野毛山動物園で見学にかかる所要時間は?見どころと楽しみ方を徹底紹介

横浜のみなとみらいにある野毛山動物園はファミリーに人気のお出かけスポットです。
我が家もお気に入りで、休日によくお出かけしています。

野毛山動物園の見学にかかる所要時間はどれくらいでしょうか?園内は広すぎず、子どもを連れて2~3時間で十分楽しめると思います。

今回は野毛山動物園の見どころを、人気の動物から意外なお楽しみスポットまでたっぷりご紹介します。

また休日の混雑状況についても記載していますので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサードリンク

野毛山動物園の見どころは?人気の動物と園内のおすすめスポット

人気の動物に会える?

野毛山動物園には約92種1870点の動物が展示されています。テレビや図鑑、絵本でよく見る人気の動物、ライオンやキリンやペンギンももちろんいます。

特にキリンは間近で見られて迫力満点でおすすめです。敷地の広い動物園だとなかなかこの距離では見られない気がします。

レッサーパンダも人気でいつも人だかりが出来ています。

2022年現在はコロナのため休止していますが、モルモットと触れ合える仲良し広場もあります。

園内は3歳息子が頑張って歩いて所要時間2~3時間程でまわれる広さで、緑も多いので気持ちよくお散歩できます。坂が多いので途中何度か抱っこ!にはなりましたが…

ぜひ動物に会いに行ってみてくださいね。

おすすめのフォトスポットや電車にも乗れる?!

野毛山動物園の入口付近には、可愛い動物たちが描かれた広いフォトスポットがあります。

本物の動物に会う前に、子どももみんな可愛いイラストにテンションがあがります。日にちも掲示されていたので写真に収めていい記念になりますね。

チンパンジーエリアにも、横浜のランドマークを背景に撮影できるフォトスポットがあります。

また入園口から道なりに進むとすぐの場所に、横浜市電の車両が展示されています。

昔ながらの市電が展示されている一角は、なんだかそこだけノスタルジックな雰囲気でわくわくします。

車両の中に入って椅子に座って休憩をしたり、運転席にも入れるので子どもたちで賑わっていました。

電車好きのお子さんと行ってみてください。

野毛山動物園の営業時間は?見学におすすめの時間帯

野毛山動物園の営業時間は9:30~16:30(最終入園は16:00まで)です。

午前中早い時間はやはり人が少ないので、動物をゆっくり見学したければ午前中がおすすめです。私も午前中に遊びに行くことが多いです。

また平日のみのイベントですが、レッサーパンダやキリンなどの動物には、“お食事タイム”が設定されています。

お食事中の可愛い姿が見られるので、この時間帯にあわせて遊びに行くのもいいですね。午後に設定されていることが多いです。

野毛山動物園公式HPによると、「動物種にもよりますが、基本的には開園してすぐと夕方に動物が活発に動く姿をご覧いただけます」とありました。

のんびりお昼寝中の姿も可愛いですが、小さな子ども連れだと動物が動いていたほうが飽きずに楽しめそうですね。

野毛山動物園の休日の混雑状況は?入場制限はある?

公式HP等で調べてみましたが、過去に入場制限をしたことはないようでした。

入場制限はなくても、休日は特に混雑が予想されるので、早めの時間帯を狙って行くと良さそうです。

私も休日に行ったことがありますが、動物の檻の前はやはり人混みが出来ていました。

園内にはカフェもありますが座席数は多くはないので、休日に行くならお弁当を持っていくと安心です。

スポンサードリンク

野毛山動物園の見学所要時間の目安は?【まとめ】

野毛山動物園の見学にかかる所要時間は、2~3時間あれば十分楽しめます。お散歩がてらお出かけにちょうどいい規模です。

たくさんの動物に会えて、電車にも乗れて子どもも大人も大満足間違いなしです。

所要時間2~3時間で楽しめるので、みなとみらい観光やショッピングと組み合わせてプランを組んでもいいですね。

また野毛山動物園は、過去に入場制限をしたことがないことが分かりました。

入場制限はなくても休日は混雑が予想されるので、おすすめした時間を参考にお出かけ計画を立ててみてくださいね。