ユニバは、ロングスカートで行っても大丈夫?疑問点を解説

ユニバの全てのアトラクションは、スカートでも体験することが可能です。

いくつかジェットコースターもあるし、本当に大丈夫なの!?と疑いたくもなりますよね。
疑問をスカッと解決していきたいと思います。

スポンサードリンク

ユニバでロングスカートを履いて行っても大丈夫?

ユニバは、ロングスカートでも体験することが可能です。
スカートの方は乗らないでください!なんて言われないので安心してください。

SNSの投稿を見ると、女の子は制服で行ったり、おそろいのスカートコーデをしている方がたくさんいます。

デートだとスカートをはきたい女の子もいるでしょう。
それも一つの楽しみですね。

これもいいの!?ちょっと心配なアトラクション

ユニバ好きな人ならご存じのアトラクション「ザ・フライングダイナソー」。

映画「ジェラシックパーク」の空を飛び回る恐竜プテラノドンに背中をつかまれ、360度振り回される姿をイメージして作られたアトラクションです。

コースの全長1,124m、ファーストドロップの落下速度37.8mある、世界最長×世界最大高低差の最新鋭コースターです。

うつ伏せや仰向けになったりする、かなり激しめなアトラクションです。

スタート直後は、一番高いところまで登っていくときに、下を歩いているゲストからも、乗っているゲストのことがよく見えます。

お互い手を振っている姿をよく見かけます。

下からも見えるのに、こんな姿勢では、スカートのことが気になってしまいますよね。

大丈夫なんです!

アトラクションのイスは、水平ではなくお尻に沿った形で沈みこんでいて、お股のところはイスの突起物がくるので、多少スカートがめくれ上がってもパンツは見えません。

スカートの上にきれいに腰かけて、スカートが広がらないように注意して座りましょう。

イスに腰かけてしまえば、安全バーが膝の上あたりまでガッチリとガードしてくれるので、360度回転しようが斜めになろうが大丈夫です。

「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」は、ダイナソーよりも奥深く座る感じで、同じくお股のところに突起物があるので、このアトラクションも心配ありません。

ユニバでロングスカート履いていくときの注意点

スカートでもアトラクションの体験が可能!といっても、注意点もあります。

アトラクションの乗り降り時に、裾を踏んでしまう可能性が高いという点です。
特に、一段低くなっている場所では、高確率で踏んでしまいます。

その他に、アトラクションを待つ階段や屋外のショーやパレード待ちなど、海に近いユニバでは強風でスカートがめくれてしまったりすることもあります。

大事なのは、何を目当てにユニバへ行くのか、ということだと思います。
ユニバで、スカートで思いっきり遊ぶなら対策も必要です。

ショッピングや食事を味わいたい方、乗り物系のアトラクションは苦手だからシアター系のアトラクションを楽しみたい方ならスカートでも気にせず楽しめるでしょう。

アクティブなアトラクションが好きだけど、どうしてもスカートで行きたいという方は、スカートがめくれてしまって恥ずかしい思いをしないためにも、スカートの下にレギンスやトレンカなど一枚着ておくと安心かと思います。

「思いっきり遊ぶなら、動きやすいパンツで行きなさい。めくれたらみっともない!」と、お母さん目線で思ってしまいますが、スカートが好きな方ははきたいのでしょうね。

スポンサードリンク

ユニバでロングスカートは大丈夫?【まとめ】

ユニバでは、ロングスカートでも体験することが可能ということがわかりました。

心配なアトラクション、「ザ・フライングダイナソー」は、イスが沈み込む形になっていて、安全バーがガッチリとガードしてくれるので心配ありません。

アトラクションの乗り降り時に裾を踏んでしまう可能性があること、強風でめくれてしまいそうになることに注意が必要です。

全てのアトラクションは、スカートでも体験可能となれば、コーデの幅も広がります。
おしゃれして、思いっきり楽しんでください。