腸活にヨーグルトきなこは効果あるの?いつ食べるといいの?

腸活にヨーグルトきなこは効果があるんです!

それも朝と夜の2回摂れるとベストなんです!

ヨーグルトときなこは、それぞれお腹に良い働きをしてくれる食品です。

ヨーグルトには乳酸菌が、きなこには食物繊維などが、お腹のはたらきを助けてくれるんです。美味しく、お手軽に撮れるところもポイントです。

朝と夜はお腹の吸収がされやすく、どちらのタイミングにもメリットがあり、2回飲みをおすすめしています。

今回は、ヨーグルトきなこが朝晩の腸活に効果的な理由について詳しく説明していきます。

腸活にヨーグルトきなこは効果ある?

たっぷりな食物繊維が便秘に効く

きなこに含まれる不溶性食物繊維は、便のかさを増してくれて、腸を刺激し、便意を促してくれます

大さじ1杯のきなこにふくまれる不溶性食物繊維は1.1gで、れんこん60g分に相当します。
れんこん60gを日々の食事の献立に使おうと思うと大変ですよね。ヨーグルトきなこだったら、毎日、気軽にたっぷり不溶性食物繊維を摂ることができます。

食物繊維は日本人に不足しがちな物質なので、便秘でお悩みの多くの方にとって効果的と考えられます。
私自身、便秘がちなのですが、繊維質な夕食を摂った翌日は、たしかにお通じが良い実感があります。

ちなみに、きなこには血糖値が上がるのを抑えてくれる効果があります。

また、ダイエットの味方になってくれるイソフラボンやサポニンという成分も含まれています。きなこって、体に嬉しいポイントがいっぱいなんです。

腸内環境が整えば便通+αが改善する

ヨーグルトの乳酸菌と、きなこの大豆オリゴ糖は、Wのチカラで腸内に「善玉菌」という良い細菌を活発にしてくれます。

そもそも腸活とは、腸を元気にすること、つまり腸内環境が整うことを目指します。腸内には「善玉菌」と「悪玉菌」が住んでいて、この菌のバランスが腸の活力に関わっています。

腸で「善玉菌」が増えると、便を排出しようとする動きが活発になるほか、腸にエネルギーが供給され元気になります。軟便や便秘の改善に繋がるんですね。

さらに腸内環境が整うと、老廃物が体に溜まりにくくなます。
すると、お肌が綺麗になる効果、太りにくくなる効果、ストレスを感じにくくなる効果などが期待されるんです。免疫機能が高まり、感染症の予防にも効果があったり…「善玉菌」ってその名の通り良いことづくめなんです。

「朝」と「夜」に摂ると効果が発揮されやすい

ヨーグルトきなこは、朝と夜のタイミングに摂るのがおすすめです。
どちらの時間帯も成分が吸収されやすいというのが1番の理由です。

朝に摂るのが良いのは、お腹が空っぽの状態で食べ物が入ってくると、体が必死になって消化吸収しようとするからです。
また、ヨーグルトきなこの血糖値を抑える効果が、午前中の眠気覚ましになってくれるのも狙ってです。

夜の摂取が良いわけは、リラックスして、お腹の栄養吸収のはたらきが活発になるからです。
また、胃酸が薄くなっていると、ヨーグルトの乳酸菌が腸に届きやすいというメリットもあります。
きなこの脂肪吸収を抑えてくれる効果が高いと考えられるのも夜のタイミングです。

二度摂るのがよい理由は、ヨーグルトきなこに含まれる有効成分の1日の上限量が比較的高いからです。つまり、二度なら摂っても摂り過ぎにならず撮れば摂るほど体に良い、ということです。

ヨーグルトきなこを1日2回食べるのが多くの人にとってベストと考えられますが、難しい方は、朝か夜のデザートにおすすめです。私の家族は、よく、朝にヨーグルトきなこを美味しく頂いています。

腸活にヨーグルトきなこは効果あるの?【まとめ】

今回はヨーグルトきなこが腸活に効果があることを説明してきました。

ヨーグルトきなこは、主に、乳酸菌+食物繊維+オリゴ糖のパワーで、腸内環境を整えて腸の動きを良くしてくれます。

さらに、朝と夜の二度、ヨーグルトきなこを食べると腸活により効果があるだけでなく、+αの健康効果も期待されます。

腸が元気になると誰にとってもメリットしかないのは確実ですし、ヨーグルトきなこを食べる習慣をつけるだけでも効果的です。美味しいので続きやすいのもポイントです。

健康増進のためのワンステップとして、ヨーグルトきなこ腸活チャレンジはいかがでしょうか。