長島スパーランドは食べ物の持ち込みOK?飲み物は?

暖かい天気が続き、レジャーを思い切り楽しめる季節になってきましたね。そんな季節だからこそお出かけにおすすめなのが三重県桑名市にある「長島スパーランド」です。

全国のテーマパークの中でも上位の広さを誇り、暖かい季節だからこそ思う存分楽しめる遊園地です。

とはいえ入園料にお金を使う分、食費は抑えたいと思ったり、家族で行くならばお弁当を持ってピクニック気分を味わいたいと思う方も多いはず。

そこで、今回は長島スパーランドへ食べ物の持ち込みができるのか調べてみました!

スポンサードリンク

長島スパーランドは食べ物の持ち込みが可能?

公式サイトによれば、熱中症対策として水筒・ペットボトルの飲み物は持ち込みOK、ただし缶、ビンに入った飲み物は危険回避の観点からNG、と飲み物は容器を選べは持ち込み可能だが、食べ物は不可との事。

調べて早々に食べ物は持ち込みNGでノックアウトされてしまいました。。。

ただし、離乳食、アレルギー対応食品はOKとされています。

また水筒、ペットボトルの持ち込みの際もクーラーボックス、キャリーカートなど大型のケースは使用禁止となっています。持ち物検査も行われている日もあるようですが、こちらに関してはよほど大きなバッグを持ち込まなければ確認されることは無いようです。

実際のところ

長島スパーランド公式の見解はNGですが、訪れた方の声は違うかも知れない!めげずに調べてみると、園内のベンチや芝生公園では、持ち込みと思しき食べ物を広げ、楽しんでいるグループはチラホラ見受けられる様子。

係員も見回りしているものの、咎められている様子も基本的にはなさそうでした。

とは言ってもやはりルール違反になるので、おすすめはできません

ちなみに、園内には複数の設置されている自動販売機で、追加で飲み物を購入することは可能。
(自動販売機には、何故か持ち込みはNGなはずの缶飲料も販売されています。)値段は缶が160円、500mlペットボトルが200円と通常よりは少々お高め。

思い切ってレストランも楽しむ!

せっかくの日なので、外食もレジャーの一環として捉え気持ちを切り替えてしまうのもあり
長島スパーランドにはゆっくりくつろげるレストランや軽食のみのカフェテリアなど、常時10店舗以上が営業しており、目的別に楽しめます。

キッズレストラン

お子様ランチを始めとする子供向けメニューはもちろん、アレルギーの多い子供でも食べられる低アレルゲンメニューもラインナップ。ハンバーグ、ピザ、うどんなどお子さんが興味を引く食べ物も充実しています。

もちろん大人向けメニューの用意もありますよ!

園内の至るところに点在しているので、気になるお店をピックアップしつつアトラクションを楽しんでも良いかも知れません。

パークレストラン

三重県のトンテキ、名古屋のひつまぶしなどご当地ならではの食べ物が楽しめるレストランです。その他、ステーキ丼、オムライス、カツカレーなどボリューム満点のメニューもあるのでしっかり食べたい方にはおすすめです。
お昼時には待ち時間必須なのでピークタイムをずらして訪れた方が時間を有効活用できそうです。

芝生広場売店

1,000円未満のテイクアウトメニューが豊富。フランクフルトやジャンボターキーなどの軽食を購入できるので食べ歩きしたり日当たりの良いベンチ、芝生公園でのんびり食べるとピクニック気分を味わえますね。

レジャー施設ならではの砂糖いっぱい、チュリトスもありますよ!

スポンサードリンク

長島スパーランドに食べ物の持ち込みは可能?【まとめ】

・ルールとしては食べ物は持ち込み不可(アレルギー対応食、離乳食は持ち込みOK)
・飲み物に関してはペットボトル飲料、水筒であれば可能
・実際には持ち込んでいる人も一定数いる。
・レストラン利用もレジャーの一つとして楽しむ!

ということで飲み物を持参しつつ、売店やレストランを利用する形でせっかくの一日を楽しんではいかがでしょうか。