仙台うみの杜水族館の評判は?口コミや水族館の特徴をご紹介

仙台うみの杜水族館が気になるけど、みんなの評判はどうなのと気になりますよね。

仙台うみの杜水族館は2015年に開館した東北最大級の水族館です。80年以上の長い歴史のあるマリンピア松島水族館から引き継いだ水族館で、東北の魅力が詰まった水族館です。

そんな仙台うみの杜水族館に行きたいけど、家族連れで行って楽しめるのか、イルカショーはどんな感じなのかなど気になる方に、評判や口コミを調べてみました。

また、水族館の特徴もまとめてみたので、是非最後までお読みください。

スポンサードリンク

仙台うみの杜水族館のの評判や口コミはどうなの?

早速、仙台うみの杜水族館の評判、口コミを見てみましょう。じゃらんでの評価は星4,2なので、大半の方は満足しているのではないでしょうか。

良い口コミ

まずは良い口コミです。

・イルカショーが迫力満点
・三井アウトレットパーク仙台港に近くて良い
・家族で楽しめる
・癒される

やはりイルカショーは人気ですね。

仙台うみの杜水族館では観客席とプールの間に柵がないため、より近くに感じて迫力満点です。

三井アウトレットパーク仙台港が近くにあるため、ショッピングやランチも出来ちゃいます。

また小さいお子さん連れも楽しめるうえに、ゆらゆら泳ぐ魚たちに癒されるという意見もありました。

悪い口コミ

次に悪い口コミです

・混んでる
・入館料が割高
・施設が思ったより狭い
・最寄り駅から歩くと遠い

仙台は東北最大の都市ですから、やはり混雑しているようですね。可能であれば平日に行ったほうが空いているようです。

また、施設が狭い、入館料が高いという声もありました。仙台うみの杜水族館は、最寄り駅中野栄駅から徒歩15分とありますが、皆さんそれより長く感じるようです。

中野栄駅から水族館まで無料シャトルバスがあるので、歩くのが嫌な方はバスの時間に合わせて駅に着くようにした方がいいですね。

仙台うみの杜水族館の特徴

東北ならではの展示

仙台うみの杜水族館ならではの展示をご案内します。

まずは「マボヤのもり」です。こちらは入館して最初に見られる展示です。

三陸ではマボヤの養殖が盛んです。

こちらの水族館では吊り下がったマボヤの大群が見られるのですが、それが幻想的で素敵です。生きているホヤを間近で見る機会はそうないので、じっくり観察してみましょう。

そして「マボヤのもり」を進むと、メインの大水槽「いのちきらめくうみ」が現れます。

三陸の海を再現しており、2万5000尾のマイワシの大群が見られます。迫力満点で、まるで海の中にいる気分になれます。

珍しいイロワケイルカとちいさなリスのくに

日本国内では5頭しかいない、とても珍しいイロワケイルカ。白黒模様のため、別名パンダイルカと呼ばれているそうです。

仙台うみの杜水族館のイロワケイルカの名前はセーラ。好奇心旺盛なので、興味を持てば近づいくるかもしれないですね。

2019年9月に新エリアがオープンしました。「ちいさなリスのくに」です。

リスたちの世界に迷い込んだかのような気にさせる、ウォークスルー型の展示です。水族館で森の動物リスが見られるのも嬉しいですね。

スポンサードリンク

仙台うみの杜水族館の評判は?【まとめ】

仙台うみの杜水族館の評判と口コミ、特徴をまとめてみました。

口コミでの評価は高評価ですので、行くか迷っている方は一度来館することをお勧めします。

迫力のイルカショーを家族で楽しんで、海の生き物たちに癒されてみてはいかがでしょうか。

また、三陸の海を再現した展示など工夫がされており、海に対する知識と東北に関する知識も勉強できるのではないでしょうか。

珍しいイロワケイルカも待っています。仙台うみの杜水族館で休日を満喫しましょう。