バレンタインに部活男子(先輩や仲間)へ義理チョコをあげるべき?

バレンタインチョコを、先輩、または仲間など、部活男子にあげる場合には、義理チョコを全員に配った方がいいのでしょうか。

同じ部活の仲間や、スポーツの部活だと女子がマネージャーをやっている事も多いですよね。
こんな風にバレンタインに部活の男子全員に義理チョコをあげるか迷ってしまいませんか?


バレンタイン間際になると、男子もざわざわし、中にはおねだりしてくる人もいます。

全員に渡すとなると、買っても手作りをしても、かなり大変です。

そんなわけで今回は部活男子へのバレンタインチョコについてまとめました。

部活男子にバレンタインへの義理チョコは必須?

部活男子に義理チョコをあげた方が良いのでしょうか?

部活男子には、義理チョコを上げる必要はあるのか考えてしまうと思いますが、周りの女性があげていれば、あげた方が男子は喜んでくれます。

この人はチョコレートをくれない…
そんな印象を残さないためにも、チョコレートをあげるといいですね。

そこまで仲良くない人であれば、絶対にあげなければいけないというわけではありませんが、部活仲間は、この先一生の友達になることも多いと言われています。

日ごろの感謝と、これからもよろしくと言う気持ちを込めて渡すのはおすすめですよ。

喜んでもらえると、こっちまで嬉しくなりますよね。

同じ部活の女子を巻き込めば負担は軽減

同じ部活に女子がいたり、他のマネージャーの女子を巻き込んで複数人で全員分の男子のバレンタインチョコを用意すれば負担は軽減しますよね。
協力してくれそうな女子がいる場合は是非協力を要請してみましょう。

部活男子へのバレンタインチョコは手作り?

購入するとお金がかかる…
しかも人数分のチョコを買わなきゃ…
と、若干負担に思う気持ちもあると、手作りを考えがちではありますが、手作りでも、人数分を作ることを考えると、すごく手間がかかって大変です。

手作りチョコは男性に喜ばれると言ったイメージもありますが、中には手作りチョコを嫌がる人もいるので、数人にチョコレートを渡すなら、買ってきたチョコレートを渡すのがおススメです。

買ってきたチョコレートをバラして、人数分ラッピングをすることで、負担が減ります。

カップケーキやクッキーなどを、バレンタインにプレゼントするのも男性には喜ばれます。

チョコに限らなくていいというわけですね。

チョコを渡すときは、全員に渡すのがポイント。
学年ごとに女子たちで役割分担をすると、負担が軽くなりますよ。

男子の人数が少人数であれば、みんなに渡してもいいでしょう。

仲がいい人だけに渡すというのは、出来れば避けるようにしましょう。

もし、部活仲間の中に本命の人がいた場合は、本命彼だけ特別にし、他の男性がいないところで渡すのもおススメです。

義理チョコで勘違いされないために行う事

本命チョコであればいいのですが、義理チョコだった場合、勘違いされて部活で気まずくならないようにするために、対策をしなければいけません。

皆がいるところで、みんな同じものを配るのが、一番おススメな方法です。

また、一人だけになった時に渡す場合には、「みんなに同じもの配ってるの~」ってさりげなく言ってしまってもいいですね。

仲がいい人の場合は、「今日バレンタインだから、義理チョコあげる」と言って渡すのもポイントです。

部活男子へのバレンタインチョコ【まとめ】

私は、女子校だったため、学生時代の頃に男性にチョコレートを上げたことはありません。

ですが、共学に通っていた友達は、毎年バレンタインになると部活男子にバレンタインチョコを上げなきゃと張り切っていました。

大変だとは言っていましたが、嫌だと思ったことはないとも言っていましたね。

少し大変だったと言っていましたが、10年以上経つ今でも、すごく仲のいい友達付き合いをされているそうです。

小さなことですが、人付き合いを大切にするってすごく大事な事なんだなと感じました。

友達は人生の財産です。
バレンタインチョコをみんなに配るのは、若干大変かもしれませんが、大事にすると良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください