ガトーショコラの焼きすぎを防ぐ!失敗しないポイントも紹介

食感がボソボソになってしまったり、縮んでしまったり、ガトーショコラが上手く焼けないことってありますよね。

そこで、「失敗する原因」と「綺麗に仕上げる焼き方」をご紹介します!

食感がボソボソになってしまう原因はズバリ「焼きすぎ」です!

ガトーショコラが縮む原因は「オーブンの温度が低い」が「メレンゲの状態が悪い」ことがほとんどです。

焼き始める時のオーブンの温度が低すぎるとガトーショコラは上手く膨らまずに縮みます。膨らまないからと焼き続けてしまうと焼きすぎになってしまいます。

ベストの焼き加減を押さえて、美味しいガトーショコラを作りましょう!

スポンサードリンク

ガトーショコラを焼きすぎるとどうなる?

ガトーショコラの食感がボソボソになってしまう原因は、「焼きすぎ」です。

多くのお菓子の焼き加減は「竹串を刺してに生地がついてこなくなったら焼き上がり」という判断方法が取られています。

しかし、ガトーショコラはチョコレートがたくさん入っているので、ちゃんと焼き上がっていてもチョコレートが竹串についてくることが多いです。

ガトーショコラの焼き加減は「竹串に少し生地がついてきてもOK」です!あまりにべっとりついてくる場合は追加で5分ずつ焼きましょう。

また、小麦粉を使ったレシピの場合、生地を混ぜすぎると仕上がりが硬くなってしまうので注意が必要です。混ぜる時はゴムベラでさっくり切り混ぜしましょう!

ガトーショコラが縮んでしまう原因と対策

ガトーショコラは「オーブンの温度が低い」「メレンゲの状態が悪い」などの理由で縮みます。

多少の縮みやへこみ、表面の割れは失敗ではありませんが、あまりに縮みが大きいと食感も見た目も悪くなってしまいます。

オーブンの温度

オーブンの温度が低いと、膨らみが悪くなります。

オーブンの温度は160度から180度くらいが適切です。余熱が早すぎると温度が下がってしまう原因になるので作業工程を確認して丁度良いタイミングで余熱が完了するように調整しましょう!

ガトーショコラは焼き色が分かりにくいので、焦げてしまうのが心配な方は、焼き加減を確認して途中でアルミホイルをかけると焦げを防いで焼き上げることができます。

メレンゲの状態

メレンゲがしっかりと出来ていなかったり、逆に泡立てすぎてしまっていたり、混ぜる際に気泡が潰れてしまっていたりすると、ガトーショコラは上手く膨らまず、大きく陥没してしまったり、縮みが出ます。

メレンゲはしっかりきめ細かく立てて、ボウルを裏返しても垂れてこないくらいがベスト!

これだけ押さえればOK!美味しいガトーショコラを作るポイント!

ガトーショコラの焼き方で重要なポイントは以下の5つ!

*メレンゲをしっかり立てる!
*使用する器具は清潔に!
*生地はさっくり混ぜる!
*ベストの温度で焼き始める!
*焼き加減を見極めて焼きすぎない!

この5点に気を付けておけば、失敗することはぐっと少なくなるはずです!

メレンゲに水分は天敵!綺麗に洗って使ったつもりが、器具に水滴がついたままでメレンゲが立たないという失敗はよくあるので、器具はしっかり乾かしましょう!

スポンサードリンク

ガトーショコラを焼きすぎるとどうなる?【まとめ】

ガトーショコラの焼き方についてまとめました。

ガトーショコラの焼き方の中でも特に大切なのがメレンゲ!メレンゲがゆるいと縮みの原因になりますので、しっかり立てましょう!

器具になにかついていたり、水滴が残っているとメレンゲが上手く出来ません。ボウルや泡立て器、ゴムベラなどの器具は綺麗に洗ってしっかり乾燥させてから使用しましょう!
オーブンの温度もガトーショコラの縮みに影響します。

焼き始めの温度が低いと上手く膨らみません。余熱が早く終わってしまうと、焼き始めるまでに温度が下がってしまうので、作業工程をよく確認して調理を始めましょう!

また、焼きすぎは生地の食感がボソボソになってしまう原因になります。

ガトーショコラはチョコレートがたくさん入っているので、竹串に少しくらい生地がついてきても大丈夫!焼き方のポイントを押さえて、美味しいガトーショコラを焼きましょう!