ガトーショコラの寝かせ方!プロが教える一番美味しい方法とは?

ガトーショコラの一番おいしい時って皆さんご存じですか?

お菓子作りが好きな人も苦手な人も、比較的作り方が簡単なガトーショコラは一度は挑戦してみるお菓子ではないでしょうか?

作ってプレゼントにするでも、家族や友人にふるまうでも、やっぱり一番おいしい時に食べてもらいたいですよね。

でも、どのレシピのでも焼き上がるまでは書いてあるのにそれからのことが書いていない・・・

「え?これで完成でいいの?」「出来たてが一番おいしいの?」「すぐにプレセントして大丈夫?」

いえいえ、実はレシピに書いていない「寝かせる」という作業が重要なんです!

これをすればガトーショコラがより一層おいしくなりますよ。

今回はレシピに書いていないそんなガトーショコラの寝かせ方のPointを詳しく解説していきましょう。

スポンサードリンク

ガトーショコラの生地が焼き上がったら粗熱をとる

お手持ちのレシピでガトーショコラがやきあがったら、すぐに型から出さずに粗熱がとれるまでおいておきます。

この時の粗熱とは素手で触っても熱くない程度の温度と思ってください。

(ガトーショコラが熱い時はまだ生地も柔らかいので型から無理に外そうとするとせっかくのケーキが壊れてしまうんです。)

なので型から外すときは必ず手で触っても熱くない温度になってから外してください。

ガトーショコラの寝かせ方は常温で?ラップは使うの?

粗熱がとれ型から出し終わったら。さらに熱がとれるまで常温で置いておきます。

できたらしっかり冷ましてほしいですが、夜など時間のない場合は手で触ってほんのり暖かいかな?くらいでも大丈夫です。

その時はクッキングペーパーを外さずつけたままにしておいてください。(生地からの熱で出てくる水滴を吸収してくれるので。)

生地が冷めた後、ラップでケーキをグルっと包みます。お皿ごとではなくケーキだけを包んでください

この時、絶対に空気が触れる面が出ないように注意してくださいね、空気に触れる面があると乾燥してパサつく原因になります。

先ほど言った少し暖かいケーキもクッキングペーパーを付けたままならラップでグルっと包んで大丈夫です。

ガトーショコラの保存は常温?それとも冷蔵?

寝かせる時は冷蔵でお願いします!

ガトーショコラは作ってから一日冷蔵庫で寝かせることで、生地が落ち着き、しっとりとしてグッとおいしさがアップするんです!

理想としては、前日に作って一晩冷蔵庫で寝かせて次の日に常温に戻して食べる!がベストですが、作るタイミングなどで「一晩も寝かせれない、時間で言ったらどれくらい?」という方もいると思います。

ですが、ここはしっかり冷蔵庫で寝かせてほしいので、時間は6~8時間くらいは必要だと思います。

冷蔵庫で寝かせたら何日でもおいしく食べれるの?

残念ながら、一番おいしい時は一晩寝かせた次の日だけ、後はだんだんと味がおちていってしまいます。

出来たら作った日から3~4日目までには食べきってもらいたいですね。

どうしても食べるのに日にちがかかってしまう時は、一人分ずつにカットして、しっかりとラップをしてから冷凍保存しましょう。

それでもおいしいうちに食べるならだいたい一週間で食べきってもらいたいです。

スポンサードリンク

ガトーショコラの寝かせ方【まとめ】

作る際はぜひ寝かせる時間も制作時間のうちと考えて作り始めてほしいです。
きっといつもよりもおいしいガトーショコラができるはずですよ。

作り方はシンプルですがなかなか奥が深いガトーショコラ、メレンゲを緩く立てればしっとりとした生地に、固く立てれば軽い生地に。

生クリームやフルーツを飾ればシンプルなケーキが豪華なデコレーションケーキに。

お好みやシーンに合わせて色々なガトーショコラを楽しんでください。