美ら海水族館の前売り券の安い購入方法は?webチケットを検証

沖縄観光の代名詞といわれる美ら海水族館。2002年のオープン以来観光客からも、沖縄県民からも愛され続けています。

厚さ60cmもある巨大なアクリルガラスを通して、ほぼ実物大で美しい海中の景色が見られる、世界でも数少ない水族館です。

700種以上の生き物たちを海の生育環境に合わせて展示していることや、世界でも珍しいジンベエザメの国内最長飼育など、類を見ないスケールです。

そのため入館料は大人1人1880円と少し割高な印象。それぐらい出しても惜しくない素晴らしい水族館ですが、せっかくなのでお得に楽しめる前売り券の購入方法を調べてみました。

スポンサードリンク

美ら海水族館の入館料

一般料金
・8:30~16:00

大人1880円
高校生1250円
小・中学生620円
6歳未満 無料

・16:00~入館締切(16:00からチケット)

大人1310円
高校生870円
小・中学生430円
6歳未満 無料

16:00~は通常よりお得に入館できる

御覧の通り、少しお得に楽しめる方法としては、遅い時間に行く、というのも一つですね。

というのも、16時以降は18:30(通常期)の閉館時間まで時間が少ししかないというのと、生き物たちへの餌やりや無料で見学できるプログラム等もすべて終了してしまっている時間だからです。

せっかく行くのであれば、早く行って丸ごと楽しみたい!という方は下記の方法がおすすめです。

水族館のHPでも前売り券の案内をしています

美ら海水族館の公式HPの入館料案内のページでも、下のほうに前売り券の案内ページのバナーが貼られています。

国際通りにある美ら海水族館のアンテナショップ「うみちゅら」で販売している前売り券についてチェックしてみてください。

webチケット購入はお得?

webチケットとしては有名なところで、「アソビュー」や「dエンジョイパス」などがあると思います。

それらのサイトで前売り券を購入する利点はクレジットカード決済ができるということだと思います。

ただアソビューの場合は割引はないので、そのままの入館料だけど事前にクレジットカードで買えてすぐ入れる!というスムーズさを求める方にはおすすめ。

そしてdエンジョイパスはドコモの運営するレジャー施設のチケットをお得に販売するサイトで、550円の月額料金がかかります。

ですが登録から31日間は無料キャンペーンをしていますので、登録してチケットを購入すれば下記の料金で購入できます。

・dエンジョイパス 美ら海水族館前売り券

大人1605円
高校生1073円
小・中学生532円
家族券(大人2名+小・中学生2名)3819円

なんと!大人だと一人275円も安く買えて、ファミマや道の駅で売っている前売り券よりもお得です。すごい!

ただ、上記の価格で購入したデジタルチケットは美ら海水族館の近くにある複合施設「ハナサキマルシェ」内の「海風(うみかじ)マーケット」か、那覇市にある免税店「Tギャラリア沖縄 by DFS」での前売り券との交換が必要になりますのでご注意ください。

新型コロナウイルスの影響は?入場制限をチェックしよう

せっかくお得にチケットを購入しても、入館できなければ意味がありません。

お出かけ前には必ず公式HPをチェックしていきましょう。先にも記載したとおり、現在営業時間は通常期の8:30~18:30までです。

3月~9月は夏季の入場時間8:30~20:00ですが、昨年からコロナウイルスの影響で通年18:30までとなっているようです。

その他マスクの着用をしていて、37.5度以上の発熱、咳などがなければ、水族館を楽しんでいただけます。

水族館職員や来場したお客さんの中から陽性者が出た場合に備えてお知らせを受け取れるアプリのダウンロードも公式HPで確認できます。

スポンサードリンク

美ら海水族館の前売り券について【まとめ】

美ら海水族館では、換気、消毒の徹底やスタッフによるソーシャルディスタンスをとるようにとのアナウンスを徹底し、安全に運営されているようです。

あまりチケット売り場で並んだりお金のやり取りをしなくて済むよう、事前にチケット購入されることをお勧めします。

Webチケット、道の駅やファミマなどでの前売り券購入など、手段がいろいろとありますので、安全にお得に楽しんでくださいね。