湯原温泉と言えば砂湯!夜は何時まで?休業日は?口コミの評価などご紹介!

湯原温泉でもっとも有名なスポットといえば間違いなく砂湯です。

湯原ダムの下流に位置し、旭川沿いに広がる人気の温泉です!

全国露天風呂番付「西の横綱」と評されている評価の高い温泉といえるでしょう。

ロケーションが抜群で、温泉から眺めることができる湯原ダムは迫力満点です!

今回はそんな砂湯に関しての情報をまとめました!
ぜひご覧ください!

スポンサードリンク

湯原温泉の砂湯について

夜は何時まで?

砂湯は地元の方の協力のかいあって、24時間営業となっています。
そのため、深夜に行っても温泉を楽しむことができます!

学生時代、深夜に思いつきで温泉を楽しみに行った日々がなつかしいです(笑)

ただ、女性の方は深夜の入浴をおすすめしません。

というのも、砂湯は混浴施設だからです。
深夜になると人も少なくなります。

万が一を考え、夜の利用は避けるのが無難です。

個人的にはやはり明るい時間帯に行くことをおすすめします!
明るいほうが湯原ダムをしっかり見ることができておすすめです!

ぶっちゃけ、夜だとあんまり風景がみえません(笑)

「人ごみを避けたいな」といった方は深夜に行けば間違いなしですよ!
ご自身の楽しむポイントを明確にして、入浴の時間を決めるのが一番です!

休業日は?

先ほど書いたように砂湯は24時間営業なので休みはありません。
いつでも、温泉を楽しむことができます!

ただ、毎週水曜日の午前中。または、第一金曜日の10時~12時は清掃日となっています。
なので、利用できない時間帯はあります。

とはいっても、丸一日開いていないという日はありません。

午前中はご飯でも食べて、昼過ぎから温泉に浸かるといったプランにすれば問題ありません!
美味しい食べ物屋さんもたくさんあるので、ゆっくりと観光を楽しむことができると思います。

コミの評価は?

なんといっても多いのは、混浴に関する意見の口コミでした。

「丸見えだから無理!」という方もいらっしゃいますし、「湯浴み着があるならいっか!」といった方もいらっしゃいました。

個人的には、女性は入りずらいだろうなと思います。

なんせ、女性の数が少ないですからね(笑)

どうしても視線が集まる存在になってしまう雰囲気はあります。

ただ、湯浴み着や脱衣所があるので、ほかの混浴露天風呂よりかはハードルが低いのかもしれません。
挑戦したい方は湯浴み着のレンタルをご利用ください!

日帰り入浴ならレンタル料金2000円(返却時、1000円返金)です!

湯原観光情報センターか湯本温泉館にご連絡ください!

泉質や風景に関しては好意的な意見が多数でした。
さすが西の横綱ですね!

「風呂上りは肌がすべすべになった!」、「体の芯からあたたまった!」といったご意見が多い印象です。

私も温泉に浸かった後、体がほてっていました(笑)

眠っていなかったはずなのに元気になることができたのは、きっと温泉のパワーだったんだろうなと思います。

自然と一体化した風景を気に入った方々も多かったです。

私自身、川の流れる音を聞きながら、温泉に浸かるのがとても楽しみでした。

季節によっては風景の変化を楽しめるのも魅力の一つだと思います。

雪の降る中、温泉に浸かった日は幻想的な風景を楽しむことができました。

帰りは、雪の影響をもろに受けて大変でしたけどね(笑)

口コミは混浴に関して、マイナスな意見はありました。

しかし、それ以上に泉質や風景に肯定的な意見が多かったです!
参考にして楽しんでいただけたらと思います。

スポンサードリンク

湯原温泉の砂湯について【まとめ】

湯原温泉の砂湯の情報をまとめさせていただきました!
いかがだったでしょうか?

この記事を読んで、湯原温泉の砂湯に興味をもっていただけたらとてもうれしいです!
最後まで読んでいただきありがとうございました!