長島スパーランドの年パスってお得?買い方や更新について

コロナ禍も少し混乱が落ち着きつつある昨今、少しずつ外出を増やしたいものですよね。

とはいえ、まだまだ人で密集する場所や、換気の不安がある屋内を選ぶのには躊躇することも。そんな時は密にならない屋外の遊園地を思う存分楽しむのはいかがでしょうか。

三重県桑名市にある長島スパーランドは絶叫マシンを始めとするアトラクションが豊富で1日中楽しめる遊園地ですが、他のテーマパーク同様、年パスも完備。

お出かけ先に困った時に気兼ねなく利用する目的で年パスを購入してみるのも面白いかも知れません。

東海地区に住んでいる方や絶叫マシンが大好きでいっぱい利用したい!という方には更におすすめです♪

スポンサードリンク

ナガシマスパーランドの年パスの大まかな仕組み

長島スパーランドの年パスは2パターン。お休みの日や希望に沿って選べるんです。

曜日問わず気軽に利用したい方は「全日パスポート」

金額:大人/19,500円、小学生/14,500円、幼児9,000円
週末やる事無いな、今日暇になった!という思いつきで曜日に気兼ねなく利用できます。

平日で思う存分楽しみたいという方は「平日限定パスポート」

金額:大人/13,500円、小学生10,200円、幼児6,300円
元々平日休みが多い、人混みは極力避けたいという方にはピッタリ。

※いずれも2022年5月現在の料金です。

購入場所、買い方について

園内、メインゲートにある案内所で購入可能。購入した当日分から利用可能です。

購入する際は申込書に必要事項を記入後、本人確認用の顔写真の撮影。(マスクを外して撮影になるのでコロナ禍でもメイクしていくことは忘れずに!)

支払いが終了すると免許証サイズのパスポートをもらえるのであとは利用して入場するだけ♪

どれだけお得なの?

ワンデーパスポートを買うのと、どれだけお得なの?という疑問にお答えします。

*通常の料金
長島スパーランドを1日楽しもうと思うと、入場料+乗り物乗り放題パスポートがセットになったプランを購入するのが一般的。

金額:大人/5,500円、小学生/4,200円、幼児/2,500円

それぞれの年パスの金額を上記の料金で割ると全日は4回以上、平日限定は3回以上の利用でワンデーパスポートの料金で楽しむよりもお得に。全日パスポートであっても各季節ごとに1回以上利用すれば、あっという間に4回クリア。

季節ごとの違いを楽しむのも年パスのメリットです。

年パスの期間延長はできるのか。

長島スパーランドの年パスは、自動更新などはなく1度購入したらそれ以降続けたい場合は再度、申込みが必要。また優待券とは異なるため、いわゆるファストパスのような役割もありません。

延長する際の特典は特に無いようです。

購入する意味ないじゃーん、とお思いの方!年に4回以上でワンデーパスポートを購入するよりお得なんですよ!それだけでも十分お得なのではないでしょうか。ちなみに長島リゾート内の「長島温泉」は割引価格で利用できます。

ちなみに期限内に年パスカードを紛失してしまった場合、1回ならば再発行は可能。無くした旨を窓口の係員の方に伝え手数料1,000円を支払えば再発行完了です。

駐車場の利用について

残念ながら駐車場代は毎回支払いが必須。料金は1回1,000円ですが、お隣のジャズドリーム長島で3,000円以上の利用があれば丸々1,000円の返金あり。

飲食でもお買い物でもOKなので、長島スパーランドでレジャーを楽しんだ最後に、ジャズドリーム長島で夜ごはんを楽しめば一石二鳥です。

スポンサードリンク

ナガシマスパーランドの年パス【まとめ】

・年パスは選べる2パターンが存在。
・平日のみは3回以上、全曜日共通タイプは4回以上でお得に。
・年パスの自動更新や駐車場の免除はなし

お子さんがいて夏休みなどの長期連休にたくさん来場したい方や1日じゃ乗り切れなかった!という心残りが嫌な方には非常におすすめだと思います。

お気に入りのアトラクションを見つけ何度だって乗ったって良いんです♪人気なアトラクションに今日乗れなくてもまたこれば良い!と広い心をもてちゃうかも?