長島スパーランドを再入場できるの?何倍も楽しむ方法を解説!

長島スパーランドを運営する長島リゾートは、長島スパーランドの他、園直結のホテル、のんびりリフレッシュできる温泉施設「湯あみの島」、春夏秋冬の花々が楽しめる「なばなの里」、200店舗以上が入るアウトレット「ジャズドリーム長島」などの複合レジャー施設です。

長島スパーランドだけでも1日中楽しめますが、どうせ近くにあるならば他の場所も楽しんでみたいですよね。

遊園地なんて再入場できるの?と思う方もいるかも知れませんが、実はとっても簡単。
再入場を活用した楽しみ方も合わせてご紹介します♪

スポンサードリンク

長島スパーランドの再入場方法

主には2通り。乗り物パスポートを購入した場合は入場時にリストバンドをつけてもらえるのでこれを見せれ入場可能。リストバンドは日替わりで色が変わる為、こっそり2日連続で入っちゃおうなんて思わないでくださいね(笑)

入場券のみの場合は、その旨をゲートの係員に伝えると手の甲にスタンプを押して貰えるので再入場時に見せたらOK。ライトで反応するタイプで普通には見えません。

たくさんこすってもよほど落ちることは無いですがプール、温泉を利用する方は洗い過ぎには気をつけましょう!

ナガシマスパーランドの再入場を活用してもっと楽しむ!

日の入りがおそくなるこれからの季節、朝から晩まで楽しもう!長島スパーランドと一緒に楽しむ長島リゾートの施設と楽しみ方をご案内します。

ジャズドリーム長島

外資系ラグジュアリーブランドや、国内のセレクトショップ、雑貨ブランドなどをお得にお買い物できる東海地域を誇るアウトレットモールです。

老若男女問わずラインナップがあるのでファミリー、カップル、お友達とショッピングだけ楽しむ為でも十分充実感はあります。

長島スパーランドと一緒にエンジョイするならばランチタイムにフードーコートやレストランを利用してゆったり過ごし午後に長島スパーランドへ戻り再びアトラクションを制覇!メインゲートを出て徒歩で往復できる距離です。

湯あみの島

露天風呂、ジャグジーなどの温泉が利用できたり、常時300人以上が利用できる岩盤浴まで完備。一日動き回った体を思い切りリフレッシュさせちゃいましょう。

長島スパーランドの入場券があれば大人200円、小学生、幼児は100円安く利用できるなんてオマケも。駐車場すぐジャズドリーム長島の北側入口からは無料シャトルバスが出ているので移動もラクラク♪夏には打ち上げ花火が上がるイベントが毎年開催。

夕方までアトラクションを楽しみ温泉で汗を流してスッキリしたら長島スパーランドに再入場。

芝生広場でくつろぎながら花火を観覧してみましょう。(2021年はコロナ禍において中止。2022年の予定も現在のところ変動の可能性もあります。)

長島ジャンボ海水プール

これからの季節に一番オススメ!夏には清涼を求め多くの方で賑わいます。

超激流プールやスリル満点のスライダー、頭から思い切り水をかぶるアトラクションがあったりとバリエーションは非常に豊富。

午前中の涼しい時間帯にジェットコースターなど楽しみ、日差しが鋭くなってきたお昼すぎにプールへ移動、また夕方から長島スパーランドで楽しむという一日中動いて動いて動き回りたい!という方におすすめです。

ただし多くの方が同じ事を考えているのでプールは日中はとても混み合うことを覚悟で利用してくださいね。

駐車場の再入場

その日の入場券があれば何度でも出入り可能!長島リゾート系列でないホテルに宿泊予定の方や上記では案内しきれなかった「なばなの里」を楽しみたい方には安心ですね。

ジャズドリーム長島で3,000以上利用すると駐車場代を返金してもらえるシステムを利用してしまうともう一度料金を支払わなくてはいけない為、ジャズドリーム長島でのお買い物は一日の最後にもって行きましょう。

スポンサードリンク

ナガシマスパーランドは再入場が可能なの?【まとめ】

営業時間の延びるこれからの季節だからこそ楽しみ尽くせる長島リゾートでお休みの日を過ごしてみるのはいかがでしょうか。

島スパーランド→ジャズドリーム長島→ジャンボ海水プール→長島スパーランド→湯あみの島で一息→長島スパーランドで花火を鑑賞、、、なんて弾丸ツアーを決行しても面白いかも。