ユニバの午後から使えるチケットとは?料金や買い方を解説!

ユニバ(ユニバーサルスタジオジャパン)で午後から使えるチケットはあります。

移動上、午後からしか入ることができないけれどユニバを楽しみたい人や、他で観光した後に楽しみたいという人など、それぞれ理由があります。

そんな方に午後から使えるチケットの情報や料金などご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

ユニバの午後から使えるチケット、トワイライトパスとは?

ユニバには、15時以降に入園できる半日券「トワイライトパス」があります。

基本的に一年中販売されていますが、販売しない日もあります。

・18時閉園の日
・貸し切りナイト営業実施日
・お盆や大型連休で夜までパーク混雑が予想される日

販売予定は、公式WEBチケットストアからも確認できるので、確認してから計画や購入を考えた方が良いです。

15時頃は、アトラクションの待ち列も長い時間帯となっています。

一方で、レストランやお土産ショップは比較的すいている時間帯になるので、入場したらまず食事や買い物を楽しむのがおすすめです。

パークのクローズ時間が近づくにつれ、アトラクションの待ち時間は短くなる傾向があるので、夜にアトラクションを利用しても良いでしょう。

トワイライトパスは、他のスタジオパスと同様に一度パークから出てしまうと再入場することはできないので、ご注意ください。

トワイライトパス、料金をご紹介

トワイライトパスは値段が二段階に設定されています。

*混雑が予想される時期

・大人6,200円
・子ども3,700円

*比較的すいている時期

・大人5,900円
・子ども3,500円

いずれの季節も、1デイ・スタジオ・パスより2,000円程度お得となっています。

トワイライトパス、どこで買うの?

販売されているところは、

・ユニバの公式ウェブチケットストア
・ユニバのチケットブース(現地)
・ローソン
・パートナーホテル

発売されるタイミングはほぼ同じであるため、ご自身が買いやすいところを選んでください。

*ユニバ公式サイト

季節のイベントに合わせて発売されるトワイライトパスでも、発売されないシーズンがあるため、他の方法で購入される方でもまずはユニバの公式サイトをチェックした方が確実で良いでしょう。

そのまま公式サイトで購入するとラクです。

入場当日17時まで、ユニバ公式サイトでも購入可能となっています。

購入の際のチケット受け取りは、パークでの引き換え、宅配での引き換えなどありますが、ダイレクトインがおすすめです。

ダイレクトインには、チケット引き換えブースに並ぶ必要がなく、QRコードやプリントアウトチケットで入場できるため、時間短縮になります。

入場したらすぐアトラクションに行きたいですよね。
おもいっきり遊ぶためには余計な時間も使いたくありません。

*ユニバのチケットブース(現地)

直接ユニバに行って購入できるチケットです。
当日の予定次第でプランを決めたい方におすすめです。

当日の予定次第でユニバに行けるというのは、遠くに住んでいてなかなか行けない方にとってはうらやましいです。

当日、ユニバに行っても、時期によってはトワイライトパスが販売されていない時もあるので、その場合は午後から入場しても、1デイ・スタジオ・パスを購入しなければ入場できません。
いくら当日でも確認してから行きましょう。

*ローソンチケット

WEB上での予約、ロッピーでの購入が可能です。
ロッピーとは、ローソンの店頭に設置してあるマルチメディア端末です。

チケットは1回の申し込みにつき、最大10枚まで発券可能です。

チケットと引き換えの際には、希望のチケットかどうかよく確認しましょう。

スポンサードリンク

ユニバの午後から入れるチケットとは?【まとめ】

ユニバには午後から使えるチケット、「トワイライトパス」があることがわかりました。
15時以降から入場できるチケットで、料金は時期によって変動します。

ユニバ公式サイトで確認してから購入しましょう。

午後から閉園までなので、明るい時とはまた違った素敵なユニバを満喫することができるでしょうね。