クッキーがボロボロのリメイク術4選!あきらめない!

比較的簡単で誰でも挑戦しやすいクッキー、でも簡単がゆえに失敗したことってありませんか?

「こんなボロボロじゃ人に渡せない!」「恥ずかしいから捨てちゃおうかな」

ダメです(笑)!!

「失敗は成功のもと!」色々なアイディアで素敵なスイーツにリメイクしちゃいましょう!

スポンサードリンク

クッキーづくりでよくある失敗と原因

焼く前の生地がポロポロしてまとまらない!

まず、分量は正確に計りましたか?

材料はレシピ通りにそろえましたか?この段階での失敗はだいたいが軽量、材料のミスが原因のことが多い気がします。

そうなってしまった時は手で少しこねて手の熱で生地をなじませてみます、それでもダメなら牛乳を少量いれて混ぜてください。

生地が柔らかくて型が上手く抜けない

人の手の熱ってとても暖かいんです。

生地を伸ばしたりする作業に時間がかかると手の熱で生地のバターが溶け、柔らかくなってしまうんです。

生地がテカテカになってきたなと思ったらすぐに冷蔵庫にいれて冷やしましょう。

打ち粉などを使うのも効果的です。

ただ、打ち粉をしすぎると粉っぽくなってしまうので要注意です。

焼き上がったクッキーがボロボロ・・・

作り方に問題があるかもしれません。

バター、卵はしっかり常温に戻しましたか?バターと砂糖は必ず白っぽくなるまでしっかりとすり混ぜて下さい。

その後の卵も重要です。冷たいままだとバターと分離してしまうので、必ず常温、もしくは湯銭で冷たくない状態にしてください。

粉の混ぜなさすぎにも注意です、しっかりこねると小麦粉のグルテンが出てしまい固いクッキーになるのでが、逆に混ぜなさすぎも生地がまとまりにくく、割れやすいクッキーになってしまいます。粉けがなくなるまでさっくりと混ぜるのがポイントです。

クッキーがボロボロになった時のリメイクアイディア4選!

焼いてしまったあとの失敗したクッキーはもう元に戻せない・・・確かにきれいなクッキーには戻りませんが色々なアイディアでもっとすごいスイーツにリメイクさせましょう!

クランチチョコ

一番簡単なリメイクはこれじゃないでしょうか?

失敗したボロボロのクッキーを砕いて溶かしたチョコに絡める!冷やす!これだけ!!

これならどんなタイプのクッキーでもおいしくできますし、簡単に出来てラッピングもしやすいのでプレゼントに最適ですね。

チョコレートサラミ

クランチチョコよりもワンランク上にしたいならこれ♪ボロボロクッキー、マシュマロ、お好みでドライフルーツ、ナッツをチョコと混ぜてラップでまとめるだけ。

一見手が込んでいるように見えますし、まさかクッキーを失敗したものなんて思いません(笑) 

ティラミス

ここからはレベルアップ。

もっと難しいのでも大丈夫!という方はティラミスの間のスポンジの代用品としてもつかえますよ。

コーヒーシロップに浸して使うと、とてもしっとりとしておいしいティラミスができます。

チーズケーキ、タルト、ムース

クッキーを砕いて土台に使うのはよくレシピにも書いてますよね。

ムースには間にバラバラっと入れると、ムース以外の触感も楽しめてとてもおいしいです。

冷凍保存もできる

失敗したクッキーの量が多すぎたり、すぐにリメイク出来ない場合は冷凍するのがおすすめです。

ジップロックに入れれば一か月近くは大丈夫かと思います。

使いたいときに使うことができます。

(あまり長期保存すると冷凍庫の臭いうつりもあるのでなるべくお早目にお使いください。)

スポンサードリンク

クッキーがボロボロのリメイク術!【まとめ】

ここに載せたリメイク術はほんの一部にすぎません。アイディア次第で沢山のスイーツにリメイクすることができます。

レシピ本通りにいかなくて「失敗した~」となっても、そこからがあなたの腕の見せ所!

みんなが作れる見慣れたクッキーから、あなたのアイディアでオリジナルスイーツにリメイクしましょう!