ユニバでモバイルバッテリーを使いたい!持ち込み必須?疑問を解決!

スマートフォンやタブレットなどほとんどの方が使っていると思いますが、ユニバに遊びに行くときも検索するのに便利なので手放せませんよね。

ところで長時間スマホを使っていると心配になるのがバッテリーの残量。

こんな時に役に立つのがモバイルバッテリーですが、持ち歩くと少々荷物が増えるという問題が・・・。

そんな皆様への朗報があります。

実はユニバでは、モバイルバッテリーのレンタルができるのです!

今回はユニバでのモバイルバッテリーレンタルサービスについて設置場所や利用方法を詳しくご説明したいと思います。

スポンサードリンク

ユニバ、モバイルバッテリーレンタル開始!

2022年1月から、ユニバではモバイルバッテリーレンタルサービス「Charge SPOT」を導入しました。

ユニバに行った方の体験談で、ユニバに持って行ったけど必要なかったランキングの中に、モバイルバッテリーが入っていました。

モバイルバッテリーは意外と重いので、荷物を少しでも軽くしたいなら現地で借りることが正解です。

現地で調べものをしたり、待ち時間のチェック、待ち時間の暇つぶし、写真を撮ってSNSにアップなど、携帯を使うことが多く、すぐ充電がなくなってしまいます。

モバイルバッテリーをレンタルできると、とても助かりますよね。

モバイルバッテリーの仕様と利用方法

*モバイルバッテリーの仕様

モバイルバッテリーには、USB-C、iso、MicroUSBの3タイプのケーブルを内蔵していて、ほぼすべてのスマートフォンに対応しています。

複数のケーブルでも同時に充電はできないので、同行者とシェアして使用したい場合には注意が必要です。

バッテリー容量は、5,000mAhです。

お使いの機種やその時のバッテリー残量にもよりますが、バッテリーがない状態からの充電で約1.5回分充電することができます。

*モバイルバッテリーレンタルサービスの利用方法

1、バッテリースタンドのQRコードをスキャンする
スマートフォンのカメラアプリ、もしくはChrage SPOTアプリのQRコードリーダー機能を起動します。

モバイルバッテリースタンドに表示されているQRコードをスキャンします。

2、支払い方法の選択をする
支払い方法を選択します。
クレジットカード払い、携帯電話料金まとめて払い、各種キャッシュレス決済などから選択できます。

3、レンタルを開始します
スロットからモバイルバッテリーを取り出します。

モバイルバッテリーに付属しているケーブルから適したものを選んで、スマートフォンを充電します。

4、返却方法
バッテリースタンドの空きスロットに適したモバイルバッテリーを差し込みます。

紛失してしまった場合は、サポートセンターへ連絡が必要です。
3,300円の支払いが科せられます。

レンタルモバイルバッテリー設置場所と料金

*モバイルバッテリー設置場所

ユニバのパーク内に設置されているモバイルバッテリーステーションは計7か所あります。

1、エントランス前右手のロッカー内
設置台数は最大で3台です。

2、エントランス入って右手のロッカー内
最大で105台のモバイルバッテリーをストック可能です。

3、スパイダーマン付近のトイレ入り口
最大で60台のバッテリーが準備してあります。

4、アミティ・ビレッジ内のトイレ入り口
30台のバッテリーがあり、横にはAEDも設置されています。

5、セントラル・パーク」入り口横の男子トイレ
最大40台設置されています。

6、ユニバーサル・ワンダーランドのトイレ入り口
最大60台設置されています。

7、マリオエリアのキノピオ・カフェのトイレ入り口
最大70台設置されています。

*利用料金

・~1時間未満・・・250円
・~2時間未満・・・500円
・~3時間未満・・・750円
・~4時間未満・・・1,000円
・~48時間未満・・・1,250円
・~72時間未満・・・1,500円
・~96時間未満・・・1,750円
・~120時間未満・・・2,000円
・120時間以上・・・3,300円

スポンサードリンク

ユニバでモバイルバッテリーを使いたい!【まとめ】

ユニバにモバイルバッテリーは持ち込む必要がないということがわかりました。

ユニバには、モバイルバッテリーレンタルサービスがあり、パーク内に計7か所設置されています。

チャージスポットを設置している場所であれば、パーク外で返却することも可能です。

ダウンロードや支払い方法など登録が必要なので、すぐ使えるようにアプリをインストールし、使い方を知っておくとスムーズにできます。

携帯を使う場面が多いのでとても助かりますね。
是非、活用してみてください。