チョコレートが湯煎で溶けない原因と対策は?正しい温度を知ることから始めよう!

年に一度のバレンタインに手作りチョコレートで想いを伝えよう

バレンタインデー。

それは年に一度、女性から好きな男性に想いを伝えやすくなる時期です。

せっかくなら、買ったチョコレートではなくて手作りのチョコレートで想いを伝えたいですよね。

お菓子作りをあんまりしたことがない方にとって、チョコレート作りの最初である、チョコレートを溶かす工程は意外と難しいですよね。

なかなか上手く溶けなくて、滑らかにならず、あきらめてしまう方も多いのではないでしょうか。

ここでは、チョコレートが湯煎で溶けない原因や、上手に溶ける温度や方法、湯煎が面倒な方向けの絶対失敗しない電子レンジでのチョコレートの溶かし方を教えます。

ぜひ、最後までお付き合いいただき、大好きな方へとっておきの手作りチョコレートを作ってあげてください。

スポンサードリンク

チョコレートが湯煎で溶けないときの原因は?

手作りチョコレートを作るうえで、チョコレートを溶かす工程は避けて通れません。

ただ溶かすだけなら失敗するわけがないと、甘く見ていると痛い目にあいます。

実は、湯煎でチョコレートを溶かすときに失敗する事ってよくあるのです。

失敗すると、チョコレートは溶けないで固まっていき、最終的に完全に油とチョコレートが分離した状態になってしまいます。

そのままチョコレート作りを進めていくと、出来上がりのお菓子の味も落ちてしまいます。

そこで、チョコレートが湯煎で溶けないときの原因についてまとめました。

チョコレートを湯煎に書ける温度が高い

チョコレートには溶ける温度というのがあります。

溶かすからといい温度を高くしすぎてしまうと、油とチョコレートが分離し固まっていってしまいます。

チョコレートに湯煎のお湯がはいってしまう

チョコレートは水分に反応して固まるという性質を持ちます。

湯煎中にお湯がはねてしまうとそこから固まっていってしまいます。

万が一、お湯がはねてしまった場合は、はねた付近のチョコレートを全体に混ぜる前に取り除くようにしましょう。

作業が雑すぎる

溶かすチョコレートを細かく刻まずに適当に割っていたり、焦ってチョコレートが溶け始めたと同時にかき混ぜたりすると、チョコレート全体の温度が上がらず固まってしまいます。

チョコレートの湯煎での正しい溶かし方

チョコレートが溶けないときの原因をもとに、正しいチョコレートの溶かし方の手順をご紹介します。

チョコレートを細かく刻む

手で割るとどうしても大きさに偏りが出て、熱がチョコレート全体に均等にいきわたらないため、包丁を使用して細かく刻むようにしましょう。

この時、包丁やまな板に水滴がついていないよう、しっかり水滴を拭き取りましょう。

チョコレートが溶ける温度である50~55℃で湯煎を行う

溶ける温度以上の温度にしても、チョコレートは早く溶けないです。

温度計を用意して、常にお湯の温度が50~55℃になるようにしておきましょう。

お湯を沸かす鍋はお湯がチョコレートの入ったボールの底にあたるくらいの大きさにしましょう。

チョコレートが半分くらいまで溶けたらゆっくりとゴムベラでかき混ぜていく

チョコレートが溶け始めてからすぐにかき混ぜるのではなく、全体の半分くらいが溶け始めたらゴムベラでゆっくりとかき混ぜるようにしましょう。

この時、湯煎のお湯がチョコレートにはねないよう丁寧にかき混ぜることが必要です。

完成

チョコレート全体が滑らかになったら完成です。

混ぜすぎてもチョコレートが固まってしまう可能性があるので気を付けましょう。

正しい手順や注意点を知り、気を付けることでチョコレートをしっかり溶かすことが出来ます。焦らず、丁寧に行いましょう。

電子レンジでチョコレートを溶かしてみよう

湯煎でチョコレートを溶かすのが面倒だと思う方は、電子レンジを使った方法で溶かしましょう。

この時、チョコレートを細かく刻み、少量に分けて電子レンジに入れていくことが大切です。

刻まずに一気に溶かそうとすると、熱が全体に均等に届かず、焦げてしまうことがあります。

電子レンジに長い時間入れるのも注意が必要です。少し早めに取り出し、様子を確認するようにしましょう。

100gのチョコレートを溶かすのに、500wで2~3分ほど加熱するのが目安です。

できれば、加熱している途中で何度か電子レンジから取り出して、混ぜるようにしましょう。

そうすることで焦げにくくなります。

スポンサードリンク

チョコレートが湯煎で溶けない原因と対策は?【まとめ】

ここまでチョコレートの溶かし方について紹介してきました。

正しい溶かし方は理解いただけたでしょうか。

1.チョコレートに水が入らないように注意する
2.チョコレートが溶ける温度は50~55℃
3.電子レンジを使うときは、細かく刻み少量に分ける

想いのこもった手作りチョコレートは、誰でももらったら嬉しいですよね。

正しいチョコレートの溶かし方を覚えて、美味しい手作りチョコレートを大好きな人へ作りましょう。