タルトの手作りの日持ちはいつまで?保存方法についても解説!

「手作りのタルトの日持ちはいつまで?」
「正しい保存方法は?」
「日持ちさせるにはどうしたらいいの?」

そんな疑問にお答えします!

タルトの日持ちは3日程度です。

ただし、上にフルーツや生クリームをのせた場合は3日より早く傷んでしまう場合があるので、フルーツや生クリームが傷む前に食べましょう。

フルーツや生クリームをのせた場合は必ず冷蔵庫で保存しましょう。

アーモンドクリームなどを土台に入れて焼いただけのものは、常温でも2日程度保管できます。

タルトを長く日持ちさせたい場合は、傷みやすいものをのせる前の状態で冷凍保存するのがオススメ!焼く前の生地の状態で冷凍しておけば、1週間程度は日持ちします。

スポンサードリンク

手作りタルトの日持ちはいつまで?

これはタルトにのせたものによって異なります。

生クリームをのせた場合は当日から翌日まで、フルーツをのせた場合は当日から3日程度です。フルーツの中でもイチゴは特に傷みやすいので注意してください。

カスタードを詰めた場合の日持ちはカスタードを作ってから2日程度です。

アーモンドクリーム(クレームダマンド)を入れて焼いたタルトは、上に何も載せなければ冷蔵庫で4日程度保存できます。

タルトの土台だけならば1週間程度保存できます。

タルトの正しい保存方法は?

タルトは基本的に冷蔵庫で保管しましょう!

特に上にフルーツや生クリーム、カスタードなどを載せたものは必ず冷蔵庫で保管してください。常温保存は食中毒の原因になります。

アーモンドクリームを詰めて焼いたものや、焼成後の土台だけならば2日程度は常温保存可能です。焼く前の生地は冷蔵庫で3日程度保管できます。

ラップで隙間なく包んで冷蔵しましょう。

タルトは冷凍保存も出来る!?

実はタルトは冷凍保存も出来るんです!フルーツや生クリームを載せてしまった場合は出来ませんが、その前ならば冷凍して1ヶ月程度は保存可能です。

焼く前のタルト生地を冷凍する場合

タルト生地を作り、隙間なくピッタリとラップで包んで冷凍します。ラップの破れ防止と臭い移りを防ぐために密閉袋に入れて冷凍しましょう。

焼く前に冷蔵庫の中で解凍します。常温で解凍するのは生地が傷む原因になるので避けてください。

焼いた後のタルト生地を冷凍する場合

タルトの土台やアーモンドクリームを入れて焼いた後で冷凍する場合も同じようにラップでピッタリ包んで密閉袋に入れます。

ただし、土台だけを冷凍する際は、冷凍庫内で割れてしまわないように注意が必要です。

密閉袋の中に空気を入れて膨らませたり、冷凍庫内のトレイに置いたりして割れないように保存しましょう。

可能ならば型に入れたまま冷凍庫に入れると土台が破損しにくくなります。

もしタルトの土台が割れてしまったら、チーズケーキのボトムにリメイクするのがオススメ!割れてしまったタルトを砕いてビスケットの代わりに使うと、食感も香りも良い美味しいボトムになりますよ!

スポンサードリンク

タルトの手づく品の日持ちは?【まとめ】

手作りタルトの日持ちと保存方法についてまとめました。

手作りタルトの日持ちはタルトに載せたものによって異なります。生クリームを載せたタルトの日持ちは当日から2日以内です。

カスタードを載せた物は2日程度、フルーツを載せた物はフルーツが傷まない範囲で3日程度保存できます。

アーモンドクリームを焼き込んだものは4日程度日持ちします。焼いた土台だけならば適切に保管すれば1週間は大丈夫です。

基本的に冷蔵保管ですが、生ものを載せていないものは2日程度は常温でもOK。

タルトは冷凍でも保管できます!冷凍してストックしておけばいつでも手作りタルトが食べられます。

焼く前の生地、焼いた後の土台、アーモンドクリームを入れて焼成したものは冷凍保管出来ますが、焼いて何も入れていない土台は割れやすいので注意が必要です。

割れてしまったら砕いて別のお菓子にリメイクしましょう!