は2時間と本公演よりも30分短いです。また、単独ライブやイベントの舞台では1時間半程度で終演する作品もあります。

こちらは仕事帰りに若い方が気軽にふらっと立ち寄れるようなスタンスです。

また、同様におすすめは、なんばグランド花月の地下にある「YESシアター」で不定期に行われる「セカンドシアター新喜劇」です。

本公演の新喜劇や漫才に登場する若手による舞台で、夜公演よりも安価な2000円で当日券の購入が可能です。また、最後は演者によるお見送りがあることもあります。

ここで気になる方と知り合いになると、以後置きチケでその方の持つ枠で良席を確保してもらうことが可能になります。

また、手売りで直近の公演チケットを買うと一緒に写真撮影ができるなどの特典がつくこともあります。

ただ演者と観客という関係よりも、もっと間近で双方コミュニケーションをとることが可能な舞台です。

若手の方に入り待ちや出待ちをしている方はぜひそちらを鑑賞し、演者と近い距離感で新喜劇や漫才を楽しんでみてはいかがでしょうか。

また、内容も当日の本公演のスピンオフのような場面があり、見た人にしかわからないところで笑える特典があります。


ぜひそちらも併せてお楽しみください。