バレンタインにガトーショコラを贈る意味!チョコとは違う?

日本では女性が男性にチョコレートを渡す日として知られる、バレンタインデー。とは言えチョコばかりを贈るのもワンパターンでつまらないので、何か別のものを用意したい…と考えておられる女性も多いのではないでしょうか。

そんなバレンタイン、近年では「ガトーショコラ」が特に脚光を浴びているようです。そこで今回は「バレンタインに、ガトーショコラを贈る意味」をテーマに2018年最新情報としてお届け。

  • ガトーショコラは何か特別な意味を持つお菓子なの?
  • 他のお菓子ならどんな意味合いがあるの?

上記のような疑問に答えてまいりますので、ぜひともお付き合いくださいね。


*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

バレンタインに贈るお菓子…それぞれが持つと言われる意味をご紹介!

まずはガトーショコラ以外のお菓子について、バレンタインに贈られた場合に持つと言われる「意味」をそれぞれご紹介していきましょう。基本的にどの情報サイトを調べても同じことが書いてありますので、簡単にまとめておきますね。

キャンディ
 意味:あなたが好き

マカロン
意味:あなたは特別な存在

キャラメル
 意味:一緒にいると安心する

クッキー
 意味:あなたは友達

マシュマロ
 意味:あなたが嫌い

その他…ティラミスに「私を元気づけて」という意味があったり、マシュマロでもチョコが中に入っていれば「愛で包み込む」意味に変わったりと、いくつか特殊なものもありました。

個人的には、ギフトとして手軽に感じる「あなたが好き」のキャンディより、「あなたは友達」のクッキーの方が受け取った側に喜ばれるのでは…と思わなくもないです。

そして上記の5種類の意味合いについても、「キャンディやキャラメルは長く口の中に残るから」「クッキーはサクッとした関係だから」と意味合いについてもっともらしい解説がなされている場合が多いのですが…それが意味を持つことになった「由来」なのか、誰かが流行らせようとして作った「こじつけ」なのかは残念ながら調査しても分かりませんでした。

ただし、完全に定着しきれているかはともかく…これらのお菓子の意味合いはそれなりに有名なようですので、知っていれば女子力アップにつながるかもしれません!

バレンタインギフトを選ぶ場合も参考になりそうですね。

バレンタインのお菓子が持つ意味…ガトーショコラの場合は?

それではいよいよ、肝心のガトーショコラが持つと言われる意味合いを確認していきます。ズバリ言えば、バレンタインにチョコレートやケーキを渡すことについての深い意味は「特にありません」!

つまり…「チョコレートケーキ」の仲間である「ガトーショコラ」も特別な意味合いを持たないということになります。なんだか拍子抜けな結果ですね…。

しかし本当に一切何も含みがないのか、というところでは実際どうなのでしょう。

バレンタインに何かを贈る側やもらう側の立場になって考えてみると「普通のチョコレート」以外のものを渡すという場合には「特別な意味合い」の有無を意識してしまうのが人の性です。

例えば選ぶ側の女性ならば「好みに合うものを選んであげたい」「特別感を出したい」「義理なのに勘違いされたくない」などの理由でチョコレート以外を贈るということもあるでしょう。

そして受け取る側の男性の中には「ただの義理なのか」「自分だけ特別なのか」「どういう意味があるのだろう」と気になってしまう方もいらっしゃると思います。

こうして見ると、基本的にはバレンタインに贈るケーキやチョコレートは特別な意味を持たないとはいえ…「とらえる人間によっては含みがあるように感じる」とも言えそうです。

仮に「ケーキに特に意味が無い」ことを知っている男性に贈る場合でも、ケーキの大きさや価値、普通のチョコではないという特別感から、相手次第では「好意がある」ように受け取られる要因になるのではないでしょうか。

ちなみに私は男ですが、バレンタインにもらう物もホワイトデーに返す物も全く意味合いなど気にしたことがなく、お菓子の持つ意味も今回調べて初めて知りました。

知らないと余計に誤解がありそうです…。

というわけで。まとめますと…ガトーショコラは基本的には特別な意味はありません。ただしあなたが渡す際にもし、お相手の男性に「意味合い」について意識させてしまうことが気がかりであるという場合は…。

メッセージカードを添えたり、渡すときに一言かけたりすることであなたの意向をそれとなく伝えておけば、誤解や勘違いの心配がなくて良いかもしれませんね。

そもそもバレンタインにおける、「女性から」「チョコレートを渡す」という文化自体が日本独自のもの。上記の文化が定番化したのは「とあるお菓子メーカーが販促のために流行らせたことがきっかけである」という話は皆さん耳にされたことがあると思います(諸説あり)。

すでに日本に広く根付いたロマンチックな風習と言えますが、チョコの文化やお菓子の持つ意味合いはあくまでバレンタインを彩る飾りに過ぎません。

日頃の感謝なのか、想いを寄せていて好意を伝えたいのか、恋人への愛情表現なのかは女性によってそれぞれ違うと思われます。そこで大事なのは、渡す種類やお菓子の持つ意味よりも、お相手への「あなたの気持ち」ではないでしょうか。

流行りや俗説に必要以上に翻弄されないことも、ある意味重要かもしれませんよ。

バレンタインにガトーショコラが人気の理由と、おすすめ種類のご紹介

これまでの項目から…意味合いを深くは気にせず、バレンタインにガトーショコラを贈ってあげて問題ないと言えると思います。
そして贈る上では、やはり義理であれ本命であれ…あなたの気持ちをお相手に届けること、お相手にそれを誤解されてとらえられないことが大事ですよ。

実際、冒頭でも触れたように近年ガトーショコラはバレンタインに人気のギフトとして広く知られています。

人気の理由には以下のようなものが考えられます。

  • ショコラティエを扱ったドラマの影響でその認知度が上がった
  • ケーキの中では手作りしやすい部類に入る

濃厚なチョコレート感のあるケーキだからこそ、恋人たちの日である日本のバレンタインとの相性が良かった…というのも理由としてあるのかもしれませんね。

さて、こちらではそんなバレンタインギフトに人気のガトーショコラを贈ろうと考えておられるあなたのために、いくつかおすすめのものをご紹介しております。参考にどうぞ。

1.小岩井農場 ガトーショコラ
しっとりと濃厚なチョコレートケーキ。材料のたまごやクリーム、製法は小岩井ならではのもの。

2.完熟フレンチショコラ・ハート
想いの伝わるハート型ガトーショコラ、ミディアムレアの口どけが決め手。

3.ガトーショコラ クーベルチュールチョコレート使用
コスパ抜群のガトーショコラ。ポイントは、ずしりとくる濃厚なチョコの手ごたえ。

以上となります!

そして…上の「人気の理由」でも触れましたが、ガトーショコラは簡単に作れるケーキとしても知られており、手作りされる方も多いようです。

もしバレンタインにガトーショコラを焼いて贈りたいと考えておられる場合、男性の中には「手作りは重い・そもそも人の手作りが苦手」という方もいらっしゃるのでご考慮を。
もちろん、私を含め手作りのお菓子を喜ぶ派もたくさんいるのでここはお相手次第です。

お付き合いしている相手なら、好みや手作りに対する耐性もあらかじめ分かるので安心して贈ってあげられますね。甘さを控えめにしたり、中身やトッピングを工夫したりとアレンジを利かせられるのも手作りならではのメリットです!

まとめ

いかがでしたか。

今回は、「バレンタインに、ガトーショコラを贈る意味」をテーマに、お菓子の持つ意味合いやガトーショコラを贈ることについての様々な情報をお伝えしてまいりました。

これらを参考に、ガトーショコラを贈ってお相手の方を喜ばせてあげてくださいね。

ちなみに、私の知り合いには「決まってバレンタインにスイートポテトを手作りして周りに配る」というスタイルの女性がいらっしゃいます。流行りや型にとらわれず、あなたらしいバレンタインの演出をするというのも良いかもしれませんよ。

それでは…あなたにとって幸せなバレンタインとなりますように、今回の記事がお役に立てば幸いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください